<   2007年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ クイーンナチュラル」 240gを、120g ずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1875378.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が一回目に焙煎をした豆で、盆の下側が二回目に焙煎をした豆です。
一回目の焙煎は2ハゼが開始すると同時に焙煎を終了(約15分)し、二回目の焙煎は、2ハゼ開始直前に焙煎を終了(約13分)しています。
しかし、”モカ クイーンナチュラル”は、やはり豆の見栄えが悪いです。
そして、見栄えが悪いだけでなく死豆もかなりあります。
今回も一回目の焙煎で11粒、二回目の焙煎で10粒の合計21粒も死豆が出ました。
今まで焙煎してきた中では明らかに、この豆が一番状態が悪いです。^^;
私の購入した”時”が悪かったのか、それとも元々こういう豆なのか・・・次ももう一度購入して確かめてみようかな・・・。
b0035506_18134870.jpg

珈琲豆の拡大写真です。
写真左が一回目に焙煎した珈琲豆で、写真右が二回目に焙煎した珈琲豆です。
香り、豆の膨らみ共に問題は無さそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-31 18:25 | 珈琲

讃岐うどんを食べる旅行。 その2


その1”に引き続き、”うどん旅行”の2日目の記録です。

2日目(10月28日)

ビジネスホテルを午前9時に出発して、午前10時に本日一軒目のうどん屋「岸井うどん」に到着しました。
私の持っている本によると営業時間は”午前10時”となっているのですが、お店に入るやいなや、”10時半からだよ!”とお店のお方(多分、大将かな?)に言われて、お店の外で30分程待ちました。
b0035506_1875495.jpg

「岸井のうどん」です。
相変わらず、レモンが乗っています・・・このレモンの香りと味が、うどんのダシに合っていて、非常に美味しいです。^^
うどんの出来具合(コシとかツルツル感とか)も以前に来た時と全く変わっていませんでした。
ここは、やはり良いですね~。
最近、新たに行ったうどん屋さんの中では、間違いなくここがトップです。^^

午前11時30分から午後1時まで、ケーキ屋さん巡りを行いました。
1日目に本屋さんで調べて目星をつけたケーキ屋さんに行きました。
といっても、新しく行った店は一店ですが・・・。^^;
行ったケーキ屋さんは「カシュ・カシュ」と「かにわしタルト店」です。
「カシュ・カシュ」は初めて行って、ロールケーキを食べたのですが、これがまた非常に美味しくて驚きました。
今まで香川県に旅行に来て、五店ほどケーキ屋さんに行きましたが、どこも美味しくて所謂”ハズレ”が一店もありません・・・香川県のケーキ屋さんは凄いです。
b0035506_18174876.jpg

午後1時30分、二軒目のうどん屋「もり家」に到着しました。
”うどん旅行”に来たら、やはりここだけは外せません、今回も非常に美味しかったです。^^
毎回毎回、”うどん旅行”に来るたびに「もり家」に来ていますが、本当にこのお店は味が落ちませんね~、凄いです。
しかも一般店にしては、値段が安いです。
是非このままの味で、このままの値段(は最近材料費が上がっているので無理かな・・・)で続けていって欲しいです。

そして、午後3時に帰路につき、午後10時に家に到着しました。
”うどん旅行”に行くと、毎回毎回何かしらのトラブルが発生していたのですが、今回は大雨(嵐?)に見舞われたぐらいで、他には何もありませんでした。
何もトラブルが無い旅行というのは久しぶりに経験しましたが、平穏無事に旅行を終えるというのは良いものですね~。
楽しかった~。^^

今回の”うどん旅行”で手に入れた物。
b0035506_18412055.jpg

「MALAIKA」というインド雑貨(アジア雑貨かな?)のお店で購入したトカゲのペーパーウェイト(だと思います^^;)です。
一目見て”おお~!これは可愛い!”と思い購入をしましたが、トカゲが苦手な従兄弟は”うわっ!気持ち悪い!それを近づけないで~!!”と一目見ただけで逃げていきました。^^;
[PR]
by naru8090 | 2007-10-30 18:51 | 日記

讃岐うどんを食べる旅行。 その1


従兄弟達(私含む計4人)と共に10月27日の午前3時から10月28日の午後10時頃まで、四国は香川県へ”讃岐うどん食べまくり旅行”に行きました。
以下は旅行の記録です。

1日目(10月27日)

