<   2006年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「モカ イルガチョフG1」の焙煎。


数日前に購入した三種類の生豆の内、どれから焙煎を行おうか迷いましたが、一番豆の状態が良かった「モカ イルガチョフG1」を最初に飲んでみることにしました。
b0035506_1931767.jpg

「モカ イルガチョフG1」の生豆です。
200g を 100g ずつ二回に分けて焙煎します。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を落しました。
豆の見た目は非常に綺麗です・・・さて、焙煎してどう変わるか・・・。
b0035506_19323339.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの豆です。
焙煎時間は16分~17分の間、2ハゼが始まったと同時に焙煎を終了しています。
b0035506_1939398.jpg

焙煎後の豆の拡大写真です。
焙煎後の豆も綺麗です・・・う~む、この豆はなかなか良いですね~。

さて、後は味ですね。
明日飲むのが楽しみです・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-31 19:43 | 珈琲

"Magic Rose Cube"のユニットのアレンジでnaef社の積木”アングーラ”を作る。 その5


”アングーラ”のジョイント材をどうしようかと悩んでいたところ、 kamoppieさんから「布施知子さんの”四角はらまき(小)”で代用できるかも?」というアイデアを戴きました。

kamoppieさんが参照された本は布施知子さんの本「ユニットあらかると」ということですが、私はその本を持っていないので、同じく布施知子さんの本「立体をつくろう」のP49に紹介されている”四角はらまき”(多分同じユニットだと思います^^;)を作成して試してみました。
b0035506_1922735.jpg

まずは「四角はらまき」を一つ作成し、”アングーラ”のピースを積み上げました。
これは見事です、”アングーラ”のジョイント材特有の”下の段から90度回転させて積む”という積み方も実現でき、更に「四角はらまき」に差し込んだピースはシッカリと安定をしています・・・完璧です。
b0035506_19105487.jpg

ジョイント材はこれ以外は考えられない・・・ということで、早速「四角はらまき」を4つ作成しました。

そして作成したジョイント材を使用して”アングーラ”を積み上げてみました。
b0035506_19154842.jpg

やはりジョイント材があると、積み上げる幅が広がりますね~。
b0035506_19172335.jpg

さらに積み上げました。
b0035506_19175463.jpg

さらに・・・上の写真の下から二番目のピースと一番上の立方体のピースを90度回転させてます。
b0035506_19191162.jpg

さらに・・・う~ん、これは楽しい。

しかし、5cm×5cmの折り紙で作成した方がもっと遊べるような気がしてきました・・・やはり5cm×5cmでも作ってみようかな・・・。
というか・・・本物の”アングーラ”が欲しくなってきました・・・う~む。^^;

kamoppieさん、「四角はらまき」のジョイント材は完璧でした。
アイデア、アドバイス、ありがとうございました~。^^
[PR]
by naru8090 | 2006-08-30 19:28 | 折り紙

あや織り球状体。


布施知子さんの本「不思議な立体の世界」の、P42 ~ P44で紹介されている「あや織り球状体」と、P44で紹介されている「あや織り球状体のひと工夫バージョン」を作成しました。
b0035506_2023741.jpg

「あや織り球状体」のユニットです。
この12個のユニットを組み合わせて「あや織り球状体」を作成します。
b0035506_2034048.jpg

「あや織り球状体」です、”正八面体の星型”の形になっています。
糊付け等は一切していません、かなり丈夫に出来ています。

b0035506_2074370.jpg

「あや織り球状体のひと工夫バージョン」のユニットです、「あや織り球状体」のユニットから更に二折り手を加えています。
この12個のユニットを組み合わせて「あや織り球状体のひと工夫バージョン」を作成します。
b0035506_2092662.jpg

「あや織り球状体のひと工夫バージョン」です、”正八面体の星型”の形になっています。
糊付け等は一切していません、こちらもかなり丈夫に出来ています。
「あや織り球状体」との違いは、”正八面体の星型”の各頂点が三角形の形で凹んでいる点です。

このユニット30個で”正二十面体の星型”も出来るそうなので、そちらも作ってみたいですね~。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-29 20:21 | 折り紙

