「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

”切頂8面体”の形の”吉本キューブ”の作成。 その2


その1”に引き続き、”しごと・あそびごと・ひとりごと”さんの”シリーズ別インデックス”の”吉本キューブ”のページで公開してくださっている「吉本キューブ」の”切頂8面体”バージョンの作成の続きを行いました。
b0035506_1858937.jpg

「6角形」のピース以外のピースを糊付けして組み立てたところです。
後は、”6角形”のピースを貼り付ければ各ピースが完成します。
本日で完成をさせるつもりだったのですが、予定外の用事が入って完成させることが出来ませんでした。
続きは、明日・・・出来ると良いな・・・。

話題は変わって。
このブログを開始してから本日で丁度4年が経過しました。
4年はアッという間だったな、と思いつつ”そういえば4年前にどんな記事を書いていたかな?”と思い、過去の記事を見てみたところ・・・自身が記述したとはいえ、あまりに酷い記事内容(まるで無理矢理書かされた日記のような)に一人で赤面してしまいました。^^;
思わず”書き直したい”やら”消したい”などと思ってしまいましたが、自身の反省材料のためにも、過去の記事はこのまま残しておくことにします。
4年はアッという間・・・と思っていたのですが、過去の記事を見ていると”いや、長かったのかも・・・”という気もしてきました・・・う~む。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-30 19:14 | 折り紙

”切頂8面体”の形の”吉本キューブ”の作成。 その1


いつも楽しく拝見している”しごと・あそびごと・ひとりごと”さんの”シリーズ別インデックス”の”吉本キューブ”のページで公開してくださっている「吉本キューブ」の”切頂8面体”バージョンを見て、これは非常に面白そうだと思い、早速公開してくださっている各ピースの展開図(.pdf)をダウンロードをしました。

以前、同じく”しごと・あそびごと・ひとりごと”さんで公開してくださっている”吉本キューブ”を作成した際に、公開してくださっている展開図の各ピースの大きさを4分の1の大きさに縮めて作成し、”あ~、これは小さすぎたな・・・”と反省をしたのを思い出し、今回は、各ピースを2分の1の大きさにして作成することにしました。
b0035506_1885440.jpg

印刷をして切り抜きました。
”吉本キューブ”の”切頂8面体”バージョンに使用する全16ピースのピースの形にする前の状態です。
この時点での各ピースの大きさは、”6角形”のピースが約4cm×4cmで、もう1つのピースが約6cm×8cmです。

さて、この続きは明日に・・・出来ると良いなぁ。

話題は変わって。
本日珈琲を淹れていて、ふと「カフェ・オ・レ」に使用する牛乳の量のことが気になりました。
”カフェ・オ・レ”に使用する一般的な牛乳の量(人の好みにより変わる、ということは一旦置いておいて)は珈琲に1に対してどれぐらいなのか?
1:1(珈琲:牛乳)なのか、1:0.5(珈琲:牛乳)なのか1:2(珈琲:牛乳)なのか・・・珈琲の濃さや焙煎度具合によって1:9(珈琲:牛乳)というのもありそうです。

う~む、と思ったのでWeb上で調べたところ、Web上の辞書「Wikipedia」さんの「カフェ・オ・レ」の項目に、その答えが記述されていました。
”Wikipedia”さんの情報によれば、”カフェ・オ・レ”に使用する牛乳の量は、珈琲の量と同量、つまり1:1(珈琲:牛乳)ということです。
濃い珈琲と同量か・・・となると、薄い珈琲(浅い焙煎での珈琲)の場合は、何対何になるのでしょうか?
浅い場合も1:1なのでしょうか・・・う~む。

・・・と、ここで新たに疑問が増えました(思いつきました)・・・珈琲に入れる砂糖の量は珈琲に対して何対何が一般的にベストなのでしょうか・・・う~む。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-29 18:32 | 折り紙

貰った紙。


先日、姉が京都へ旅行に行き、お土産を買ってきてくれました。
b0035506_1961258.jpg

「和染千代紙」と「和紙」です。
この和紙(筒状になっている長い方です)・・・物凄く綺麗です、手触りも良さそうです。
写真では見難いですが、可愛い花柄(牡丹の花かな?)になっています。
大きさは・・・まだ封を切っていないので分かりません。
大きさの表記もありません。^^;
この和紙がとても綺麗なので、”どこで販売していたの?”と姉に聞いたところ、”う~ん、金閣寺の近くで、綺麗な手作り小物や和紙が沢山売っているところで、あ~、もう一度行きたいな~・・・店の名前は忘れた”ということで店の名前は分かりませんでした。
う~む、私もその店に行ってみたい・・・。

