「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「ブラジル アプカラーナ」 100g、「コロンビア スプレモ メリノ」 100g の合計 200gを、100g ずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_17445145.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が”ブラジル アプカラーナ”で、盆の下側が”コロンビア スプレモ メリノ”です。
”ブラジル アプカラーナ”は、2ハゼが始まると同時に焙煎を終了(約15分)し、”コロンビア スプレモ メリノ”は、2ハゼが完全に終了してから焙煎を終了(約16分)しています。
両豆とも、1ハゼの音が大きく聞こえてきて焙煎がし易かったです。
b0035506_17471787.jpg

焙煎した珈琲豆の拡大写真です。
写真左が”ブラジル アプカラーナ”で、写真右が”コロンビア スプレモ メリノ”です。
やはり、この2つの豆は見た目が綺麗です・・・特に”コロンビア スプレモ メリノ”は物凄く綺麗です。
両豆とも豆の香り、膨らみ等問題は無さそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-30 17:51 | 珈琲

”60°-90°のユニット”を使用して”立方八面体”の作成。


布施知子さんの本「立体万華鏡」のP48~P49で紹介されている”60°-90°のユニット”を使用して、”立方八面体”の形をした立体を作成しました。
b0035506_1945741.jpg

「60°-90°のユニット」です。
ユニット数は24個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙で作成しています。
このユニットを全て組み合わせて”立方八面体”の形を作ります。
b0035506_19472052.jpg

「”60°-90°のユニット”を使用して作成した”立方八面体”」です。
糊付け等は一切しておりません。
”立方八面体”の四角形の面に穴が空いている形になっています。
この立体はユニットを組むのに物凄く苦労しました。
組んでいる途中で何度もユニットを糊付けしたくなりましたが、何とか糊無しでこの形に組むことが出来ました。
しかし、組みあがると物凄く頑丈な立体になりました・・・組んでいる最中の苦労は何だったのか・・・?と疑問に思うぐらい頑丈です。^^;
b0035506_19504517.jpg

立体を別の角度から見たところです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-29 19:53 | 折り紙

”カプセル”とカプセルを繋ぐジョイント材”1”と”6”の追加。 その18


その17”に引き続き、布施知子さんの本「不思議な立体の世界」のP98~P99で紹介されている”カプセル”と、P100~P101で紹介されている”ジョイント材1”とP106で紹介されている”ジョイント材6”を2セット追加しました。
b0035506_19262834.jpg

「カプセル」のユニット12個と「ジョイント材1」のユニット24個と「ジョイント材6」のユニット12個です。
2セットを共に並べて写真を撮っています。
これら2セットのユニットを以前の立体に追加します。
b0035506_19274495.jpg

1枚目の写真の薄緑色のユニット群「カプセル」と「ジョイント材1」、そして「ジョイント材6」を追加した立体です。
これで正八面体の形が24個繋がった状態になりました。
糊付け等は一切しておりません。
b0035506_19282330.jpg

1枚目の写真の赤色のユニット群「カプセル」と「ジョイント材1」、そして「ジョイント材6」を追加した立体です。
これで正八面体の形が25個繋がった状態になりました。
糊付け等は一切しておりません。
b0035506_19292538.jpg

立体を別の角度から見たところです。
目的の3×3の立方体の形まで、後2セットとなりました。
残り2セット・・・明日追加出来るかなぁ・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-28 19:32 | 折り紙

135°のユニット(B´ユニットとCユニット)を使用して”切頂八面体”の作成。


布施知子さんの本「立体万華鏡」のP44~P47で紹介されている”135°のユニット”のB´ユニットとCユニットを使用して、”切頂八面体”の形をした立体を作成しました。
b0035506_18201495.jpg

「135°のユニット」です。
一番左のユニットが”B´ユニット”で、中央と右のユニットが”Cユニット”です。
ユニット数は、”B´ユニット”が12個で”Cユニット”が24個の合計36個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙で作成しています。
このユニットを全て組み合わせて”切頂八面体”の形を作ります。
b0035506_18213223.jpg

「135°のユニットの”B´ユニット”と”Cユニット”を使用して作成した”切頂八面体”」です。
糊付け等は一切しておりません。
”切頂八面体”の六角形の面に穴が空いている形になっています。
この立体はユニットを組むのに、かなり苦労しました。
途中で何度か糊付けをしたくなりましたが、何とか糊付けなしで組むことが出来ました。
何度もユニットを組んでは外しての作業を繰り返したので、折り紙が少しヨレヨレになってしまいました。^^;
b0035506_182614.jpg

立体を別の角度から見たところです。
一昨日に作成した”切頂六面体”と基本は同じユニットなのに、これだけ形が違う立体が出来るとは・・・ユニット折り紙は本当に面白いです。^^

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって・・・。
朝起きると、物凄く歯が痛みました。
あまりの歯の痛さに朝食も食べれず、口に何も入れていない状態でもかなり痛むので病院(歯科)に行きました。
かなり酷い虫歯かなぁ・・・まいったなぁ・・・と思いつつ行ったのですが、”う~ん、虫歯じゃないね、歯茎の中が炎症をおこしているよ、これは手がだせないねぇ”と歯医者さんに言われ、更に”4日~5日はこのままだねぇ、まあ仕方ないねぇ”と言われ、痛み止めと化膿止めの薬を貰いました。
何もしていない状態でも頭どころか首まで痛むような痛みなのに4・5日このままとは・・・。
とりあえず、物凄い痛みで固形物は一切食べられないので、今日一日はずっとスープと御粥ですごしましたが、後4・5日ずっとスープと御粥・・・う~む・・・まあ、仕方がないか・・・。
皆さんも歯茎の健康にはお気をつけを・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-27 18:39 | 折り紙

