「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:パズル( 130 )

1本の釘の上に11本の釘を乗せる。 koneta


何か面白そうなペーパークラフトはないかとWeb上を探していたところ、ペーパークラフトではないのですが、非常に面白い動画を発見しました。

その動画は、こちらです。
Trick Of A Dozen Nails

木の板に打ち付けられた1本の釘の上に11本の釘を乗せる、という動画です。
もちろん糊やテープ等は一切使用していません。
これは見事です。

そして、是非自身でも同じ立体(1本の釘の上に11本の釘を乗せた立体)を作成したくなり、早速作成しました。
b0035506_19171656.jpg

用意をした「1本の釘」と「11本の釘」です。
手ごろな木の板が無かったので、以前に作成した立体を”1本の釘”の土台にしました。
土台になっている立体(折り紙で作られています)も、糊付け等は一切していません。
これらの材料を組み合わせて、一本の釘の上に11本の釘を乗せた立体を作成します。
b0035506_19235291.jpg

まずは動画の通りに「11本の釘」を並べました。
そして、この”11本の釘”を、
b0035506_1926322.jpg

「1本の釘」の上に乗せました。
見事にピタリと乗っています。
少しぐらいの振動では崩れないぐらいのバランスで”11本の釘”が”1本の釘”の上に乗っています。
これは面白いです。^^
12本の釘と釘を固定できる土台が手元にあるお方は、是非作成してみてください、これは面白いですよ~、お勧めです。
b0035506_19314553.jpg

立体を別の角度から見たところです。
釘が一列に綺麗に並んでいます。
b0035506_19341487.jpg

更に別の角度(真上)から見たところです。

”面白いな~”と思いつつ、この立体を色々な角度から眺めていて、ふと”あれ?この形は前にどこかで見たような・・・?”という疑問が浮かんできました。
この立体を見れば見るほど”どこかで見たような・・・”という思いが強くなってきて、何とか思い出そうとしたのですが、結局思い出せませんでした。
う~む、どこだったかな・・・パズルの本か、どこかのお店か・・・何か野球のバットか何かで同じものを見たのだったかな・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-09-01 19:39 | パズル

BEVERLYのGLASS PUZZLEシリーズ”とりあえず生!”と”あんた うめ~ね!”。


BEVERLY社から発売されているGLASS PUZZLEシリーズ(芦ヶ原伸之さんのパズル)の”とりあえず生!”と”あんた うめ~ね!”の2種類のパズルが、偶然立ち寄った玩具屋さんで激安ワゴンセールされているのを発見し、”こ、これは購入せねば!”と思い早速購入しました。
b0035506_18553750.jpg

「GLASS PUZZLE とりあえず生!」です。
ベースになるパーツの上に10個の”ビール”(コップ内にある黄色のパーツです)のパーツをコップ内にピタリと平行に収まるように置き、最後に”泡”(写真左下にある白色のパーツです)のパーツが綺麗にビールのパーツの上に綺麗に置くのがパズルの目的です。
10分ほど挑戦してみましたが、これは手強いです。
解くのにかなり時間がかかりそうです。
b0035506_1905897.jpg

「GLASS PUZZLE あんた うめ~ね!」です。
ガラスの器の中に、9個の”うめぼし”のパーツを綺麗にピタリと収めるのがパズルの目的です。
こちらも10分ほど挑戦しましたが、こちらの方がビールよりも数段難しいと感じました。
”うめぼし”のパーツがグニャグニャと歪んでいるので、ガラスの器の中で”うめぼし”の位置を決めるのが非常に難しいです。
こちらも解くのにかなり時間がかかりそうです。
両パズル共に非常に見た目が良いパズルなので、パズルを解いた後はインテリアとして部屋に飾っておこう・・・と思っていたのですが、果たして両パズル共に解けるのはいつの日になるのか・・・気合入れて解かなければ・・・。^^;
[PR]
by naru8090 | 2008-07-16 19:14 | パズル

更に、クリップのパズルの3個組みの作成。


昨日に作成した”クリップのパズルの3個組み”を見ていて、以前に作成した頑丈な組み方(4個組み5個組み・6個組みと同じ組み方)で組めないかと思い、早速挑戦しました。
b0035506_1749283.jpg

