人気ブログランキング |

”切頂八面体”の積木の作成。 その1


昨日に作成した”切頂八面体”の展開図を、本日立体へと組み立てました。
b0035506_1915890.jpg

「切頂八面体」です。
数は16個です。
本日中に30個全て作成しようと気合を入れたのですが、16個作成した時点で時間がなくなってしまいました・・・。

残りの14個は明日だなぁ・・・と思い、一息入れてブログを見てみると、なんと「あそびをせんとや」さんのhhaseさんから衝撃のコメントを頂いているではありませんか!
私が作成しようと思っていたパズルは「切頂八面体」では作成不能で、理由は「切稜立方体」と「切頂八面体」は違う立体だということで・・・ということは、目の前に作成した16個の「切頂八面体」と14枚の展開図では目的のパズルは作成できないということで・・・。

”なんてことだ・・・”と思いつつ、もう一度立体の形を確かめようと「あそびをせんとや」さんを見てみると、「切稜立方体」と「切頂八面体」の違いについての記事(3月29日(木) 切稜立方体と切隅八面体)を書いてくださっておりました。
その記事をジックリと読んで、やっと「切稜立方体」と「切頂八面体」の違いが分かりました。
「切稜立方体」は、”菱形十二面体の次数4の頂点を切り落としたもの”・・・つまり、私が以前に作成した、布施知子さんの本「ひし形立体とおもしろBox」のP14~P15で紹介されている「穴あき立体」の形ということですね。
b0035506_19132516.jpg

「穴あき立体」です。
この立体を作成したときは全然気が付かなかったのですが、確かに”四角形”の穴の周りに、細長い六角形(正六角形ではない)が出来ています。
”切稜立方体”は、この形だったのですね・・・納得しました。
目的のパズルは、この「穴あき立体」を30個作成して作ることにします。^^
hhaseさん、コメントでのお教え、そしてWebページでの分かり易い説明、ありがとうございます~。
もう少しで、全く気づかずに”切頂八面体”を30個作成して、パズルのピースを作成するときに”あれ?同じ形にならない?”と悩むところでした。^^;

さて、既に16個作成してしまった”切頂八面体”と残りの展開図をどうしようか・・・と悩んだ結果、後12個”切頂八面体”を作成してジーナ社の”ハニカム”のようなピース構成の積木を作成することにしました。
問題なのは、”切頂八面体”を繋げるときに”正方形”の面で繋げるか、それとも”正六角形”の面で繋げるかですね・・・う~む、どちらも作成できるように”切頂八面体”を54個作成しようかなぁ・・・う~む・・・。
by naru8090 | 2007-03-29 19:32 | 折り紙


<< ”切頂八面体”の積木の作成。 その2 ”切頂八面体”のパズルの作成。... >>