”両面かめのこ凸型立体”のユニットを36個使用した立体の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP54で紹介されている、”両面かめのこ凸型立体”を使用して、P80で紹介されている”36枚組”の立体を作成しました。
b0035506_195658.jpg

「”36枚組”の立体」に使用するユニットです。
ユニット数は36個です。
ユニットは、7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
b0035506_1955659.jpg

「”36枚組”の立体」です。
糊付け等は一切しておりません。
なかなか面白い形をしています。
”両面かめのこ”のユニットは色々と応用が出来て楽しいですね~。^^
このユニットを考案した布施知子さんは本当に凄いです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-26 19:15 | 折り紙

135°のユニット(AユニットとBユニット)を使用して”切頂六面体”の作成。


布施知子さんの本「立体万華鏡」のP44~P47で紹介されている”135°のユニット”のAユニットとBユニットを使用して、”切頂六面体”の形をした立体を作成しました。
b0035506_18404642.jpg

「135°のユニット」です。
一番左のユニットが”Aユニット”で、中央と右のユニットが”Bユニット”です。
ユニット数は、”Aユニット”が12個で”Bユニット”が24個の合計36個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙で作成しています。
このユニットを全て組み合わせて”切頂六面体”の形を作ります。
b0035506_18434892.jpg

「135°のユニットの”Aユニット”と”Bユニット”を使用して作成した”切頂六面体”」です。
糊付け等は一切しておりません、なかなか頑丈に出来ています。
”切頂六面体”の三角形の面と八角形の面に穴が空いている形になっています。
非常に面白い形です。^^
b0035506_18511593.jpg

立体を別の角度から見たところです。
う~む・・・面白い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-25 18:55 | 折り紙

”斜方20・12面体”の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP68で紹介されている、”両面かめのこ凹型立体”のAユニットを使用して、P76で紹介されている”斜方20・12面体”を作成しました。
b0035506_1841365.jpg

「斜方20・12面体」に使用するユニットです。
使用するユニットはAユニットで、ユニット数は120個です。
ユニットは、7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
b0035506_1844723.jpg

「斜方20・12面体」です。
120個のユニットを全て組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
b0035506_1871926.jpg

「斜方20・12面体」を別の角度から見たところです。
62面体なのですが、球に近い形に見えますね・・・う~む、面白い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-24 18:10 | 折り紙

立方体を一直線に5個繋いでペントミノ12種を作る。 その6


その5”に引き続き、立方体を一直線に5個繋いだ状態から、パタパタと折り畳むだけでペントミノの12種の形が全て作成出来るか試しました。
b0035506_17465869.jpg

写真左、立方体5個分のユニットと立方体同士を繋ぐためのユニットです。
写真右、写真左のユニットを使用して立方体5個作成して、ジョイント材のユニットで立方体を一直線に繋げました。
使用したユニットの内訳は、"Magic Rose Cube"のユニットが30個で、布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP11で紹介されているジョイント材Bをアレンジしたユニットが4個の合計34個です。(累計7174個)

今回は、ジョイント材を”上・上・下・上”の状態で繋げています。
今までに試したジョイント材の繋げ方は、以下の通りです。
その1”・・・”上・上・上・上”
その2”・・・”上・下・上・下”
その3”・・・”上・上・下・下”
その4”・・・”上・下・下・上”
その5”・・・”上・上・上・下”
”その6”・・・”上・上・下・上”

早速、各立方体をパタパタと折り畳みペントミノの12種の形が出来るか試しました。
b0035506_17505552.jpg

I型、L型です。
b0035506_17512771.jpg

F型、N型です。
b0035506_17514037.jpg

P型、U型です。
b0035506_1752079.jpg

W型、Y型です。
b0035506_1752147.jpg

Z型です。
この”上・上・下・上”の繋げ方ではペントミノ12種の内、この9種が出来ました。
作成出来なかった形はT型、V型、X型の3種類です。
b0035506_17533540.jpg

今までに作成した立体を並べました。
これで”上”と”下”の繋げ方は全パターン試し終わりました。

ここまでで、立方体を一直線に繋げた形で、テトロミノの5種類は出来る・・・ペントミノの12種類は出来ないということが解りました。
となると、次は立方体を6個一直線に繋げた形でヘクソミノの35種が出来るのかという疑問が沸いてきました。
ヘクソミノの35種の中には当然T型があるので、やはり出来ないかなぁ・・・う~む・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-23 18:15 | 折り紙

”切頂20面体”の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP68で紹介されている、”両面かめのこ凹型立体”のAユニットを使用して、P75で紹介されている”切頂20面体”を作成しました。
b0035506_1856275.jpg

「切頂20面体」に使用するユニットです。
使用するユニットはAユニットで、ユニット数は90個です。
ユニットは、7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
b0035506_185649100.jpg

「切頂20面体」です。
90個のユニットを全て組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
六角形と五角形の組み合わせ・・・う~む・・・立体は面白い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-22 19:01 | 折り紙

”20・12面体”の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP68で紹介されている、”両面かめのこ凹型立体”のAユニットを使用して、P74で紹介されている”20・12面体”を作成しました。
b0035506_18473146.jpg

「20・12面体」に使用するユニットです。
使用するユニットはAユニットで、ユニット数は60個です。
ユニットは、7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
b0035506_1848010.jpg

「20・12面体」です。
60個のユニットを全て組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
”20・12面体”は今まで色々な形を作成しましたが(”ジェミニ”や”BOREAS”、”エレクトラ”等)、やはりこの形は格好良いですね~。
この”両面かめのこ凹”のユニットで作成すると立体の輪郭がハッキリ出て立体の形が見易くなるのが良いですね。^^

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-21 18:53 | 折り紙