生豆が尽きたので、新たに三種類購入しました。


珈琲の生豆が尽きてしまったので、新たに三種類購入しました。
b0035506_18551062.jpg

b0035506_18552357.jpg

購入した生豆は、「モカ ジェマドロ(網干し)」・「ブラジル フォルハドス」・「モカ イルガチョフG1」の三種類で、重さはいずれも2kg、合計6kgです。

そして早速、ハンドピックを行いました。
その結果・・・、
「モカ ジェマドロ(網干し)」 30g
「ブラジル フォルハドス」 25g
「モカ イルガチョフG1」 15g
合計70g のクズ豆(死豆・虫食い豆・カビ豆)が出ました。

今回の三種類はいずれも豆の状態が凄く良く、クズ豆が少ないです。
特に「モカ イルガチョフG1」の綺麗さには驚きました・・・袋を開けて豆が見えた瞬間に「うわ!綺麗!これハンドピックの必要ないのでは?」と思ってしまったくらいです。^^;

さて、どれから焙煎しようかな・・・。

そういえば、以前に購入した「ブラジル スクリーン18 クルゼイロ」・「モカ ラッコマウンテン G2」・「ニカラグア サンタクララ (オークションロット)」の三種類、合計6kgは、いつ購入したのだったかな・・・?と思い調べてみたところ、丁度一年前ですね・・・う~む、6kgで一年持ったか・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-28 19:18 | 珈琲

"Magic Rose Cube"のユニットのアレンジでnaef社の積木”アングーラ”を作る。 その4


naef社の積木”アングーラ”のL字型ピースの最後の1ピースを作成しました。
b0035506_1901733.jpg

濃い青色のピースです、ユニット数は70個です。
糊付け等は一切しておりません。
これで、立方体を合わせたL字型のピースが全部揃いました。
全ユニット数は342個です。(累計2854個)

早速、最後の1ピースを加えて、積み上げてみました。
b0035506_195370.jpg

流石に一番大きい濃い青のピースは糊付け無しでは厳しいかなという感じがしました。
少し慎重に取り扱わないとユニット同士が外れそうになります。
よりシッカリと遊ぶのならば、やはり糊付けは必要になりますね・・・その点は少し残念です。
b0035506_1911455.jpg

さらに積み上げてみました。
バランスは大丈夫ですが、遊ぶたびにユニット同士の結合力と紙の強度が落ちていっているような気がします・・・。
これは立方体以外の全ピース、糊付けが必要かもしれません。^^;

後は、ジョイント材ですが・・・色々と思案しましたが、どうしても上手くいかないので、”ジョイント材無しのアングーラ”ということで今はこれで完成ということにしておきます・・・う~む、しかし何か良い手はないか・・・。

この”アングーラ”は、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しましたが、これを5cm×5cmの折り紙で作成すれば、紙の強度が上がって、もしかすると糊付けは必要なくなるかもしれませんね・・・。
5cm×5cmでも作成してみようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-27 19:18 | 折り紙

"Magic Rose Cube"のユニットのアレンジでnaef社の積木”アングーラ”を作る。 その3


引き続き、naef社の積木”アングーラ”のピースを2つ作成しました。
b0035506_1916143.jpg

濃緑のピースと少し濃い青のピースを作成しました。
ユニット数は116個です。
糊付け等は一切しておりません。
b0035506_19175775.jpg

今まで作成したピースを並べて見ました。
やはり、トーヨーの折り紙は発色が良いですね~。

”アングーラ”のL字型ピースは残り1ピースとなりました。
ピースが全部揃ってから遊ぼうかと思っていましたが、待ちきれずに少し遊んでみました。
b0035506_19193519.jpg

流石は”アングーラ”、ジョイント材無しでもなかなか面白いです。
全てのピースが糊付け無しなので、下の方のピースが潰れる(ユニットが潰れる)かと思いましたが、どうやら大丈夫のようでホッとしました。
b0035506_1925396.jpg

