「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

"Magic Rose Cube"のユニットのアレンジと他ユニットの複合形でnaef社の積木"ディアボ"を作る。


kamoppieさんのブログ「Kleine Erfrischung」の”Nov 26, 2006 diavo完成・・・ようやく(^^) ”の記事にて、naef社の"Diavo"(ディアボ)を折り紙で作成していらっしゃるのを見て、非常に面白そうだと思い、私も作成してみました。
b0035506_18423849.jpg

折り紙で作成した「ディアボ」です。
今回は少し残念なことに、木工用ボンドを使用している箇所があります。
使用したユニットの内訳は以下の通りです。
□ ”Magic Rose Cube”のユニットのアレンジ40個(累計6452個)
□ 正方形のタイル4個 (川村みゆきさんの本「はじめての多面体おりがみ」のP92参照)
□ 長方形のタイル8個 (川村みゆきさんの本「はじめての多面体おりがみ」のP92参照)
□ 直角三角形のタイル8個(川村みゆきさんの本「はじめての多面体おりがみ」のP93参照)
使用したユニット数の合計は60個です。
b0035506_18494362.jpg

そして、早速積み上げました。
写真左、”ディアボ”のピース四つを並べたところですが・・・青い三角柱と赤い四角柱を糊付けしたときに少しずつズレていたようでキッチリ真四角に収まっていません。^^;
b0035506_18523048.jpg

まあこれぐらいのズレならいいかと考え、更に積み上げました。
b0035506_1854394.jpg

更に・・・。
b0035506_18544186.jpg

更に・・・、流石naef社の積み木だけあって面白いですね~。
しかし積み上げていると、一旦は”まあ、いいか・・・”と思ったはずの青い三角柱と赤い四角柱のズレが気になりますね・・・やはり作り直そうかな・・・う~む。^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-11-29 18:58 | 折り紙

針金で作られた”自転車”。


数日前、母が静岡は大井川鐵道へ日帰りの旅行に行きました。
SLに乗って大変楽しかったそうですが、その旅行の帰り道にトイレ休憩で寄った「とある場所」に、”その場で一本の針金をペンチで折り曲げていって色んな形を作っているもうお爺さんと呼んでもよいぐらいの外見のお方が居た”そうです。
そして、そのお爺さん?は、その場所を借りて趣味で針金作品を作成して販売をしているそうです。

そしてこちらが・・・、
b0035506_18163318.jpg

そのお方から購入した「一本の針金を折り曲げるだけで作成された自転車」です。
シッカリと自立しています。
非常に見事な作品です・・・一本の針金を折り曲げただけなので、針金の”始まり”と”終わり”があるはずなのですが、ソレが何処にあるのか分からないように巧妙に隠してあります・・・凄いです。^^;

初め、母がこのお方を見つけたとき、このお方のお店の周りには人が一人も居なかったそうです、しかし母がこの作品を見つけて「あ!すごい!これどうやって作ったの!?」と声をかけたら、あっという間に人だかりが出来て(母の声は大きいのです・・・^^;)、あっという間に並んでいた商品が売れていって・・・結局母が買えたのはこの「自転車」一つになってしまったそうです。(他に”バイク”とか”ヘリコプター”等の凄い作品が並んでいたそうです。)
b0035506_1829396.jpg

「スタンドも付けるよ~」と言って、「自転車」を飾っておける「スタンド」を付けてくれたそうです。
写真左、「スタンド」です。
写真右、「スタンド」に「自転車」を載せたところです。
この「スタンド」も勿論針金一本で出来ています・・・見事です。

ただ残念なことに、場所は「トイレ休憩で10分だけ寄ったところだから分からない」ということで、更に「あまりに人だかりが出来てしまったので名前とお店の名前も聞けなかった」そうで・・・。
う~ん・・・残念・・・どなたかこのお方のことをご存知のお方はいらっしゃいませんか~?^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-11-28 18:33 | 日記

”カプセル”とカプセルを繋ぐジョイント材”1”と”6”の追加。 その5


引き続き、布施知子さんの本「不思議な立体の世界」のP98~P99で紹介されている”カプセル”と、P100~P101で紹介されている”ジョイント材1”とP106で紹介されている”ジョイント材6”を追加しました。
b0035506_1915512.jpg

