「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

”やぐら -ちょうむすび-”の210枚組(変形12面体(に近い形))の作成。 その1


布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の210枚組の”変形12面体(の正5角形の面が5角錐の形)”を作成する為にユニットを作成し、正5角形の面を構成する5角錐の形だけ組み立てました。
b0035506_18402529.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットです。
ユニット数は、210個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
これらのユニットを全て使用して”変形12面体(の正5角形の面が5角錐の形)”を作成します。
b0035506_18432728.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニット210個中60個組み立てたところです。
”正5角形の面”の凸部分になる5個のユニットが集まる12個の頂点の部分だけを組み立てました。
糊付け等は一切しておりません。
ユニット数が多いので、この形を作成するか迷いましたが、”変形12面体”の形は”正5角形の面”以外は全て”正3角形の面”で構成されているので、”20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”のように面白い形が見えるのではないかと思い作成することにしました。
果たしてどのような形になるか・・・楽しみです。

話題は変わって。
本日、この”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを作成していて、ふと思いついたことがあり、それが実現できるか早速試しました・・・が、
b0035506_18463515.jpg

試した結果がこれです。
何かサッパリ分からないものが出来ました。^^;
こういう時に、自身のデザイン力・創造力および想像力の無さに絶望します・・・う~む、何かこう上手く作れると思ったのになぁ・・・う~む・・・。

更に話題は変わって。
自分専用に作成していたキーボードを使用したランチャーソフトが、ようやく完成しました。
後は、ReadMeファイル(またはHelpファイル)を作成すればVectorさんに送れます。
さて・・・ReadMeもボチボチと書いていこう・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
正12面体の星型
正20面体(正20面体の1面が4個の正3角形の集まりで構成されている)

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能
斜方20・12面体」(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-31 18:54 | 折り紙

布施知子さんの本「折り紙ワンダーランド」(全4冊)。


Yahooオークションで、布施知子さんの本「折り紙ワンダーランド」(全4冊)を本を入れる箱付きで出品されているのを見て、早速入札し、手に入れることが出来ました。
b0035506_1822330.jpg

布施知子さんの本「折り紙ワンダーランド」(全4冊)です。
全4冊の内訳は、「①折り紙キルト」、「②折り紙スパイラル」、「③まんぷくBOX」、「④折り紙デザイン」です。
以前から欲しいな~・・・と思っていた本が一気に4冊、しかも箱付きで手に入れられて非常に嬉しいです。
b0035506_18243064.jpg

「①折り紙キルト」、「②折り紙スパイラル」、「③まんぷくBOX」、「④折り紙デザイン」の4冊です。
出品者さんの説明文には「中古品なので・・・」と記述されていましたが、どの本も中古品とは思えないほど綺麗です。
このような綺麗な状態で出品をしてくださった出品者さんに感謝します。^^

4冊の本の内容を全て見ましたが、流石は布施知子さんの本ですね~、どれもこれも素晴らしい内容で、絶版になっているのが非常に残念です。
これでまた作成したい作品が増えました。
頑張って、私の作成速度を上げなければ・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2008-03-30 18:20 | 折り紙

”やぐら -ちょうむすび-”の180枚組(斜方20・12面体(に近い形))の作成。 その2


その1”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の180枚組の”斜方20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”を作成しました。
b0035506_19243498.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットを180個使用して組み立てた「斜方20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)」です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
120枚組の”20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”を作成した時は、出来上がった形が”正20面体(1面が4個の正3角形で構成されている)”の形になって驚きましたが、こちらは、そのまま”斜方20・12面体”の”5角形の面”に”5角錐”を貼り付けた形になりました。
何か面白い形が浮かび上がるかと思って期待をしていた分、少し残念です。
しかし、この”斜方20・12面体”の”5角形の面”だけ”星型立体”という形もなかなか面白いです。
b0035506_19341710.jpg

立体を別の角度から見たところです。
”5角形の面”に貼り付けた”5角錐”のせいで、”正3角形の面4個と4角形の面1個”で手裏剣のような形が見えています。
b0035506_19365849.jpg

更に別の角度から見たところです。
今思いつきましたが、このユニットで”正8面体”が出来るということは”4角錐”が出来るので、この立体の”4角形の面”に”4角錐”を貼り付けることも出来ますね。
ということは、”正3角形の面”以外は星型の形に出来るということになりますね・・・う~む。
b0035506_19413635.jpg

作成した「斜方20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)」と「20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)」と「正12面体の星型」を並べました。
”斜方20・12面体”は、ユニットを180個使用しているだけあって、やはり他の立体よりも一回り大きいです。
後、作成を試みていない立体は「切頂20面体」と「変形12面体」ですが・・・う~む、どうしようかな、作成しようかなぁ・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
正12面体の星型
正20面体(正20面体の1面が4個の正3角形の集まりで構成されている)

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能
「斜方20・12面体」(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-29 19:48 | 折り紙

