<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

パソコンの復旧作業。


今まで何の根拠もなく、”私はウィルスの被害には遭わないだろうな~”と思い続けてきて、実際今まで一度もウィルスの被害には遭遇しませんでした。
しかし、本日、いつものようにPCを起動しようと電源ボタンを押し・・・そして呆然としました・・・BIOSは正常で、HDDからはおかしな音もしていないのにPCが起動しませんでした。

え?・・・と思いましたが、昨日の夜、PCを終了するときにいつもよりもかなり長い間PCの電源が落ちなかったのを思い出しました。
その際、HDDがものすごい勢いでカタカタ音を立てていて少し不思議に思いつつもWindowsのUpdate処理をしているのかな?と思ったことも思い出しました。
しかし、今思うと、ウィルスソフトがHDD内のデータを消去していたのですね・・・恐らく・・・。

HDDが故障をしてPCが起動しないという症状や、メモリが壊れてPCが起動しない、またはBIOSが駄目になってPCが起動しない、という一般的?なPCの故障の仕方は今まで何度も経験をしてきましたがウィルスでPCが駄目になったのは初めてです。
ウィルスでPC破壊されたお方達の話を聞くたびに、”う~ん、大変だなぁ”と思いつつもあまり大変そうな実感はなかったのですが、実際に自身がウィルスの被害に遭遇すると・・・これはかなり精神的にキツイですね~、本当に参りました・・・。^^;

というわけで、本日はPCの復旧作業をしました。
不幸中の幸い・・・というより当たり前の話なのですがHDDは物理的には破壊されていないので、OSの再インストール及び各種ソフト・各種ドライバの再インストール、そしてWindowsUpdateを行って、何とかPCが復旧しました。
それにしても、HDD内のデータが全て無くなったのは辛いですね~・・・いつもいつもそうなのですが、データを失ってから”やはりバックアップは取るべきだった~!”と後悔するのですよね・・・。
今日からは、一ヶ月に一回はバックアップを取ることにします・・・。

しかし、一体いつウィルスが入り込んだのか(ウィルスを入れてしまったのか)全く検討がつきません・・・そこそこウィルスには用心をしていたのですが・・・今後は、より一層警戒していきます・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2007-03-31 20:26 | 日記

”切頂八面体”の積木の作成。 その2


その1”に引き続き、”切頂八面体”の展開図を立体に組み立てました。
b0035506_1917364.jpg

「切頂八面体」です。
その1”から12個作成して、数は28個となりました。
この28個の”切頂八面体”を使用して、ジーナ社の「ハニカム」のような構造の積木(紙なので積紙ですが^^;)を作成します。
問題は、”切頂八面体”の”正方形”の面で繋げるか”正六角形”の面で繋げるかですね・・・。
頭の中で悩んでいても仕方が無い・・・ということで、
b0035506_19214819.jpg

「正六角形」と「正方形」で繋げた形で積み上げてみました。
左側が”正六角形”の面で繋げた形で、右側が”正方形”の面で繋げた形です。

”正六角形”の面で繋げた形の方が安定性が高そうですが、”正方形”の面で繋げた形のほうはダイナミックな積み方が出来そうですね・・・う~む、どちらにしようかなぁ・・・。

・・・今、気が付きましたが”正六角形”の面で繋げる場合、”正方形”の面同士を隣にして繋ぐ方法と、”正方形”の面と”正六角形”の面を隣にして繋ぐ方法と二種類あるのですね・・・。
となると、これらを全て確かめる為には”切頂八面体”が後54個必要になりますね・・・どんどん数が増えていく・・・。^^;
う~む、まずはどの形から作成しようかなぁ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-03-30 19:46 | 折り紙

”切頂八面体”の積木の作成。 その1


昨日に作成した”切頂八面体”の展開図を、本日立体へと組み立てました。
b0035506_1915890.jpg

「切頂八面体」です。
数は16個です。
本日中に30個全て作成しようと気合を入れたのですが、16個作成した時点で時間がなくなってしまいました・・・。

残りの14個は明日だなぁ・・・と思い、一息入れてブログを見てみると、なんと「あそびをせんとや」さんのhhaseさんから衝撃のコメントを頂いているではありませんか!
私が作成しようと思っていたパズルは「切頂八面体」では作成不能で、理由は「切稜立方体」と「切頂八面体」は違う立体だということで・・・ということは、目の前に作成した16個の「切頂八面体」と14枚の展開図では目的のパズルは作成できないということで・・・。

”なんてことだ・・・”と思いつつ、もう一度立体の形を確かめようと「あそびをせんとや」さんを見てみると、「切稜立方体」と「切頂八面体」の違いについての記事(3月29日(木) 切稜立方体と切隅八面体)を書いてくださっておりました。
その記事をジックリと読んで、やっと「切稜立方体」と「切頂八面体」の違いが分かりました。
「切稜立方体」は、”菱形十二面体の次数4の頂点を切り落としたもの”・・・つまり、私が以前に作成した、布施知子さんの本「ひし形立体とおもしろBox」のP14~P15で紹介されている「穴あき立体」の形ということですね。
b0035506_19132516.jpg

