カテゴリ:珈琲( 163 )

珈琲豆の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
焙煎した生豆は”メキシコ コアテペック”を100gと”ニカラグア SHG サンラモン エステート”を100gの合計200gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_18525564.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上段が”メキシコ コアテペック”で下段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”です。
両豆共に、2ハゼ終了後10秒で焙煎を終了しています。
焙煎時間は、”メキシコ コアテペック”は16分で、”ニカラグア SHG サンラモン エステート”は15分です。
死豆は、両豆共に1粒でした。
b0035506_18564142.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左側が”メキシコ コアテペック”で、右側が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”です。
両豆ともに、豆の膨らみ・香り等問題は無さそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-10-09 18:58 | 珈琲

珈琲豆の焙煎。3回、焙煎を行いました。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
今回も、従兄弟に渡す用の分も焙煎をしたので合計420gを140gずつ3回に分けて焙煎しました。

焙煎をした豆は、”ニカラグア SHG サンラモン エステート” 140gと”ブラジル ハニーショコラ” 140gと”メキシコ コアテペック” 140gの合計420gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1853455.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”、中段が”ブラジル ハニーショコラ”で下段が”メキシコ コアテペック”です。
焙煎時間は、以下の通りです。
全て2ハゼ開始後40秒で焙煎を終了しています。
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 約17分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇メキシコ コアテペック ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)

焙煎途中と焙煎後に取り除いた死豆の数は以下の通りです。
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇メキシコ コアテペック ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は0粒
b0035506_1856393.jpg

焙煎後の「ニカラグア SHG サンラモン エステート」の拡大写真です。
b0035506_1857127.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、”ブラジル ハニーショコラ”です。
写真右、”メキシコ コアテペック”です。
いずれの豆も香り・膨らみ等に問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-27 19:05 | 珈琲

珈琲豆の焙煎。4回、焙煎を行いました。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
今回は、従兄弟に渡す用の分も焙煎をしたので合計480gを120gずつ4回に分けて焙煎しました。

焙煎をした豆は、”メキシコ コアテペック” 240gと”ニカラグア SHG サンラモン エステート” 120gと”ブラジル ハニーショコラ” 120gの合計480gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_18344077.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上段が”メキシコ コアテペック”、中段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”で下段が”ブラジル ハニーショコラ”です。

焙煎時間は、以下の通りです。
全て2ハゼ開始直後に焙煎を終了しています。
◇メキシコ コアテペックの1回目 ・・・ 約15分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇メキシコ コアテペックの2回目 ・・・ 約15分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 約14分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)

焙煎途中と焙煎後に取り除いた死豆の数は以下の通りです。
◇メキシコ コアテペックの1回目 ・・・ 焙煎途中は3粒、焙煎後は1粒
◇メキシコ コアテペックの2回目 ・・・ 焙煎途中は2粒、焙煎後は1粒
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は3粒
b0035506_18411023.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、”メキシコ コアテペック”です。
写真右、”ニカラグア サンラモン エステート”です。
b0035506_18421552.jpg

焙煎後の”ブラジル ハニーショコラ”の拡大写真です。
いずれの豆も香り・膨らみ等に問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-18 18:44 | 珈琲

珈琲豆の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
焙煎した生豆は”ブラジル ハニーショコラ”を110gと”メキシコ コアテペック”を110gの合計220gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_184509.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が”ブラジル ハニーショコラ”で下側が”メキシコ コアテペック”です。
どちらも2ハゼ開始と同時に焙煎を終了しています。
焙煎時間は、どちらも約15分(焙煎途中に死豆を取り除く作業込みの時間です)です。
焙煎途中に出た死豆はどちらの豆も0粒で、焙煎後に出た死豆はどちらも2粒でした。
b0035506_18465962.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左側が”ブラジル ハニーショコラ”で、右側が”メキシコ コアテペック”です。
両豆ともに、豆の膨らみ・香り等問題は無さそうです。
特に”ブラジル ハニーショコラ”は、2ハゼまで焙煎しなかった場合でもかなりの甘みを感じたので、この2ハゼ開始まで焙煎した状態では、どれほどの甘みが出ているか・・・非常に楽しみです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-06 18:49 | 珈琲

珈琲の生豆”ニカラグア SHG サンラモン エステート”の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので、焙煎を行いました。
以前に購入をした3種類の珈琲の生豆のうち、まだ焙煎を試してない生豆は”ニカラグア SHG サンラモン エステート”だけなので、本日は、この豆を焙煎しました。