”やぐら -ちょうむすび-”の180枚組(斜方20・12面体(に近い形))の作成。 その1


布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の180枚組の”斜方20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”を作成する為にユニットを作成し、5角形の面を構成する5角錐の形だけ組み立てました。
b0035506_19037.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットです。
ユニット数は、180個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
これらのユニットを全て使用して”斜方20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”を作成します。
ユニット数がなかなか多くなって、しかもキッチリと目的の形が出来ないので、この形は作成しないでおこう・・・と当初は思っていましたが、試しに同ユニットで作成した「20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)」が非常に面白い形になったので、こちらも作成することにしました。
b0035506_193254.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニット180個中60個組み立てたところです。
”5角形の面”の凸部分になる5個のユニットが集まる12個の頂点の部分だけを組み立てました。
糊付け等一切しておりません。
20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)」を作成したときと同様に、ユニットの作成に時間を取られてしまい、本体の組み立てまでには至りませんでした。
う~む・・・明日作成できるかなぁ・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
正12面体の星型
正20面体(正20面体の1面が4個の正3角形の集まりで構成されている)

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能

□試してないけど作成できないと分かった立体
「斜方20・12面体」
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-28 19:09 | 折り紙

”やぐら -ちょうむすび-”の120枚組(20・12面体(に近い形))の作成。 その2


その1”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の120枚組の”20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”を作成しました。
b0035506_1851584.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットを120個使用して組み立てた「20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)」です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
この形を作成して驚きました。
”20・12面体”の形の”5角形の面”に貼り付けた”5角錐”の頂点を線で結ぶと”正20面体”(正3角形が4つで正20面体の一つの面)の形になるとは思いもよりませんでした。
ということは、”正20面体”の各辺の丁度半分ずつを切り取った形が(5角錐を切り取った形)が”20・12面体”の形ということですね・・・う~ん、立体は面白い。
b0035506_18582088.jpg

立体を別の角度から見たところです。
この角度から見た方が、”正20面体”の形がよりハッキリと見えます。
当初の目的の立体”20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”は、以前作成した”正12面体の星型”同様、それと意識して見なければその形には見えません・・う~む。^^;
b0035506_1915659.jpg

更に別の角度から見たところです。
”5角形に貼り付けた5角錐”に”大きな形の5角錐”に”6角形の面”、”正3角形が4個集まった正3角形”に”正3角形が8個集まった菱形の4角形”、”20・12面体”に”正20面体”・・・色々な形が見えて非常に面白い立体になりました。
しかし実際は、”正3角形の面”の集まりです。
う~む、面白い。
私は、もうこれ以上に大きな立体(ユニット数を使用する立体)は作成しないでおこうかなと思っていたのですが、これだけ面白い立体が作成できるとなると、「斜方20・12面体」や「変形12面体」や「切頂20面体」も作成したくなってきました。
作成しようかなぁ・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
正12面体の星型
「正20面体(正20面体の1面が4個の正3角形の集まりで構成されている)」

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「斜方20・12面体」
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-27 19:15 | 折り紙

”へそ飛行機”と”イカ飛行機”の作成。


一昨日前に、色々な紙飛行機の折り方法を公開してくださっているWebサイト「紙飛行機の作り方 origami 紙飛行機空港」のkefi_pallhkariさんに、”へそ飛行機”は長方形の紙で折ると良いというお教えを頂きました。
kefi_pallhkariさん、お教えありがとうございます。^^

確かに以前、私がkefi_pallhkariさんのサイトを見て作成したときは、全て正方形の紙で紙飛行機を作成していました。
これは是非長方形の紙で作成しよう・・・と思い、早速Webサイト「紙飛行機の作り方 origami 紙飛行機空港」で公開してくださっている”へそ飛行機”と”イカ飛行機”をA4用紙を使用して折りました。
b0035506_18385066.jpg

A4用紙1枚を使用して折った「へそ飛行機」です。
kefi_pallhkariさんの仰る通り、以前正方形の紙を使用して作成した”へそ飛行機”とは比べ物にならないぐらい良く飛びます。
飛び方にかなり安定感があり、シューッと空気を切り裂くような感じで飛んでいきます。
b0035506_18441119.jpg

A4用紙1枚を使用して折った「イカ飛行機」です。
この”イカ飛行機”も、以前に正方形の折り紙を使用して作成しました
こちらは、正方形の折り紙で作成をしたときも、かなり良く飛んでいましたが、この長方形の紙で作成した”イカ飛行機”は更に綺麗にスー・・・と飛んでいきます。
飛距離は、”へそ飛行機”よりもこちらの方が上です。
この奇妙な形が、綺麗に飛んでいく姿は何か不思議な感じがします。
非常に面白いです。^^

しかし、紙飛行機を作成するのは正方形の紙よりも長方形の紙の方が都合が良いのですね~。
そういえば、以前作成した”スカイキング”等もA4用紙を使用したか・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-03-26 18:52 | 折り紙