写真左、「カプセル」のユニット5個と「ジョイント材1」のユニット12個です。
写真右、「カプセル」のユニット1個と「ジョイント材6」のユニット2個です。
これらのユニットを、以前の立体に追加します。
b0035506_19152958.jpg

「カプセル」のユニット5個と「ジョイント材1」のユニット12個を追加しました。
これで正八面体が六つになりました。
b0035506_19163125.jpg

そして、「カプセル」のユニット1個と「ジョイント材6」のユニット2個を追加しました。
糊付け等は一切しておりません。
バランス良く自立しています。
やはり崩壊の気配は全くありません、非常に頑丈に出来ています。
さて・・・どんどん追加していこう・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-11-27 19:20 | 折り紙

”カプセル”とカプセルを繋ぐジョイント材”1”と”6”の追加。 その4


その3」から一ヶ月と8日ぶりに、布施知子さんの本「不思議な立体の世界」のP98~P99で紹介されている”カプセル”と、P100~P101で紹介されている”ジョイント材1”とP106で紹介されている”ジョイント材6”を追加しました。

日が経つのは早いですね~。^^;
b0035506_17502715.jpg

写真左、「カプセル」のユニット5個と「ジョイント材1」のユニット12個です。
写真右、「カプセル」のユニット1個と「ジョイント材6」のユニット2個です。
これらのユニットを、以前の立体に追加します。
b0035506_17505777.jpg

「カプセル」のユニット5個と「ジョイント材1」のユニット12個を追加しました。
これで正八面体が五つになりました。
写真左、斜め上から見たところです。
写真右、真上から見たところです。
b0035506_1752867.jpg

そして、「カプセル」のユニット1個と「ジョイント材6」のユニット2個を追加しました。
糊付け等は一切しておりません。

まだまだ、頑丈に出来ています。
全く崩壊する気配がありません。
このユニットの結合力は強いですね~、この調子だと立方体の形を飛び越えて更に先まで糊付けなしでいけるかもしれませんね~。
さて、どんどん追加していこう・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-11-26 17:58 | 折り紙

”エッジ立方体 星窓・中”の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP51で紹介されている「エッジ立方体 星窓・中」を作成しました。
b0035506_186258.jpg

「エッジ立方体 星窓・中」に使用するユニットです。
ユニット数は12個です。
b0035506_1871251.jpg

「エッジ立方体 星窓・中」です。
糊付け等は一切しておりません。
b0035506_18102755.jpg

作成した「エッジ立方体 星窓」を三つ並べました。
左から順に小・中・大です。

中と大は、”星窓”の大きさがほぼ同じに見えるのですが、実際手にとって比べてみると確かに大きさが違います。
私は、”星窓・中”の立方体を作成している最中に二回も”星窓・大”の立方体と”星窓”の大きさを比べてしまいました。

しかし、改めて写真で見ると・・・やはり”大”と”中”の星窓の大きさが同じか、または”中”の方が大きく見えますね・・・これは立方体を形作るユニットの色のせいでしょうか・・・。
う~ん、また手にとって確かめたくなってきた・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-11-25 18:17 | 折り紙

”エッジ立方体 星窓・小”の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP50で紹介されている「エッジ立方体 星窓・小」を作成しました。
b0035506_1839276.jpg

「エッジ立方体 星窓・小」に使用するユニットです。
ユニット数は12個です。
b0035506_1840786.jpg

「エッジ立方体 星窓・小」です。
糊付け等は一切しておりません。

昨日作成した「星窓・大」よりも頑丈に出来ています。
壁に投げつけられるほど頑丈ではありませんが・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-11-24 18:45 | 折り紙

”エッジ立方体 星窓・大”の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP48~P49で紹介されている「エッジ立方体 星窓・大」を作成しました。
b0035506_18572881.jpg