午前3時に出発をして、午前8時30分に一軒目のうどん屋「なかむら」に到着しました。
b0035506_17583741.jpg

「なかむら」のうどんです。
相変わらず”なかむら”のうどんは美味しいです。^^
毎回毎回うどん旅行の一軒目は”なかむら”なのですが、ここのうどんは朝に食べるのにはピッタリの麺ですね~。
やはり、私はここは好きだなぁ・・・。
b0035506_18103327.jpg

午前10時10分、二軒目のうどん屋「むさし」に到着しました。
やはり、このお店での注文は「カレーうどん」です。
この”黒いカレー”がうどんにピタリと合っていて非常に美味しいです。
”カレーうどん”が好きなお方、またはカレーが好きなお方は是非一度食べてみて欲しいです、お勧めです。
しかし、このカレー・・・本当に一体どうやって作っているのか・・・う~む、知りたいなぁ・・・。^^;
b0035506_1815628.jpg

午前11時、三軒目のうどん屋「はりや」に到着しました。
”はりや”も、もう何度も来ていますが全然味が落ちませんね~、素晴らしく美味しいです。
”はりや”のうどんは大変美味しいのですが、問題なのが人気がありすぎて大抵1時間・・・タイミングが悪ければそれ以上の時間並ばないと食べられないということです。
この”並ぶ”時間のせいで”はりや”のうどんを諦めたことが何度もあります。
しかし、うどんは本当に美味しいので興味のあるお方は是非食べてみてください・・・多分食べたら驚きます。^^

午後2時、四軒目のうどん屋「おか泉」に到着し、お土産うどんを購入しました。

午後2時30分~午後5時30分まで、ケーキ屋巡りを行いました。
行ったケーキ屋は、「かにわしタルト店」と「ガトーよしだ」の二店です。
この二店のケーキは本当に美味しいです。
そして、本屋さんで他に美味しそうなケーキ屋さんはないかと雑誌をあさり、また数店行きたい店を見つけました。

午後8時30分、五軒目のうどん屋「鶴丸」に到着し「やまかけうどん(冷)」を食べました。
写真を撮り忘れてしまいました。^^;
”鶴丸”のうどんも相変わらず強力なコシに非常にまろやかなダシで美味しいです。
夜のうどんは、やはりここですね~。^^

”うどん旅行”は本当に楽しいです。
ただ、来るたびに行きたいお店(主にケーキ屋さんですが・・・)が増えるのが問題ですが・・・。^^;

一日目は、ここまでです。
二日目の記録は、明日にします。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-29 18:57 | 日記

”60°-60°のユニット”を使用して”立方8面体”の作成。


布施知子さんの本「立体万華鏡」のP53で紹介されている”60°-60°のユニット”を使用して、”立方8面体”の形をした立体を作成しました。
b0035506_18264021.jpg

「60°-60°のユニット」です。
ユニット数は、24個です。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
本の作例では”正12面体”しか紹介されていないのですが、このユニットを24個組み合わせれば”立方8面体”が出来るのではないかと思い、試してみました。
b0035506_1829712.jpg

「”60°-60°のユニット”を使用して作成した”立方8面体”」です。
糊付け等は一切しておりません。
見事に組めました・・・かなり頑丈に出来ています。
ユニットが24個で”立方8面体”が組めたとなると、ユニットを30個使用すれば”正20面体”、48個なら”斜方立方8面体”、60個なら”変形立方体”または”20・12面体”・・・という風にどんどん組めそうです。
やはり、このユニットは凄いです・・・。
b0035506_18361492.jpg

立体を別の角度から見たところです。
紫と橙の折り紙が大量に余っていたので、この2色で作成しましたが、この2色だと少し色がキツイですね・・・次はもう少し柔らかい色で作成してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって。
歯茎の腫れはまだ引きません・・・。
本日、また歯医者さんに診て頂きましたが、その歯医者さんが「う~ん・・多分これだなぁ・・・健康な歯だけど抜かなきゃ治らないか・・・」と呟いた後に「これね、健康な歯だけど抜かないと腫れは引きそうにないから・・・抜きますか?それとも今日も様子を見ますか?」と言われました。
”多分”という言葉が少し引っかかったもので、”今日のところはまだ様子をみます・・・”と言って痛み止めと化膿止めを頂いて来ました。
う~む・・・健康な歯を抜かないと駄目なのかなぁ・・・虫歯なら抜いてもなんとも思わないのですが、健康な歯となると少し抜くのが悔しいですね~、他の病院にいってみようかなぁ・・・。^^;

