「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

吉野家の牛丼(並盛)と、炊飯器。


何か面白そうなペーパークラフトはないかと、サイトを巡っていたら・・・「ぺーぱーかめら」さんのサイトの「ペーパークラフト」のページで公開して下さっている、「吉野家 牛丼(並盛)」を発見しました。
これは、面白そうだと思い、早速作ってみました。
b0035506_2032188.jpg

「吉野家 牛丼(並盛)」です。
ドンブリも見事な出来ですし、上に乗せる具材も実写なので、結構リアルです・・・。
今、PCの液晶画面とキーボードの間に、これを置いていますが・・・う~む、牛丼食べたくなってきた・・・明日は牛丼にしようかな・・・。

さらに、何か面白そうな物は・・・と探していたら、「探検キッズ|松下電器産業株式会社」さんのサイトの、「体験おもしろエリア」の、「つくっちゃお大作戦」のページで公開してくださっている「電気自動炊飯器(1959年)」を発見しました。
”おお~、これは、懐かしい”と思い、早速作ってみました。
b0035506_2035518.jpg

「電気自動炊飯器(1959年)」です。
これも、見事な出来です。
写真では分かり難いですが、蓋を取った中身は、お米が炊けた風になっています、シャモジも付いています。
う~む、懐かしいなぁ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-18 20:43 | 折り紙

ペーパーブーメラン。


b0035506_18434362.jpg

ペーパーブーメランが上手く手元に戻ってこないのは、ブーメラン本体の重さが足りないのが原因かもしれない・・・ということで、一昨日作成した、ペーパーブーメランの羽根の先に、ガムテープを巻いて見ました。

早速、野外で飛ばしてみたところ、二つとも、一投目で物凄く綺麗な軌跡を描いて手元に戻ってきました・・・。
あまりの見事さと嬉しさに一瞬思考が停止してしまいました。^^;
嬉しさのあまり何度も投げましたが、その度に手元に戻ってきてくれました・・・ピタッと手元に戻ってきてくれると、もう最高ですね。^^

そうか・・・今まで失敗していたのは、重さが足りないのが原因だったのか・・・と思い、、
b0035506_18512013.jpg

昨日、何度飛ばしても手裏剣のように真っ直ぐ飛んでいった、この二つのブーメランにもガムテープを巻きました。
さらに、羽根の先を切り忘れていたことに気が付き、上のブーメランと同じように斜めに切り落としました。

そして、野外で飛ばしてみたのですが、こちらは何度調整しても手裏剣のように真っ直ぐビューと物凄い勢いで飛ぶばかりで、全く手元に戻って来ませんでした・・・。
室内で楽しもうと思い、羽根を短くしたものを作成したのですが、どうやら羽根が短いブーメランは調整が難しいみたいです・・・それとも、羽根の幅をもっと縮めないといけないのかな・・・う~む。。
次は、羽根の幅をもっと縮めたブーメランを作ってみよう・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-17 19:06 | 折り紙

ペーパーブーメランとDNA模型。


昨日作成した、二種類のペーパーブーメランを室外で飛ばしてみました。
最初、全然手元に戻ってこなかったのですが、何度も飛ばすうちに5回に1回ぐらいは手元に戻ってくるようになりました・・・これは調整が難しいですね・・・。^^;

しかし、少しは手元に戻ってくるようになったので、気を良くして、、
b0035506_1836122.jpg

新たにペーパーブーメランを2つ作りました。。
戴いたペーパーブーメランの説明書きに、「羽根の長さが長くなる程、描く円周が大きくなる」とありましたので、室内で飛ばせるようにと、羽根の長さが短い物を作ってみました。
左の物が、羽根の長さ 6cm 幅 2.5 で、右の物が、羽根の長さ 8cm 幅 2.5cm です。

早速、この二つを室内で飛ばしてみたのですが・・・両方とも手裏剣のように物凄い勢いで真っ直ぐ飛んで行って、手元に戻ってくる気配すらありませんでした・・・う~む、羽根が短くなると調整がもっと難しくなるのかなぁ・・・。^^;
羽根を調整しつつ、明日、室外で飛ばしてみます・・・。

b0035506_18444187.jpg

以前作成したDNA模型(ペーパークラフト)を、500ml のペットボトルに入れました。
このDNA模型は、自立をしてくれないので、今までずっと横にして飾っていましたが、これでやっと立てた状態で飾ることが出来ます。。