頑丈な組み方で組んだ「クリップの3個組みの立体」です。
作成時間は、約15分です。
昨日に作成したものよりも組み立てに苦労をして、更に手の指がかなり痛くなりましたが、何とか目的どおりに組めました。^^;
かなり頑丈に組めています、以前に作成した同じ組み方をした4個組みのものよりも更に頑丈です。
b0035506_17543316.jpg

立体を別の角度から見たところです。
この角度から見るのもなかなか良い感じです。
しかし、もっと床に近い視点から撮っても良いかも・・・う~む、写真は難しい。
b0035506_17563996.jpg

昨日作成した立体と、本日作成した頑丈な組み方をした立体を並べました。
う~ん、楽しい。^^

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-06-19 17:59 | パズル

クリップのパズルの3個組みの作成。


以前に「杉原厚吉さんの本「すごくへんな立体」とクリップのパズル。」で、クリップのパズルの3個組みの作成に挑戦をして見事に失敗をしました。
いずれまた挑戦をしよう・・・と思いつつ今までスッカリと忘れていましたが、本日、ふとそのことを思い出し、早速クリップを用意して作成に挑戦しました。
b0035506_188929.jpg

「クリップの3個組みの立体」です。
作成時間は約10分です。
以前に挑戦したときと同様、かなり組むのに苦労をしましたが、何とか目的の形にすることが出来ました。
b0035506_18133129.jpg

立体を別の角度から見たところです。
う~ん、面白い。
b0035506_1815641.jpg

組むのに失敗をした3個組みの立体と、成功をした3個組みの立体を並べました。
並べてみると、やはり目的通りに組んだ(成功をした方)立体の方が形が綺麗です。
いずれsaccoさんの”クリップアート展”で紹介されているような作品を作成したいなぁ・・・。
それにしても、saccoさんの作品は凄い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-06-18 18:23 | パズル

”YOSHIMOTO BOX”の作成。


いつも楽しく拝見している「- MISDIRECTION (ミスディレクション) -」さんの2008年06月06日の記事「YOSHIMOTO BOX」で、立方体を折り畳むだけで裏返るという非常に面白そうなペーパークラフトを紹介してくださっているのを見ました。
そして、「cloud9science @Wiki」さんの2007年10月02日の記事「YOSHIMOTO BOX <裏返る立方体>」を見て”これは是非作成しなければ!”と思い、早速作成しました。
b0035506_2052442.jpg

「YOSIMOTO BOX」です。
薄青色のA4用紙1枚から切り出して作成しています。
型紙は、”cloud9science @Wiki”さんの”YOSHIMOTO BOX <裏返る立方体>”の記事で公開してくださっているPDFファイルを使用しました。
このような素敵なペーパークラフトのPDFファイルを公開してくださっている”cloud9science @Wiki”さんに感謝します、ありがとうございます。^^
この写真の状態からパタパタと折り畳み、膨らますことにより立方体が裏返ります。
b0035506_209481.jpg

写真左、写真1枚目の状態から、まずは一段階折り畳んだところです。
写真右、写真左の状態から更に折り畳んだところです。
b0035506_20102847.jpg

そして更に折り畳み、
b0035506_20111832.jpg

最後に膨らませて立方体が裏返りました。
同じ工程をもう一度行えば、また裏表が逆転します。
簡単に作成できて、裏返す工程が面白い・・・これは凄いです。
しかし、この工程で何故立方体の裏表が逆転するのか非常に不思議です・・・う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-06-07 20:21 | パズル

クリップのパズルの4個組みをメモ用紙に止めました。 その2


以前、「クリップのパズルの4個組みと5個組みをメモ用紙に止めました。」の記事でクリップの4個組みと5個組みをメモ用紙に止めた際に、クリップの中央の4角形や5角形を切らずに(浮かさずに)作成した方が、より一層不思議な物体に見えるかな?と疑問に思いました。