「穴あき立体」です。
この立体を作成したときは全然気が付かなかったのですが、確かに”四角形”の穴の周りに、細長い六角形(正六角形ではない)が出来ています。
”切稜立方体”は、この形だったのですね・・・納得しました。
目的のパズルは、この「穴あき立体」を30個作成して作ることにします。^^
hhaseさん、コメントでのお教え、そしてWebページでの分かり易い説明、ありがとうございます~。
もう少しで、全く気づかずに”切頂八面体”を30個作成して、パズルのピースを作成するときに”あれ?同じ形にならない?”と悩むところでした。^^;

さて、既に16個作成してしまった”切頂八面体”と残りの展開図をどうしようか・・・と悩んだ結果、後12個”切頂八面体”を作成してジーナ社の”ハニカム”のようなピース構成の積木を作成することにしました。
問題なのは、”切頂八面体”を繋げるときに”正方形”の面で繋げるか、それとも”正六角形”の面で繋げるかですね・・・う~む、どちらも作成できるように”切頂八面体”を54個作成しようかなぁ・・・う~む・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-03-29 19:32 | 折り紙

”切頂八面体”のパズルの作成。 その1


いつも楽しく見させてもらっています「葉樹林」さんの日記(2007年 3月16日 切稜立方体パズル)、そして「あそびをせんとや」さんの日記(3月21日(水) 中川さんの切稜立方体ユニットによる立体パズル)で紹介してくださっている”切頂八面体”を繋げたパズルが非常に面白そうで、是非作ってみたい!と思っていたのですが、ピース構成が分からずに手が出せませんでした。

う~む、ピース構成が分からないと作成できないなぁ・・・残念だなぁ・・・と思っていましたら、なんと、「あそびをせんとや」さんの本日の日記(3月27日(火) 中川さんの切稜立方体ユニットによる立体パズル(その3))にて、ピース構成を紹介してくださっているではありませんか!

というわけで、早速”切頂八面体”の展開図をA4用紙にプリントアウトして切り抜きました。
b0035506_19284810.jpg

「切頂八面体の展開図」です。
数は30枚です。

折り紙か、ペーパークラフトかと作成方法を迷いましたが、出来るだけ早く遊びたかったので、ペーパークラフトで作成する方法を選びました。
「切頂八面体の展開図」は、多面体の地球儀の展開図をPDF及びjpgファイルで公開してくださっている「Map Projections: Polyhedron Maps」さんから頂きました。^^
b0035506_1937545.jpg

こうやって纏めてみて思いついたのですが、多面体の展開図のメモ帳や日めくりカレンダーがあれば面白そうです。
メモ用紙が不要になったら糊かテープで多面体に出来る!カレンダーの場合は一日一つ立体が出来る!う~む、これは面白そうだ・・・。
どこかのメーカーさん・・・こういうメモ帳やカレンダーを販売してみませんか~、私は購入しますよ~。^^;

本日は、展開図を30枚切り抜くだけで時間がなくなってしまいました・・・明日は”切頂八面体”を作成して、出来ればピースを幾つか作成できればいいなぁ・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2007-03-28 20:00 | パズル

”菱型12面体の骨組み”の中に「”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れた立体」を入れる。


布施知子さんの本「ひし形立体とおもしろBox」のP28~P33で紹介されている”ひし形12面体の骨組み(12-F)”を作成し、その立体の中に昨日作成した「”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れた立体」を入れました。
b0035506_18582849.jpg

「ひし形12面体の骨組み」のユニットです。
ユニット数は、24個です。
ユニットは、A4用紙の十六分の一の大きさの紙で作成しています。
b0035506_18595760.jpg

「ひし形12面体の骨組み」と「”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れた立体」です。
どちらの立体も糊付け等は一切しておりません。

そして、”ひし形12面体の骨組み”の中に「”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れた立体」を入れました。
b0035506_192486.jpg

「”ひし形12面体の骨組み”の中に「”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れた立体」を入れた立体」です。
外側から順番に”ひし形12面体”・”立方体”・”正4面体”の三重構造になっています。
この立体を振っても、中の立体(立方体・正4面体)は全く動きません。
見事にピッタリ収まっています。
b0035506_1952711.jpg

立体を別の角度から見たところです。
b0035506_1964815.jpg

更に別の角度から見たところです。
う~む、やはり面白い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-03-27 19:08 | 折り紙