更に話題は変わって・・・。
本日の夜中から小旅行に行きます。
旅行中、歯茎の腫れは・・・痛み止めを飲んで我慢することにします。^^;
帰宅予定は10月28日の午後10時頃です。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-26 18:49 | 折り紙

内部空間に立体を収めて、三重立体にする。


”60°-120°のユニット”を使用して”切頂4面体”の作成。」で作成した、”切頂4面体”と、「”WXYZ Module”の作成。」で作成した”WXYZ Module”を正しく組み直した立体を見ていて、ふと”WXYZ Module”が中に入りそうだなぁ・・・と思い、早速試しました。
b0035506_1916841.jpg

「60°-120°のユニット”を使用して作成した”切頂4面体”」と、正しく組み直した「WXYZ Module」です。
”切頂4面体”の内部空間に、”WXYZ Module”を入れます。
b0035506_19191368.jpg

「”切頂4面体”の内部空間に、”WXYZ Module”を入れた立体」です。
見事に”WXYZ Module”が内部空間に収まりました。
なかなか格好良いです。^^
しかし、”WXYZ Module”の大きさが少し足りずにガサゴソと内部で動いてしまうのが少し残念です。
丁度良い大きさにするには、何cm×何cmの折り紙でユニットを作ればよいのか・・・う~む、1cmずつ紙のサイズを大きくして試してみようかなぁ・・・。

そして、この立体を見ていたら・・・更に、この立体を昨日作成した「正12面体」の内部空間に入れられるのではないかと思い、
b0035506_19253362.jpg

早速入れてみました。
何とか内部空間に収めることが出来ましたが、かなりギリギリで”正12面体”の幾つかのユニットに少し歪みが出てしまいました。^^;
しかし、この状態でも”正12面体”のユニットはガッチリと結合をしています。
このユニットは本当に凄いです。
b0035506_19285757.jpg

立体を別の角度から見たところです。
”正12面体”の内部に”切頂4面体”、その内部に”WXYZ Module”が収まっています。
しかし・・・ここまで作成して何ですが、オブジェとしてはイマイチですね・・・。^^;
”切頂4面体”の内部に”WXYZ Module”の時点では結構格好良かったので、その時点で止めておくべきだったかな・・・折角押し込んだけど・・・う~む、残念・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

”切頂4面体”と、その立体を作成するために使用した”60°-120°のユニット”は、布施知子さんの本「立体万華鏡」のP50~P51で紹介されています。
”正12面体”と、その立体を作成するために使用した”60°-60°のユニット”は、布施知子さんの本「立体万華鏡」のP53で紹介されています。
「Tung Ken Lam's」さんの作品「WXYZ Module」のユニットの折り図は、「Origami - Folding Instructions」のWebページで公開してくださっています。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-25 19:40 | 折り紙

”60°-60°のユニット”を使用して”正12面体”の作成。


布施知子さんの本「立体万華鏡」のP53で紹介されている”60°-60°のユニット”を使用して、”正12面体”の形をした立体を作成しました。
b0035506_18521146.jpg

「60°-60°のユニット」です。
ユニット数は、30個です。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
このユニットは、「Francis Ow's(フランシス・オウ)」さんのユニットを簡略化したものだそうです。
「Francis Ow's(フランシス・オウ)」さんのオリジナルのユニットは、”別の本で紹介したことがある・・・”ということで、この本では紹介されていませんでした。
う~む、オリジナルのユニットの形を見てみたいなぁ・・・やはり布施知子さんの初期の方の本で紹介されているのだろうか・・・。
b0035506_18532436.jpg

「”60°-60°のユニット”を使用して作成した”正12面体”」です。
糊付け等は一切しておりません、かなり頑丈に出来ています。
”正12面体”の骨組みの形を作成したのは久しぶりですが、この形はスッキリしていて、なかなか格好良いですね~。
b0035506_1945283.jpg

立体を別の角度から見たところです。
ユニットが簡単に作成できて、組み方も簡単で、更に頑丈に出来る・・・このユニットは凄いです。
このユニットは、”正12面体”の他にもまだ沢山の組み方が出来るそうです。
”正20面体”とか”立方八面体”とか出来るかなぁ・・・試してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-24 19:12 | 折り紙

”60°-120°のユニット”を使用して”切頂4面体”の作成。 その2


布施知子さんの本「立体万華鏡」のP50~P51で紹介されている”60°-120°のユニット1”を使用して、”切頂4面体”の形をした立体を作成しました。
b0035506_18231884.jpg