疑問に思ってから、なかなか作成できませんでしたが、本日4個組みの方を作成しました。
b0035506_18271884.jpg

「メモ用紙にクリップの4個組みを止めた物体」です。
使用したメモ用紙は、以前香川県に旅行に行った際にアジア雑貨「RAG-STYLE」さんで購入した「MESSAGE PAD」から一枚切り取ったものです。
メモ用紙の一部に細く4箇所の切れ込みを入れて、そこにクリップの4個組みを組み込みました。
以前のものとは違い、クリップの中央の4角形の部分は切っていません(浮かしていません)。
中央の4角形が浮いていない分自由度が低くなり、以前作成した中央の4角形が浮いているものよりも組み難かったです。
b0035506_1831284.jpg

4個組みのクリップの部分を拡大しました。
中央の4角形の部分が浮いていない方が不思議に見えるかも・・・と思って作成をしたのですが、実際に作成してみると、どちらも不思議さはあまり変わりませんね・・・う~む。
b0035506_18343974.jpg

以前に作成した”中央の4角形が浮いた”ものと、本日作成した”中央の4角形が浮いていない”ものを並べました。
見た目の印象はどちらも、あまり変わらなかったのが少し残念です。
しかし、どちらも面白い形になっていることは確かです。^^
5個組も作成しようかと思っていたのですが、4個組みと同様に5個組みも見た目の不思議さはあまり変わらないと推測できて・・・う~ん、作成しようか・・・どうするか・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-14 18:48 | パズル

”Burr 3 pieces”の作成。


何か面白そうなペーパークラフトは無いかとWeb上を探していたところ、「paperinside.com - FREE Paper Models」という沢山のペーパークラフトと、その展開図を公開してくださっているWebページを発見しました。

その「paperinside.com - FREE Paper Models」さんの「puzzles」のページで公開してくださっている「Burr 3 pieces」を見て、これは面白そうだと思い、早速作成しました。
b0035506_1805975.jpg

「Burr 3 pieces」の3個のピースです。
ここまで作成するのに約40分程かかりました。
ペーパークラフトを作成するのは久しぶりで、少し作成速度が落ちているような気がします・・・う~む。
b0035506_184127.jpg

作成した3個のピースを組み合わせました。
このパズルと同じ形を以前に何度か(これとかこれとかこれとか)作成しましたが、これだけ厚みがあるものは初めて・・・だったような・・・いや以前に100円均一ショップで購入した木のパズルはこれと同じぐらいの厚みだったかな・・・。
b0035506_18101757.jpg

3個のピースを組み合わせたものを別の角度から見たところです。
見事に組み合わさっています。
隙間があまり無く、キッチリと組み合わさっているので見ていて気持ちが良いです。^^
このような面白いペーパークラフトを公開してくださっている「paperinside.com - FREE Paper Models」さんに感謝します。
puzzles”のページで公開してくださっている”Box 3×3”も面白そうです。
そちらの方も作成してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-13 18:18 | パズル

ジグソーパズルPetitシリーズの204ピースの”物見の塔”を組み立てる。


株式会社やのまん”さんが発売しているパズル「ジグソーパズルPetitシリーズ 物見の塔 204P」を組み立てました。
b0035506_1823840.jpg

組み立て後、枠組みに入れた「物見の塔」(204P)です。
この”物見の塔”も、昨日作成した”滝”と同じく組み立てに2時間30分ほどかかりました。
ピースが小さすぎて絵柄が見難い以外は、このジグソーパズルは素晴らしい出来だと思います。
ピースを組む時の感触も、ピースの強度(かなり頑丈に出来ています)も素晴らしいです。
”滝”に付属していたピンセットには”マサムネ”と書いてありましたが、この”物見の塔”に付属していたピンセットには”エクスカリバー”と書いてありました。
今回は、最後の1ピースのみ付属の”エクスカリバー”で嵌めました。
何方の発案かはわかりませんが、刀や剣の名前を付ける、この発想は面白いですね~。
そして、その発案を実行する”やのまん”さんも凄いです。
b0035506_1894051.jpg

枠組みに入れた「物見の塔」を別の角度から見たところです。
こちらも”滝”と同じく、近くから見るとピースの組み合わせの線が強調されて絵が見難いです。
しかし、遠くから見るとパズルの絵が非常に綺麗に見えます。
さて・・・”滝”と”物見の塔”・・・どこに飾っておこうかな~。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-10 18:12 | パズル