そして、更に姉から頂いた紙。
b0035506_19132638.jpg

「Re;foRm」さんの「Wrapping paper」です。
雑貨屋「Novi」さんで、しばらく前に福袋をしていて、その福袋の中に入っていたそうです。
”私は使わないから、あげるわ~”ということで頂きました。
林檎の柄が可愛いラッピングペーパー2枚入りです。
大きさは42cm×29.7cmです。

さて、これらの紙を何に使用しようかな・・・。
どんどん紙ばかりが溜まっていく・・・何とかしなければ・・・。^^:
[PR]
by naru8090 | 2008-09-28 19:23 | 日記

珈琲豆の焙煎。3回、焙煎を行いました。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
今回も、従兄弟に渡す用の分も焙煎をしたので合計420gを140gずつ3回に分けて焙煎しました。

焙煎をした豆は、”ニカラグア SHG サンラモン エステート” 140gと”ブラジル ハニーショコラ” 140gと”メキシコ コアテペック” 140gの合計420gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1853455.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”、中段が”ブラジル ハニーショコラ”で下段が”メキシコ コアテペック”です。
焙煎時間は、以下の通りです。
全て2ハゼ開始後40秒で焙煎を終了しています。
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 約17分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇メキシコ コアテペック ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)

焙煎途中と焙煎後に取り除いた死豆の数は以下の通りです。
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇メキシコ コアテペック ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は0粒
b0035506_1856393.jpg

焙煎後の「ニカラグア SHG サンラモン エステート」の拡大写真です。
b0035506_1857127.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、”ブラジル ハニーショコラ”です。
写真右、”メキシコ コアテペック”です。
いずれの豆も香り・膨らみ等に問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-27 19:05 | 珈琲

”五郎兵衛の和紙”を使用してnaef社の積木”プリモ”に似た形の作成。


”五郎兵衛の和紙”を使用してnaef社の積木”プリモ”に似た形を作成しました。
b0035506_18274738.jpg

naef社の積木「プリモ」に似た形です。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。

早速、今までにこの方式で作成した立体を積み上げました。
b0035506_18291856.jpg

作成した「naef社の積木「プリモ」に似た形」と「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」を積み上げたところです。
立体の3角形の凹みを利用して積み上げているのですが、”naef社の積木「プリモ」に似た形”の小さな3角形の凹みでもシッカリと積み上げられることが分かりました。
この立体の上に他の立体を積み上げると、ユニットの結合が外れて立体が崩壊するのではないかと少し不安でしたが、どうやら大丈夫のようでホッとしました。
b0035506_1833151.jpg

「naef社の積木「プリモ」に似た形」と「正8面体」と「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」と「角張ったORB(正四面体状)」を積み上げたところです。
かなりシッカリと積み上がっています。
b0035506_18353063.jpg

更に積み上げました。
b0035506_18354164.jpg

更に・・・。
う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-26 18:40 | 折り紙

”Origami Slinky”の作成。 その3


その2”に引き続き、「Origami Slinky」を作成しました。
b0035506_18341795.jpg

その2”で作成した「Origami Slinky」(写真奥)と、「Origami Slinky」を作成するためのユニット(写真手前)です。
ユニット数は、20個です。
ユニットは7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
これらのユニットを組み込んで、ユニット数60個の”Origami Slinky”を作成します。
b0035506_18362836.jpg

「Origami Slinky」(ユニット数60個)です。
糊付け等一切していません。
40個組みのものよりも更に”バネ”になりました。
紙で出来ているとは思えないぐらいの弾力があります・・・これは凄いです。^^;
b0035506_18413170.jpg

立体を別の角度から見たところです。
”スリンキー”として遊ぶためにはユニットが90個程度は必要かと思っていたのですが、意外にも60個でも多い・・・と判明しました。
このユニット60個組みの”スリンキー”を手で圧縮すると半分よりも少し多いぐらいになっています。
となると、”スリンキー”として遊ぶのには”丁度半分”の数が良い、ということでしょうか・・・ユニット数としては45個~50個ぐらい(かな?)と思われます。
作成当初はユニットを90個~120個ぐらいまで追加しようと思っていたのですが、60個の状態でもう十分過ぎるほど”バネ”なので、これ以上に追加するのは止めにして、次は紙を変えて作成してみようかな・・・和紙で作成すると、もっと弾力が出て面白いかも・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-25 18:52 | 折り紙