”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れる。


布施知子さんの本「ひし形立体とおもしろBox」のP44~P45で紹介されている「立方体の骨組み」とP43で紹介されている「60°のユニット」で作成した”正4面体の骨組み”を作成し、”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れました。
b0035506_1958643.jpg

「立方体の骨組み」と「正4面体の骨組み」のユニットです。
ユニット数は、”立方体の骨組み”は12個で、”正4面体の骨組み”は6個です。
どちらのユニットも、A4用紙の四分の一の大きさの紙で作成しています。
b0035506_2013389.jpg

「立方体の骨組み」と「正4面体の骨組み」です。
どちらの立体も糊付け等一切していません・・・どちらもかなり頑丈に出来ています。

そして、「立方体の骨組み」の中に「正4面体の骨組み」を入れました。
b0035506_204113.jpg

「”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れた立体」です。
見事にピッタリ収まっています。
b0035506_2052942.jpg

「”立方体の骨組み”の中に”正4面体の骨組み”を入れた立体」を別の角度から見たところです。
う~む、面白い・・・。

明日は、この立体を「菱形12面体の骨組み」の中に入れようと思っています・・・明日・・・出来るかなぁ・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2007-03-26 20:09 | 折り紙

”川本喜八郎 人形美術館”。 その2


昨日に行った「川本喜八郎 人形美術館」で手に入れた物・・・。
b0035506_19182955.jpg

「ポストカード 8枚セット」と「しおり」です。
初日だけなのか、それとも永久になのかは分かりせんが、これら二つは只で配布をしていました。^^
机の上に置かれた”ポストカード”を手に取ったところ、”友達の分も持っていって~”とスタッフのお方に声をかけられ8枚セットの”ポストカード”と”しおり”を二組手渡してくださいました。^^
川本喜八郎さんの人形ファンとしては嬉しい一品です。
b0035506_19223199.jpg

「川本喜八郎 人形美術館パンフレット」と「入場券」です。
初日だけ、入場無料でした・・・入場無料なのは凄く嬉しかったのですが、そんなことは露しらず、入り口前で待っている間に千円札を取り出しいつでも払えるように準備をして、入場する際に千円札を握り締め、”ど、どこでお金を払うのだろう?人が沢山並んでいるから手間がかからないように注意をしないと・・・”と気を張っていただけに、少し肩透かしをくらった気分になりました。^^;
b0035506_19321567.jpg

「川本喜八郎 ANIMATION&PUPPET MASTER」です。
この本に、川本喜八郎さんにサインをしていただきました。^^
実は、この本を購入するのは二度目です。
”二冊も同じ本を購入・・・”と最初かなり迷いましたが、川本喜八郎さんとお話が出来るのも、握手するのも、サインを貰うのも一生に一度だけかもしれない・・・と考え、本を購入して、サインをしていただきました。
そして、サインをしていただいて正解でした・・・短い間だけですが川本喜八郎さんとお話することが出来ましたし、握手もしてもらえ、更には写真まで撮らせていただいて・・・サイン会に参加して良かった~!と心から思いました。

そして、少し残念だったこと・・・。
「前・出師の表」の全文が書かれた扇子がグッズ販売店で販売していたのですが、折悪しく(私がグッズコーナーに立ち寄るのが遅かった・・・)売り切れで購入できませんでした・・・。
物凄く格好の良い扇子なので是非欲しかったのですが・・・う~ん、残念です。

今回”川本喜八郎 人形美術館”に展示してあった人形は「人形劇三国志」と「死者の書」だけだったので、ここから更に「平家物語」やその他の作品の人形が展示に加わった時、また”川本喜八郎 人形美術館”に行きたいですね~。^^
[PR]
by naru8090 | 2007-03-26 19:57 | 日記

”川本喜八郎 人形美術館”。


数年前に、川本喜八郎さんの美術館が建設されると聞いてから、OPENする日を待ちに待っていた、「川本喜八郎 人形美術館」が本日午後一時についにOPENするということで、早速行ってきました。

朝8時に家を出発して、午後12時過ぎに長野県飯田市のJR飯田駅前に到着し、午後12時30分頃に「川本喜八郎 人形美術館」に到着しました。
OPENする30分前に到着したのですが、既に沢山の人が並んでおりました・・・、その人の並びを写真に収めようと思いながらも写真を撮るのを忘れてしまいました。^^;
b0035506_21532628.jpg

「川本喜八郎 人形美術館」のビルの外からの写真です。
”川本喜八郎 人形美術館”は、このビルの2階・3階です。
b0035506_2158442.jpg

ビルの二階、「川本喜八郎 人形美術館」の入り口前の写真です。

美術館の中は写真撮影は完全に禁止!と説明を受けた後、”一つ例外がありまして、今日は特別にエントランスの関羽の人形だけは写真を撮ってもらってもOKです”という説明があり、
b0035506_2232645.jpg