ジグソーパズルPetitシリーズの204ピースの”滝”を組み立てる。


株式会社やのまん”さんが発売しているパズル「ジグソーパズルPetitシリーズ 滝 204P」を組み立てました。
b0035506_19263178.jpg

組み立て後、枠組みに入れた「滝」(204P)です。
たかが204ピース、されど204ピース・・・作成するのに2時間半ほどかかりました。^^;
世界最小のピースというだけはあって、物凄くピースが小さいです。
組み立てるためにピンセットが付属されていますが、ピンセットは使用せず素手で組み立てました。
説明通りにピンセットを使用してみましたが、かえって組み難かったです。
・・・今気がつきましたが、付属のピンセットの側面に”マサムネ”と書いてありました。
気が付いていれば最後の1ピースは”マサムネ”で嵌めたのに・・・う~む。
次の”物見の塔”では最後の1ピースは付属のピンセットで嵌めようかな・・・。
b0035506_19352962.jpg

枠組みに入れた「滝」を別の角度から見たところです。
近くから見るとピースとピースの組み合っている線の方がよく見えて”滝”の絵が見難いのですが、遠くから見ると、綺麗に”滝”の絵が見えます。
こんなに小さなピースに正確に切り分ける技術も凄いですが、こんなに小さなピースに綺麗に絵が載せられる印刷技術も凄いです。
”やのまん”さんの技術は凄いですね~。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-09 19:43 | パズル

クリップのパズルの4個組みと5個組みをメモ用紙に止めました。


いつも楽しく拝見しているOtotoさんのブログ「低次元日記」の2008年04月08日の記事「4つ巴のクリップ」で、クリップのパズルの4個組みがメモ用紙に組み込まれて、まるで不可能物体のような状態の物体を紹介してくださっているのを見て、”是非やってみたい!・・・少しアレンジもしてみよう・・・”と思い、早速作成しました。
b0035506_19293324.jpg

「メモ用紙にクリップの4個組みを止めた物体」です。
メモ用紙の一部を十字型に切って、そこにクリップの4個組みを組み込みました。
メモ用紙は、十字型に切る以外、切る・貼る等の手は一切加えていません。
十字型の端は、メモ用紙に繋がったままで切り離していません。
紙の厚さは、どこも均一です。
使用したメモ用紙は、以前に富士山に旅行に行ったときに購入した「与 勇輝」さんのメモ帳から一枚切り取ったものです。
b0035506_19321034.jpg

クリップの4個組みの部分を拡大しました。
十字に切られたメモ用紙が、シッカリと各クリップの”手”の部分の内部を通っています。

4個組みが上手く作成できたので、5個組でも作成しました。
b0035506_19372455.jpg

「メモ用紙にクリップの5個組みを止めた物体」です。
こちらも4個組みと同様、”5角形”と”5角形から出ている紙の帯”以外は切り貼り等一切していません。
”5角形から出ている紙の帯”の端は、メモ用紙に繋がったままで切り離していません。
紙の厚さは、どこも均一です。
そして、使用したメモ用紙も4個組み同様「与 勇輝」さんのメモ帳から切り取ったものです。
b0035506_19421575.jpg

クリップの5個組みの部分を拡大しました。
5角形に切られたメモ用紙の紙の帯が、各クリップの”手”の部分の内部を通っています。
b0035506_19432365.jpg

作成した4個組みと5個組みの物体を並べました。
両者とも、なかなか面白い形をしています。^^
不可能物体・・・と言える物体になっている・・・と思うのですが、どうでしょう、少しは不思議に見えるでしょうか・・・?^^;

5個組が上手く作成できたので、6個組も・・・と思ったところで、ふと”クリップの中央の4角形と5角形は切り取らない方が不思議な物体に見えるかも・・・”と思い、う~む・・・と考えていたら本日の時間がなくなってしまいました。
次は、中央の4角形と5角形を切り取らずに作成してみようかな・・・う~む。
[PR]
by naru8090 | 2008-04-29 19:47 | パズル