飾ってみると、やはり、横に寝かせているよりも立てた方がずっと良いですね・・・。
ペットボトルの上に余裕があるので、後ニ・三段追加してみようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-16 18:51 | 折り紙

ASIMOのペーパークラフトとペーパーブーメラン。


uchinan's diary」の uchinan_e さんから、「ASIMO」のペーパークラフトと、ペーパーブーメランの型紙とその説明書を戴きました。^^

b0035506_18413252.jpg

uchinan_eさんから戴いた「ASIMO」のペーパークラフトとペーパーブーメラン関連一式です。

uchinan_eさんから郵送されてきた封筒を見て、”やった~、ブーメランだ~”と喜んで封筒を開けて驚きました・・・”あれ?ASIMO!?ペーパークラフト!?うおおおASIMOのペーパークラフトまで貰ってしまったー!!”と・・・当初の話題はペーパーブーメランのことだけでしたので、本当に驚きました。

しかし、「ASIMO」のペーパークラフトも作ってみたかったので大変嬉しいです。
uchinan_eさん、本当にありがとうございました。^^

b0035506_18551147.jpg

早速、ペーパーブーメランを二つ作ってみました。
uchinan_eさんから戴いたペーパーブーメランの型紙を使用して作成に失敗するのが怖かったので、別の厚紙を使用して作りました。

左のブーメランが、長さ 11cm 幅 2cm で、右のブーメランが、長さ 11cm 幅 2.5cm です。
本日は風が結構強かったので、外では飛ばせず部屋の中で飛ばしましたが、どうも上手く手元に戻ってこない・・・。
上手に手元に戻ってくるようになるには、もっと練習が必要ですね・・・明日は外で飛ばせると良いなぁ。。

「ASIMO」のペーパークラフトも早速作ろうかと・・・思ったのですが、戴いた型紙をそのまま使用するのは失敗が怖いので、スキャナで型紙を取り込んで、取り込んだデータを使用することにしました・・・さて、型紙を取り込むか・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-15 19:22 | 折り紙

”風のクロノア”のペーパークラフトとFELISSIMOの折り紙一月号。


クロノア@ホーム」さんのサイトの「ダウンロード」のページの「ペーパークラフト」のページで公開してくださっている、「クロノア」のペーパークラフトを作ってみました。

b0035506_1901638.jpg

PSのゲーム「風のクロノア」の主人公「クロノア」です。
これも、なかなかゲームの雰囲気が出ていて良いですね・・・。
作成時間は3時間程かかりましたが、細かい部品はほとんど無くて、比較的簡単に作ることが出来ました。
クロノアがお好きなお方ならば、是非作ってみてください、お薦めです。。

b0035506_1961739.jpg

「FELISSIMOの折り紙(一月号)」です。
1月号ということで、正月特集になっています。。
12月号の折り紙にほとんど手をつけていない状態で、早くも1月号が届いてしまいました。。
12月号・・・早く作らないとなぁ・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2005-11-12 19:08 | 折り紙

珈琲ニンニク。


ニンニクを珈琲に漬けた、珈琲ニンニクの珈琲の取替えと、漬かり具合の確認と、試食を行いました。

b0035506_19414668.jpg

珈琲に漬けてあるニンニクを取り出しました。
以前より、さらに色が濃くなっています、なかなか良い感じです。

b0035506_19421868.jpg

今回は、珈琲がニンニクの中まで漬かっているかどうか確かめるために、ニンニクを一粒、切ってみました。
写真は、ニンニクの断面です・・・見事に中まで珈琲色になっています・・・醤油やオリーブオイルや焼酎等と同じように漬かっています、まさかここまで綺麗に珈琲色が付くとは思ってなかったので、少し驚きました・・・ニンニクって凄いですね・・・。

b0035506_19473483.jpg

どうせならと思い、もう一粒スライスして、オリーブオイルで炒めて珈琲ニンニクを試食してみました。。
写真左が炒める前、写真右が炒めた後です。
結果、珈琲の苦味・甘味はしっかりと付いていました・・・ただ、ニンニクの辛味と珈琲の味はあまり合いませんね・・・カレーの辛さと鷹のツメの辛さとは珈琲は合うので、これは少し残念でした、、しかし、マズイって程でもありません、これはこれでかなり面白い味です、このニンニクを料理に使用したら大変面白い味になりそうです。

b0035506_19471285.jpg

残りのニンニクは、また珈琲に漬けておきました。
使用した珈琲は、「ニカラグア サンタクララ」と「モカ ラッコマウンテンG2」のブレンド、共に深煎りで、松屋式で抽出した原液のみを使用しています。
また、数週間後に珈琲を取り替えます。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-11 19:54 | 珈琲