関羽の人形の写真を撮らせてもらいました。^^
関羽の人形の後ろに写っているのは、”前・出師の表”です。
”前・出師の表”の全文が書かれています。

そして、川本喜八郎さんの素晴らしい人形(本日展示されていたのは”人形劇三国志”と”死者の書”の人形のみでした)を見て回りました。
素晴らしい!の一言に尽きます、どの人形を見てもまさに「生きている」という感じで、今にも動き出しそうな・・・というか何と言うか”人形”とハッキリ分かっているのにリアリティがあるというか・・・う~む、表現するのが難しいですが、とにかく素晴らしい!です。^^;

人形をジックリ見て回った後、川本喜八郎さんのサイン会に参加しました。
b0035506_22174327.jpg

「川本喜八郎」さんです。
サイン会で、本にサインをしてもらった後に「写真を撮っても良いですか?」と聞いたところ「かまいませんよ~」と快く承諾してくださり、写真を撮らせて貰いました。^^
その後、握手もしてくださり、最高の思い出となりました。
川本喜八郎さん、ありがとうございました。^^

そして、本日手に入れた物・・・の日記は明日にします・・・本日は非常に楽しい一日でした。^^
[PR]
by naru8090 | 2007-03-25 22:23 | 日記

”菱形12面体の骨組み”の中に”正8面体”を入れる。


布施知子さんの本「ひし形立体とおもしろBox」のP28~P33で紹介されている”ひし形12面体の骨組み(12-F)”とP38~P40で紹介されている”(12-F)の中に入れる正8面体”を作成し、”ひし形12面体の骨組み(12-F)”の内部に”(12-F)の中に入れる正8面体”を入れました。
b0035506_191336.jpg

「ひし形12面体の骨組み」と「(12-F)の中に入れる正8面体」のユニットです。
ユニット数は、”ひし形12面体の骨組み”が24個、”(12-F)の中に入れる正8面体”が2個です。
”ひし形12面体の骨組み”のユニットはA4用紙の十六分の一の大きさの紙で作成し、”(12-F)の中に入れる正8面体”のユニットはA4用紙一枚で作成しています。
b0035506_1911329.jpg

「ひし形12面体の骨組み」と「(12-F)の中に入れる正8面体」です。
どちらの立体も糊付け等は一切しておりません。

そして、「ひし形12面体の骨組み」の内部に「(12-F)の中に入れる正8面体」を入れました。
b0035506_1912272.jpg

「”ひし形12面体の骨組み”の内部に”(12-F)の中に入れる正8面体”を入れた立体」です。
シッカリと”正8面体”が”菱形12面体の骨組み”の中に納まっています。
この立体も以前作成した立体(正4面体正6面体)と同様、手に持って振っても中の”正8面体”は全く動きません・・・見事です。
b0035506_1904085.jpg

「”ひし形12面体の骨組み”の内部に”(12-F)の中に入れる正8面体”を入れた立体」を別の角度から見たところです。
b0035506_1914866.jpg

更に別の角度から見たところです。
う~む、面白い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-03-24 19:04 | 折り紙

”菱形12面体の骨組み”の中に”正6面体”を入れる。


布施知子さんの本「ひし形立体とおもしろBox」のP28~P33で紹介されている”ひし形12面体の骨組み(12-F)”とP36~P37で紹介されている”(12-F)の中に入れる立方体”を作成し、”ひし形12面体の骨組み(12-F)”の内部に”(12-F)の中に入れる立方体”を入れました。
b0035506_19359.jpg

「ひし形12面体の骨組み」と「(12-F)の中に入れる立方体」です。
”ひし形12面体の骨組み”のユニットはA4用紙の八分の一の大きさの紙で作成し、”(12-F)の中に入れる立方体”のユニットはA4用紙一枚で作成しています。
ユニット数は、”ひし形12面体の骨組み”が24個、”(12-F)の中に入れる立方体”が3個です。
どちらの立体も糊付け等は一切しておりません。

そして、「ひし形12面体の骨組み」の内部に「(12-F)の中に入れる立方体」を入れました。
b0035506_1952665.jpg

「”ひし形12面体の骨組み”の内部に”(12-F)の中に入れる立方体”を入れた立体」です。
見事に”立方体”が収まっています。
b0035506_197317.jpg

「”ひし形12面体の骨組み”の内部に”(12-F)の中に入れる立方体”を入れた立体」を別の角度から見たところです。
う~む、面白い。
b0035506_1972338.jpg

更に別の角度から見たところです。
以前に作成した「”ひし形12面体の骨組み”の内部に”(12-F)の中に入れる正4面体”を入れた立体」もそうでしたが、こちらの”立方体”も”菱型12面体”の内部空間にピッタリと収まっていて、立体を振っても中の”立方体”は一切動きません・・・本当に見事です。

さて・・・次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-03-23 19:12 | 折り紙