「エッジ立方体 星窓・大」に使用するユニットです。
ユニット数は12個です。
b0035506_18581866.jpg

「エッジ立方体 星窓・大」です。
糊付け等は一切しておりません。
なかなかシッカリと組みあがっています、床に転がす程度ならば形は崩れないと思います。

”久々に布施知子さんの作品を作成したなぁ・・・”という気分になり、あれ?そういえば前に作成したのはいつだったかな?と思い調べてみると、10月18日の記事(”カプセル”とカプセルを繋ぐジョイント材”1”と”6”の追加。 その3)が最後でした。
一ヶ月以上、布施知子さんの作品から離れていたとは・・・私はもっと頻繁に作成していると思い込んでいたので我がことながら少し驚きました。^^;
布施知子さんの作品で、まだまだ作りたい作品が山のようにあるので、これから気合入れて作成していかねば・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-11-23 19:19 | 折り紙

”指にはめて遊べる紙龍”の作成。


追記
====
SiRYUさんから頂いたコメントにより、この作品の正式名称が「キッド」という名前だと分かりましたので、記事を修正します。
====

11月12日のクリエーターズマーケットにて購入した、”紙龍”さんの作品”キッド”を作成しました。
b0035506_18482494.jpg

「キッド」です。
この作品は、作成するのにかなり苦労しました。
何故ならば・・・組み立て説明書が付いてなかったからです。^^;
A4の用紙から部品をハサミで切り取った後、さてこれらの部品をどう繋げれば龍が出来るのかと、かなり迷いながら作成しました。
従って写真の龍の形で正しいのかどうか分かりません。
しかし一応”龍”の形になり、更に目的どおり”指にはめて遊べる”ので、これで良しということにしておきます。^^;
b0035506_18561784.jpg

「キッド」を別の角度から見たところです。
この”龍”は自立が出来ないので、布施知子さんの作品「四角はらまき」を支えにしています。

飾って置くだけでも結構格好良いですが・・・今改めて見てみると背中と腹が逆かも・・・と思えてきました・・・う~む・・・正しい”龍”の形がどこかで見れないかなぁ・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-11-22 19:03 | 折り紙

”つぶれる12面体の地球”の作成。


11月12日のクリエーターズマーケットにて購入した、”(有)ワイズ・マーケティング”さんの作品”つぶれる12面体の地球”を作成しました。
b0035506_18561243.jpg

「つぶれる12面体の地球」です。
比較的簡単に作成できました。
作成時間は約30分です。

この12面体の地球儀の上に、
b0035506_191937.jpg

重りを置くと、ペシャッと潰れてしまいます。(指で押しても同様の結果になります)
そしてこの重りを外すと、アッという間に元の12面体に戻ります。
12面体が綺麗に潰れ、そしてアッという間に戻る様が非常に面白いです。^^

これは静止画でなく、是非とも動画で見て欲しいと思い、12面体が潰れて戻る様を撮影してYouTubeに載せました。
その動画はこちらです。
"潰れる正12面体の地球儀"の潰れる→戻るの動画。

さて、次は「紙龍」さんの作品を作らねば・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-11-21 19:08 | 折り紙

珈琲豆の焙煎。


焙煎豆が尽きたので、珈琲豆の焙煎を行いました。
使用した生豆は「モカ イルガチョフG1」、量は200gで100gずつ二回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に、48℃のお湯で皮と汚れを洗い流しました。
b0035506_18431110.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が1ハゼ終了後1分で焙煎を終了した豆(焙煎時間約14分)で、盆の下側が2ハゼが完全に終了するまで焙煎した豆(焙煎時間約16分)です。
b0035506_1846444.jpg

写真右、盆の上側です。
写真左、盆の下側です。
流石に色の違いはハッキリとしています。

前回も思いましたが、やはり「モカ イルガチョフG1」は焙煎がし易いです。
1ハゼの音がハッキリと聴こえてきて、シッカリと豆も膨らみ、さらに2ハゼの音もハッキリと聴こえてきます。
しかも焙煎後のハンドピックで取り除かれる豆が1粒か2粒程度という綺麗さ・・・これは見事です。
これが所謂”当たりのロット”というものなんでしょうかね・・・それともこれこそがスペシャリティ珈琲の実力でしょうか・・・う~む・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-11-20 18:52 | 珈琲