珈琲豆の焙煎。3回、焙煎を行いました。


焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした豆は、”ニカラグア SHG サンラモン エステート” 220g(120gと100gの2回に分けて焙煎しました)と”ブラジル ハニーショコラ” 120gの合計320gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_187551.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”(120g)、中段が”ブラジル ハニーショコラ”で下段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”(100g)です。
焙煎時間は、以下の通りです。
◇ニカラグア サンラモン エステート(120g) ・・・ 約15分(2ハゼ開始後40秒で焙煎を終了)
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 約14分(2ハゼ開始後10秒で焙煎を終了)
◇ニカラグア サンラモン エステート(100g) ・・・ 約15分(2ハゼ開始と同時に焙煎を終了)

焙煎後に取り除いた死豆の数は以下の通りです。
◇ニカラグア SHG サンラモン エステート(120g) ・・・ 3粒
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 2粒
◇ニカラグア SHG サンラモン エステート(100g)・・・ 1粒
b0035506_1812357.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、”ニカラグア サンラモン エステート(120g)”です。
写真右、”ブラジル ハニーショコラ”です。
b0035506_18131018.jpg

「ニカラグア SHG サンラモン エステート」(100g)の拡大写真です。
いずれの豆も香り・膨らみ等に問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。

3回ほど前の焙煎から、1ハゼ、2ハゼのハゼる時間が大体定まってきました。
これは、焙煎の腕が向上したためか、それとも気温・湿度が焙煎しやすい環境になっているのか、それとも生豆の状態が良いためかは、まだ分かりません。
う~む、焙煎は面白い。
[PR]
by naru8090 | 2008-10-16 18:17 | 珈琲


<< ”玉花びら”の作成。 ”りゅうご”模様の立方体4個を... >>