24枚組の”スクィーズ・ボール”の作成。


布施知子さんの本「不思議な立体の世界」の、P50 ~ P52で紹介されている24枚組(ユニットは12個)の「スクィーズ・ボール」を作成しました。
b0035506_19191350.jpg

「スクィーズ・ボール」のユニット12個です。
ユニットは12個ですが、折り紙は24枚使用しています。
b0035506_1920473.jpg

24枚組の「スクィーズ・ボール」です、十二面体の形になっています。
糊付け等は一切しておりません。

この立体、十二面体のスケルトンに似た形ですが、ユニットの”レモン絞り”のような形が面白いですね~。
このユニットの”レモン絞り”の形の部分は五角形になっていますが、折り紙の組み合わせによって、四角形にも三角形にも六角形にも出来るそうです。
ということは、五角形12個と三角形20個を作成すれば、20・12面体が出来ますね。
しかし、それを作成するとなると折り紙が44枚必要になりますね・・・44枚か・・・う~む、作成してみようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-13 19:31 | 折り紙


<< 川遊び。 "Magic Ros... >>