”やぐら -ちょうむすび-”の120枚組(20・12面体(に近い形))の作成。 その1


布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の120枚組の”20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”を作成する為に、ユニットを作成し、少し組み立てました。
b0035506_19124074.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットです。
ユニット数は、120個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
これらのユニットを全て使用して”20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”を作成します。
b0035506_1920468.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニット120個中60個組み立てたところです。
”5角形の面”の凸部分になる5個のユニットが集まる12個の頂点の部分だけを組み立てました。
糊付け等一切しておりません。
一気に全て組み立てるつもりでしたが、ユニットの作成に思いのほか時間を取られてしまい、本日はここまでとなりました。
更に、昨日「紙飛行機を。。」の記事のコメント欄にてkefi_pallhkariさんにお教え頂いた「へそ飛行機」も折れませんでした。
明日、出来るかなぁ・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
正12面体の星型

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「斜方20・12面体」
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-25 19:34 | 折り紙

”やぐら -ちょうむすび-”の90枚組(正12面体の星型)の作成。 その2


その1”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の90枚組で”正12面体の星型”を作成しました。
b0035506_18533670.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットを90個使用して組み立てた「正12面体の星型」です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
全て正3角形の面が60面で”正12面体の星型”の形が構成されています。
これは”正12面体の星型”だ・・・と意識して見なければ、”正6角形の面”や”多数の正3角形の面”が目に飛び込んできて、とても”正12面体の星型”の形には見えません。
これは非常に面白いです。
b0035506_18591213.jpg

立体を別の角度から見たところです。
b0035506_1904395.jpg

更に立体を別の角度から見たところです。
う~む、面白い・・・。

この”正12面体の星型”が作成できたとなると、これと同じ方法(”5角形の面を5個の3角形で作成する”)を使用すれば、5角形の面が凸型になりますが”20・12面体”や”切頂20面体”や”斜方20・12面体”、そして”変形12面体”も作成が出来そうですね・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
「正12面体の星型」

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「斜方20・12面体」
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-24 19:08 | 折り紙

珈琲豆の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので、焙煎を行いました。
焙煎した生豆は「コロンビア スプレモ メリノ」 120gと、「モカ クイーンナチュラル」 120gの合計 240gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1981844.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が”コロンビア スプレモ メリノ”で、下側が”モカ クイーンナチュラル”です。
焙煎時間は”コロンビア スプレモ メリノ”が約12分(1ハゼ終了後、約30秒)で”モカ クイーンナチュラル”が約14分(2ハゼが始まる直前)です。
死豆の量は、”コロンビア スプレモ メリノ”が0粒で、”モカ クイーンナチュラル”が6粒でした。
”モカ クイーンナチュラル”は、ほぼ毎回10粒以上の死豆が出ているので、今回は少ない方ですが・・・やはり死豆は沢山でますね~、う~む。
b0035506_1912876.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左側が”コロンビア スプレモ メリノ”で、右側が”モカ クイーンナチュラル”です。
2ハゼ直前まで焙煎した”モカ クイーンナチュラル”の方が、豆の色が濃いのですが、写真ではそれほど変わらない色になっています。^^;
う~む、上手く写真を撮るのは難しいです。
色・膨らみ・香り等、両豆ともに問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-03-22 19:16 | 珈琲

”やぐら -ちょうむすび-”の90枚組(正12面体の星型)の作成。 その1


昨日、”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを”不完全な繋ぎ方”で”正12面体”と”20・12面体”が作成できるか試しました。
結果、昨日に試した方法では”正12面体”・”20・12面体”のどちらの立体も作成できないということが分かりました。

そして昨日寝る直前に、ふと”5角形の面が5個の3角形で構成されている状態のものが12個繋がれば「正12面体の星型」の形が作成できる?”と思いつき、早速本日試しました。
b0035506_19193368.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットを10個繋いだ状態です。
糊付け等は一切しておりません。
この”5角形の面を5個の3角形で作成した立体”を12個つなぎ合わせて”正12面体の星型”の形の作成を試みます。
b0035506_19215913.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットを49個繋いだ状態です。
糊付け等は一切しておりません。
”5角形の面”を6個繋いだ形です、「正12面体の星型」の形の丁度半分の形になっています。
今のところユニットの歪み等は一切ありません。
この先も、ユニットの歪みも無く”正12面体の星型”の形を組むことが出来そうです。
b0035506_1925743.jpg

立体を別の角度(反対側)から見たところです。
”これは5角形の面が6面集まっている形だ・・・”と意識して見なければ、”5角形の面”よりも先に”6角形の面”が目に飛び込んできて、とても”正12面体の星型”の形には見えません。
しかし実際は、”正3角形の面”の集まりです・・・う~む、面白い・・・。

本日は、時間が取れなくて、立体を完成させることが出来ませんでした。
明日には完成させたいところですが・・・う~む、明日、時間取れるかなぁ・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「斜方20・12面体」
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-21 19:39 | 折り紙