さらに遊んでみました。
シッカリとこの形でバランス良く自立しています。
この調子ならば、一番大きい最後の1ピースを追加しても問題がなさそうです。

さて、残り1ピース・・・明日、作れるかなぁ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-26 19:29 | 折り紙

"Magic Rose Cube"のユニットのアレンジでnaef社の積木”アングーラ”を作る。 その2


昨日に引き続き、naef社の積木”アングーラ”のピースを2つ作成しました。
b0035506_1992618.jpg

アングーラの黄色と薄緑のピースです、ユニット数は84個です。
糊付け等は一切していません。
b0035506_19111040.jpg

並べ替えてみました。
L字型のピースは残り3ピースですね・・・う~む、ジョイント材はどうしようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-24 19:13 | 折り紙

"Magic Rose Cube"のユニットのアレンジでnaef社の積木”アングーラ”を作る。 その1


以前作成した”キュービックス”が上手く出来たので、次は、同じくnaef社の積木の傑作の一つ”アングーラ”を作成することにしました。
ただ、私は本物の”アングーラ”を持っていないので、ネットショップの画像を見て”アングーラ”のピース構成を確認しました。

”アングーラ”の13のピースの内、L字型の9つのピースはユニットさえあれば作成できますが、問題は、ジョイント材の4つのピースですね・・・これをどう作ろうかと考えましたが、結局良い案が思い浮かばなかったので、ひとまずジョイント材は置いておいてL字型の9つのピースを全て作ることにしました。
b0035506_19115215.jpg

「アングーラ」のL字型のピース4つです、ユニット数は72個です。
糊付け等は一切しておりません。
一番右の立方体は本物は茶色なのですが、茶色の折り紙が無かったので、出来るだけ近い色を選んで作りました・・・う~む、茶色の折り紙を買うべきかな・・・。^^;
b0035506_19211782.jpg

並び替えてみました。
この4つだけでも結構面白いです。^^

明日から”アングーラ”のピースを順次作成していきます・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-23 19:26 | 折り紙

”正十二面体”と”正二十面体”。


川村みゆきさんの本「はじめての多面体おりがみ」のP38~P39で紹介されている「正十二面体」と、P40~P42で紹介されている「正二十面体」を作成しました。
b0035506_19292723.jpg

「正十二面体」です。
写真左の十二のユニットを組み合わせて写真右の”正十二面体”を作ります。
糊付け等は一切していません。
結構頑丈に出来ています、床の上で転がしたぐらいでは崩れないぐらいの強度があります。
b0035506_19332422.jpg

「正二十面体」です。
写真左の十のユニットを組み合わせて写真右の”正二十面体”を作ります。
糊付け等は一切していません。
こちらは、”正十二面体”とは正反対でかなり脆いです。
簡単にユニットがバラバラになってしまいます。
今まで作成した正多面体ユニットの中では最弱です・・・。^^;

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2006-08-22 19:40 | 折り紙

”正六面体”と”正八面体”。


川村みゆきさんの本「はじめての多面体おりがみ」のP34~P35で紹介されている「正六面体」と、P36~P37で紹介されている「正八面体」を作成しました。
b0035506_19253100.jpg

「正六面体」です。
写真左の六つのユニットを組み合わせて写真右の”正六面体”を作ります。
糊付け等は一切していません。
結構頑丈な作りになっています。
b0035506_1926526.jpg

「正八面体」です。
写真左の四つのユニットを組み合わせて写真右の”正八面体”を作ります。
糊付け等は一切していません。
こちらは少々ユニット同士の結合が弱いです、少し衝撃を与えただけで崩れそうになります。

明日は正十二面体と正二十面体を作ろうかな・・・。

そういえば、昨日・本日の高校野球の決勝戦は凄かったですね~。
両エースともよく投げきりましたね・・・しかし、両人とも肩は大丈夫なのでしょうか・・・連投させずに一日ぐらい休ませることは出来なかったのでしょうか・・・。
毎年思うのですが連戦・連戦で選手達が可哀想です・・・あれはどうにかならないものなのでしょうかね・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2006-08-21 19:44 | 折り紙