人気ブログランキング |

"Magic Rose Cube"のユニットで複合形の立体。 その4


折り紙が尽きてしまったので100円ショップに、折り紙を補充しに行きました。
そして、面白い折り紙を発見しました。
b0035506_2052693.jpg

4cm × 4cm ~ 15cm × 15cm まで、1cm刻みで、12サイズの折り紙が入っています。
折り紙枚数は、各大きさが6枚ずつで合計72枚です。
重ね箱の折り方の説明書が入っています。

こうやって1cm刻みの大きさを、あらかじめ用意してくれてあるというのは有り難いですね~、重ね箱とか、箱を作成したときの蓋とか、または微妙に大きさを変えないといけないとき、紙を定規で測って線を書いてカッターまたはハサミで切る、という作業をしなくて済むのは大変助かります。
これは、是非0.5cm刻みの物も出して欲しいですね~。

勿論普通の折り紙も買ってきました、そして早速、
b0035506_20164162.jpg

"Magic Rose Cube"のユニットを96個作成しました。
これで以前までのと合わせると、288個ユニットを作成したことになります。

そして昨日ユニット数が足りなくて作成が止まってしまった、
b0035506_20183095.jpg

「六角形と五角形の組み合わせ立体」を作成しました、ユニット数は60個です。
白い六角形の線を底にして、その周りに五角形(星型)の線、その周りに六角形の線、その周りに五角形(星型)の線、そして六角形の線で立体が閉じています。
写真左、立体を上から見たところです、白い六角形の線が出ています。
写真右、立体を斜め上から見たところです、白い五角形(星型)の線、その下に少し見え難いですが、白い六角形の線が見えています。
この立体も、なかなか良い形です・・・こういう立体を見ると中に電球を入れたくなってきます・・・。^^;

こうやって、ユニットを多数用意して、思うままに組んでいくというのは非常に楽しいです。
さて、次はどんな立体が出来るかな・・・。
by naru8090 | 2006-07-01 20:33 | 折り紙


<< 珈琲の焙煎と、小型扇風機。 大人の科学マガジン Vol12... >>