正八面体の”テトラス”。


ペラモデル」さんのサイトで、無料で公開してくださっている「正四面体のテトラス」の展開図を二つ組み合わせて、「正八面体のテトラス」を作り、さらに「正四面体のテトラス」を二つ作りました。
b0035506_18561286.jpg

「正八面体のテトラス」と「正四面体のテトラス」です。
”正四面体のテトラス”は昨日作成したのを含めて、6つになりました。。

b0035506_1858960.jpg

早速、全てのテトラスをジョイントしてみました。
”正八面体のテトラス”が2つ、”正四面体のテトラス”が6つです。

b0035506_191825.jpg

形を変えてみました。

b0035506_1914496.jpg

更に、変えてみました。。

三つとも自立しています。
正八面体が加わると、バランスのとり方が少し難しくなりますね。。
しかし、これは楽しいです・・・こうなると次は”正六面体のテトラス”が欲しくなりますね・・・う~む、やはり会員になろうかなぁ・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2005-11-10 19:06 | 折り紙

正四面体の”テトラス”。


沢山のペーパークラフトを公開(有料)してくださっている、「ペラモデル」さんのサイトで、無料で公開してくださっている正四面体の「テトラス」を作ってみました。

b0035506_1930503.jpg

「正四面体のテトラス」です。
とりあえず、四つ作成しました。
PDFファイルの説明書きに”A3用紙で作ってください”とありましたが、私の持っているプリンタは最大でもA4が限度なので、A4用紙の大きさに縮小して作りました、そのせいで、A3用紙で作成すると一辺の長さが 12cm になるところが、私の作成したものは、一辺の長さが 8.7cm になっています。

b0035506_193636100.jpg

早速、四つ上に積み上げる形でジョイントしてみました。
中央の三角の穴に、正四面体の頂点を差し込んで60度回転させることによってジョイントします。

b0035506_1941397.jpg

一つの正四面体の三角の穴に、他三つの正四面体をジョイントしてみました。

b0035506_19411955.jpg

一つの正四面体の頂点に、他三つの正四面体をジョイントしてみました。

これは思ったよりも楽しいです・・・どんどん数を増やしたくなりますね。。
次は正八面体のテトラスを作ってみようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-09 19:55 | 折り紙

”四角のじょうご+ジョイント材D”。


布施知子さんの本「立体をつくろう -ユニット折り紙-」の P95 ~ P96 で紹介されている、「四角のじょうご+ジョイント材D」を作りました。

b0035506_19373913.jpg

「四角のじょうご+ジョイント材D」で作る立体です。
写真左の36個のユニットを組み合わせて、写真右の立体を作ります。
立体の形は、斜方立方八面体になっています。
糊付けはしていません、この形で安定しています・・・しかし、かなり作るのに苦労をしました・・・これ以上多くユニットを使用するならば、糊付け無しでは作れそうにないですね・・・。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-08 19:44 | 折り紙

珈琲豆の焙煎。


焙煎した珈琲豆のストックが切れたので、焙煎を行いました。
使用した生豆は、「モカ ラッコマウンテンG2」 120g と「ニカラグア サンタクララ」 120g です。
生豆は、焙煎前に、60℃のお湯で洗い、皮と汚れを落としました。
b0035506_1932246.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの豆です。
盆の上側が「ニカラグア サンタクララ」で、下側が「モカ ラッコマウンテンG2」です。
共に、2ハゼが始まると同時に焙煎を終了しています、焙煎時間は19分~20分です。

今回は、弱火で炙る時間(1ハゼまでの時間)を長くしてみました・・・さて、どうなっているか、明日飲むのが楽しみです。。
[PR]
by naru8090 | 2005-11-08 19:36 | 珈琲