焙煎は、220gを110gずつ2回に分けて行いました。
b0035506_19441897.jpg

「ニカラグア SHG サンラモン エステート」の生豆を48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除いたところです。
豆の形が、なかなか綺麗・・・なのですが、携帯電話のカメラで撮った写真では、それが伝わり難いのが残念です。
生豆の色も写真と実物では少し違います。
携帯電話のカメラ(120万画素)で綺麗に写真を撮るのは本当に難しいです。
う~む・・・。
b0035506_19471312.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が1回目の焙煎(1ハゼ終了から約1分で終了)で、盆の下側が2回目の焙煎(2ハゼ開始後、約30秒で終了)です。
焙煎時間は1回目が約12分(1ハゼ前での死豆を取り除く時間を入れると約15分)で、盆の下側が約15分(1ハゼ前での死豆を取り除く時間を入れると約17分)です。
死豆は、どちらも1ハゼ前での死豆を取り除く作業時に2粒の死豆が出て、焙煎後のハンドピックで更に2粒の死豆が出ました。
1ハゼの音は、1回目、2回目共にポンポンという綺麗な音が聞こえてきました。
b0035506_19515114.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、1回目に焙煎(1ハゼ終了から約1分で終了)した豆です。
写真右、2回目に焙煎(2ハゼ開始後、約30秒で終了)した豆です。
豆の膨らみ・香り等、問題がなさそうです。

今回の焙煎は、”フレーバーコーヒー”さんでお教えいただいた焙煎理論を、私の”改造焙煎鍋”で実現が出来そうなところだけ取り入れて行いました。
その結果、少し焙煎後の珈琲豆に変化が出ました。
今までの焙煎では、全て焙煎後の珈琲豆は”焼いた香り”(藁の中で焼き芋を焼いているときのような香り)がして、珈琲の甘い香りは”焼いた香り”よりも薄かったのですが、今回は、”焼いた香り”よりも珈琲の甘い香りの方が断然強くなりました。
ただ、この変化が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”の特徴なのか、焙煎方法が変わったせいなのかは、まだ分かりません。
次に、いつもの焙煎と今回の焙煎の両方の焙煎を行って、焙煎後の香りの違いを確かめることにします。

ところで・・・写真2枚目と写真3枚目が、あまりに実物の珈琲豆の色からかけ離れていたので、カメラの設定を色々と変えて、出来るだけ実物の色が出るように写真を撮ってみました。
b0035506_19592294.jpg

その結果、こうなりました。
少しは実物の色に近づきましたが、これでもまだ色がおかしいです。
う~む、難しい・・・。
b0035506_2001059.jpg

珈琲豆の拡大写真です。
こちらも少しはマシになりましたが、やはり、色がおかしいです。
う~む、何とかならないかなぁ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-08-23 20:13 | 珈琲

珈琲の生豆”メキシコ コアテペック ピーベリー”の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
前回は”ブラジル ハニーショコラ”を焙煎したので、今回は”メキシコ コアテペック ピーベリー”を焙煎することにしました。
b0035506_19132252.jpg

「メキシコ コアテペック」の生豆を48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除いたところです。
”ピーベリー”というだけあって、見事に生豆が丸いです。
この生豆は、ハンドピックの際に”少し豆の形が汚いな~”と思ったのですが、お湯で洗った状態の生豆を見ると、それほど汚くは無い・・・というか結構綺麗です。
b0035506_1917061.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が1回目の焙煎(2ハゼ完全終了後に即焙煎を終了)で、盆の下側が2回目の焙煎(2ハゼ開始後に即焙煎を終了)です。
焙煎時間は1回目が約16分(1ハゼ前での死豆を取り除く時間を入れると約18分)で、盆の下側が約14分(1ハゼ前での死豆を取り除く時間を入れると約17分)です。
死豆は、どちらも焙煎途中で2粒出ました。
焙煎後の死豆は0粒でした。
死豆は5粒以上は出るかな・・・と予想をしていたので、この数は少し驚きました。
b0035506_19232829.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、1回目に焙煎(2ハゼ完全終了後に即焙煎を終了)した豆です。
写真右、2回目に焙煎(2ハゼ開始後に即焙煎を終了)した豆です。
豆の膨らみ・香り等、問題がなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-07-14 19:24 | 珈琲

珈琲の生豆”ブラジル ハニーショコラ”の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
新たに購入した3種類の生豆のうちの、どの生豆を使用するか少し迷いましたが、まずは生豆の形が非常に綺麗な”ブラジル ハニーショコラ”を焙煎することにしました。
焙煎は、200gを100gずつ2回に分けて行いました。
b0035506_19544024.jpg

「ブラジル ハニーショコラ」の生豆を48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除いたところです。
見事に豆の形が整っていて綺麗です。^^
b0035506_19574486.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が1回目の焙煎(2ハゼ開始と同時に終了)で、盆の下側が2回目の焙煎(1ハゼ終了後、約40秒で終了)です。
焙煎時間は1回目が約13分(1ハゼ前での死豆を取り除く時間を入れると約16分)で、盆の下側が約11分(1ハゼ前での死豆を取り除く時間を入れると約14分)です。
死豆は、どちらも1ハゼ前での死豆を取り除く作業時に2粒でただけで、焙煎後のハンドピックでは1粒も出ませんでした。
1ハゼの音は、1回目、2回目共にポンポンという綺麗な音が聞こえてきました。
b0035506_2025414.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、1回目に焙煎(2ハゼ開始直後に焙煎を終了)した豆です。
写真右、2回目に焙煎(1ハゼ終了後、約40秒)した豆です。
飲み比べできるように、深煎りと浅煎りの両方を作りました。
豆の膨らみ・香り等、問題がなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-07-01 20:06 | 珈琲