”五郎兵衛の和紙”を使用して”正8面体”の作成。


”五郎兵衛の和紙”を使用して”正8面体”の形を作成しました。
b0035506_19341583.jpg

「正8面体」の形です。
ユニット数は、6個です。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。
b0035506_19345346.jpg

立体を別の角度から見たところです。
かなり頑丈に出来て見栄えも手触りも良い・・・やはり、この和紙は良いです。^^

早速、今までにこの方式で作成した立体を積み上げました。
b0035506_1938423.jpg

「正8面体」と「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」と「角張ったORB(正四面体状)」を積み上げたところです。
3角形の凹みを利用して積み上げています。
予想通り、これは楽しいです。
ここから更に立体が増えると・・・更に楽しくなりそうです。^^
b0035506_19423743.jpg

更に積み上げました。
b0035506_19424833.jpg

更に・・・。
う~ん、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-24 19:43 | 折り紙

”Origami Slinky”の作成。 その2


昨日に引き続き、「Origami Slinky」を作成しました。
b0035506_1856381.jpg

昨日に作成した「Origami Slinky」(写真奥)と「Origami Slinky」を作成するためのユニット(写真手前)です。
ユニット数は、28個です。
ユニットは7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
12個単位でユニットを追加していこうと思っていたのですが、ふと気が付いたら28個ユニットを作成していたので”まあ、いいか・・・”と思い、作成した28個全て昨日作成した”Origami Slinky”(ユニット数12個)に追加することにしました。
b0035506_18595043.jpg

「Origami Slinky」(ユニット数40個)です。
糊付け等一切していません。
昨日よりも更にバネのようにビョーン・ビョーン・・・と伸び縮みします。
これは見事です。^^
b0035506_1905785.jpg

「Origami Slinky」を別の角度から見たところです。
昨日のように、この”Origami Slinky”を手で(クリップでは厚くて挟めませんでした)圧縮したところ、この40個の状態で丁度半分より少し少ない・・・という感じになりました。
ということは、ユニット数90個ぐらいで、ほぼ隙間の無い”スリンキー”が出来そうです。
さて、少しずつ追加をしていくか、一気に50個追加してみるか・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-23 19:09 | 折り紙

”Origami Slinky”の作成。


いつも楽しく拝見している”- MISDIRECTION (ミスディレクション) -”さんの2008年09月18日の記事「スリンキー 2」で紹介をしてくださっている折り紙で作成する”スリンキー”を見て非常に面白そうだと思い、早速作成しました。
b0035506_18273426.jpg

「Origami Slinky」を作成するためのユニットです。
”スリンキー”として遊ぶためには、どのぐらいのユニット数が必要なのか検討がつかなかったので、とりあえずユニットを12個用意しました。
ユニットは7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。

そして、これらのユニットを組み立てて、「Origami Slinky」(ユニット数12個)を作成しました。
b0035506_18291718.jpg

「Origami Slinky」(ユニット数12個)です。
組み立てには糊付け等一切していません。
見事にバネのように伸び縮みします。
ユニットを折るのも簡単で組み立てるのも簡単で更に遊んで面白い・・・これはお勧めです。^^
b0035506_18333810.jpg

立体を別の角度から見たところです。
しかし、ユニットが12個では少し(いや、かなり)少なかったようです。
この倍ぐらいのユニットが必要かな・・・と最初は思っていたのですが、
b0035506_1835177.jpg

”クリップ”を使用して立体を圧縮したところ、ユニットの数が全然足りないことが発覚しました。
この状態を見ると、今の状態(12個)の倍どころか10倍(120個)にしても良さそうな気がします。
毎日12個ずつユニットを追加して、形の変化を見ていこうかな・・・それとも一気に追加して遊ぼうかな・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-22 18:55 | 折り紙

”五郎兵衛の和紙”を使用して”フラストレーションキューブ”(正6面体)の作成。


”五郎兵衛の和紙”を使用して”フラストレーションキューブ”(正6面体の形)を作成しました。
b0035506_20171946.jpg

「フラストレーションキューブ」(正6面体の形)です。
ユニット数は6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。

そして、今までにこの方式で作成した立体を積み上げました。
b0035506_20193380.jpg

「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」を積み上げたところです。
b0035506_20204451.jpg

「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」と「角張ったORB(正四面体状)」を積み上げたところです。
3角形の凹みを利用して積み上げています。
b0035506_20223779.jpg

更に積み上げました。
う~む、面白い。
ここから”正8面体”やnaef社の積木”プリモ”の形や、”おむすび”の形を加えて積み上げると更に楽しくなりそうです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-21 20:27 | 折り紙