「60°-120°のユニット1」です。
左側のユニットが”60°-120°のユニット1”の”Aユニット”で、右側が”Bユニット”です。
ユニット数は、”Aユニット”が6個で”Bユニット”が12個の合計18個です。
ユニットは、15cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
このユニットを全て組み合わせて”切頂4面体”の形を作ります。

昨日作成した”切頂4面体”は、長方形(7.5cm×7.5cm)の折り紙でユニットを作成しましたが、本日は長方形(15cm×7.5cm)の折り紙でユニットを作成しています。
b0035506_18251549.jpg

「”60°-120°のユニット”を使用して作成した”切頂4面体”」です。
糊付け等は一切しておりません。
長方形の折り紙で作成すると、六角形の面の六角形の星の形が見え難くなり、更に三角形の面の部分に穴が空きました・・・う~む、面白い・・・。
b0035506_18301734.jpg

立体を別の角度から見たところです。
b0035506_1831836.jpg

昨日作成した立体を中に入れました。
かなり大きな立体になってしまいました。^^;
う~む、この立体・・・どこに飾ろうかなぁ・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-23 18:33 | 折り紙

”60°-120°のユニット”を使用して”切頂4面体”の作成。


布施知子さんの本「立体万華鏡」のP50~P51で紹介されている”60°-120°のユニット1”を使用して、”切頂4面体”の形をした立体を作成しました。
b0035506_1857729.jpg

「60°-120°のユニット1」です。
左側のユニットが”60°-120°のユニット1”の”Aユニット”で、右側が”Bユニット”です。
ユニット数は、”Aユニット”が6個で”Bユニット”が12個の合計18個です。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
このユニットを全て組み合わせて”切頂4面体”の形を作ります。
b0035506_1903220.jpg

「”60°-120°のユニット”を使用して作成した”切頂4面体”」です。
糊付け等は一切しておりません、物凄く頑丈に出来ています。
”切頂4面体”の六角形の面の部分に穴が空いていて、そこに六角形の星の形が見えています。
以前に作成した「135°のユニット」(その1その2)を思い出します・・・面白いです。
b0035506_1952852.jpg

立体を別の角度から見たところです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-22 19:09 | 折り紙

再度、”WXYZ Module”の作成。


「Tung Ken Lam's」さんの作品「WXYZ Module」を再び作成しました。

一昨日作成した、”WXYZ Module”を色々な角度から見ていて、ふと、”もしかして、組み方を間違えてないか?”と疑問に思い、その疑問を晴らすため、もう一度作成しました。
その結果、見事に組み方を間違えていました。^^;
ユニットが4個集まる箇所の周辺は、全てユニットが3個集まるように組み立てないと駄目なところを、一昨日作成した物はユニットが4個集まる箇所の直ぐ隣に、またユニットが4個集まる箇所が出来ていました。
何故作成途中に、そのことに気が付かなかったのか・・・う~む、情け無い・・・。
b0035506_18341244.jpg

本日新たに作り直した「WXYZ Module」です。
ユニット数は12個です。
糊付け等は一切しておりません。
ユニットは、15cm×15cmの折り紙で作成しています。
この形が「WXYZ Module」の本来の形です。
どこにも歪みがなく格好良いです。^^
b0035506_1836495.jpg

立体を別の角度から見たところです。

この作品の折り図は「Origami - Folding Instructions」で公開をしてくださっています。
さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-21 18:42 | 折り紙

珈琲豆の焙煎。


焙煎をした生豆は、「コロンビア スプレモ メリノ」 120g、「ブラジル アプカラーナ」 120gの合計 240gを、120g ずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1944244.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が「コロンビア スプレモ メリノ」で、下側が「ブラジル アプカラーナ」です。
本日は従兄弟同士の集まりがありましたので、深煎りが好きな従兄弟の姉に渡すために、炭になる一歩手前まで焙煎を行いました。
焙煎時間は、両生豆とも約18分(2ハゼ完全終了後、約3分)です。
b0035506_1973536.jpg

珈琲豆の拡大写真です。
写真左が「コロンビア スプレモ メリノ」、写真右が「ブラジル アプカラーナ」です。
豆の膨らみも香りも問題はなさそうです。
この2つの豆は、本当に形が良いですね~、見栄えが良いので見ていて安心できます。
明日飲むのが楽しみです。^^
[PR]
by naru8090 | 2007-10-20 19:12 | 珈琲