珈琲の生豆のハンドピックを行いました。


数日前に”ワイルド珈琲”さんから購入をした3種類の生豆(合計6kg)のハンドピックを行いました。
b0035506_18222886.jpg

「ニカラグア SHG サンラモン エステート」のハンドピック済みの状態です。
写真左、左側のボールに入っている生豆がハンドピック済みの綺麗な豆で、右側のボールに入っている生豆が死豆等のクズ豆です。
写真右、ハンドピック済みの綺麗な豆の拡大写真です。
クズ豆の量は、2kg中の約20gです。
なかなか綺麗な豆です。
見た目は以前に購入をした「コロンビア スプレモ メリノ」よりも落ちますが、全体的に豆の形が整っています。
クズ豆も全体の1%程度です、これは当たりを引いたかも・・・。
b0035506_18305220.jpg

「メキシコ コアテペック ピーベリー」のハンドピック済みの状態です。
写真左、左側のボールに入っている生豆がハンドピック済みの綺麗な豆で、右側のボールに入っている生豆が死豆等のクズ豆です。
写真右、ハンドピック済みの綺麗な豆の拡大写真です。
クズ豆の量は、2kg中の約50gです。
この生豆は、袋を開けた瞬間に”うわっ!少し汚い!それに生豆が割れている”となり、ハンドピック途中で選別基準を少し緩くしました。
少し緩くして約50gのクズ豆が出ました。
もし、基準を「ニカラグア SHG サンラモン エステート」と同じぐらいにしていたら恐らくクズ豆の量は80gを超えていたと思います。
綺麗な豆は物凄く綺麗な楕円形の丸の形をしているのですが、いかんせん割れている豆が多すぎます。
基準を緩くしたので、焙煎時の死豆探しを気合入れてやらなければ・・・。
b0035506_18372292.jpg

「ブラジル ハニーショコラ」のハンドピック済みの状態です。
写真左、左側のボールに入っている生豆がハンドピック済みの綺麗な豆で、右側のボールに入っている生豆が死豆等のクズ豆です。
写真右、ハンドピック済みの綺麗な豆の拡大写真です。
クズ豆の量は、2kg中の約10gです。
この生豆は、袋を開けた瞬間”おおっ!綺麗だ!”と驚きました。
ハンドピックの途中で”ハンドピックの必要がないのでは?”と思うぐらい全体的に生豆の形が整っていました。
この生豆は凄いです、クズ豆も全体の0.5%程度です。
この生豆も当たりかも・・・焙煎して飲むのが楽しみです。^^

全生豆(6kg)のハンドピックに、約2時間30分ほどかかりました。
以前は何時間かかったかな・・・と思い以前の記事(日記)を見ましたが、記録をしていませんでした。
しまったなぁ・・・今回から毎回記録することにしよう。
[PR]
by naru8090 | 2008-06-27 18:48 | 珈琲

珈琲の生豆の購入。


以前に購入した3種類の珈琲の生豆が尽きたので、新たに3種類の生豆を購入しました。
生豆を購入するお店に少し悩みましたが、やはりいつもどおりの”ワイルド珈琲”さんで購入しました。
購入した生豆を記録します。
b0035506_1820501.jpg

「ニカラグア SHG サンラモン エステート」 2kgです。
b0035506_1822664.jpg

「メキシコ コアテペック ピーベリー」 2kgです。
b0035506_18225765.jpg

「ブラジル ハニーショコラ」 2kgです。
いずれも、まだハンドピックをしていません。
明日、出来るかな・・・。

以前に6Kgの生豆を購入してから10ヶ月と21日経ちました、その前も、更にその前も同量を約11ヶ月かけて消費しているので、6kgの生豆を珈琲に変えて飲み干すまでに約11ヶ月かかるということになります。
となると、”生豆6kgの金額”÷”11ヶ月”で”1ヶ月あたりの値段”が出ますね・・・最近は珈琲の値段(生豆の値段も)どんどん上がっているので、まあこんなものかなという値段になりますね・・う~む。
個人で生豆を安く大量に仕入れられるお店は無いかなぁ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-06-24 18:35 | 珈琲

珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
焙煎した生豆は「ブラジル アプカラーナ」 110gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1828648.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの「ブラジル アプカラーナ」です。
焙煎時間は、約15分(2ハゼ終了後、約30秒で焙煎を終了しています)途中の死豆を取り除く作業時間は、約3分です。
焙煎途中に出た死豆は3粒で、焙煎後に出た死豆は1粒でした。
1ハゼの音、2ハゼの音共に綺麗に聞こえてきました。
b0035506_1830491.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
豆の膨らみ・香り等、問題がなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
これで”ブラジル アプラカーナ”も生豆が尽きて、手元にある生豆が全部無くなりました。
次の生豆を何にするか・・・一度、いつも生豆を購入している”ワイルド珈琲”さん以外のお店から購入してみようかな。
[PR]
by naru8090 | 2008-06-20 18:34 | 珈琲