作成した”六角箱・2枚組E”(と本体)を使用して”スピーカー”の作成。 その2


以前に「作成した”六角箱・2枚組E”(と本体)を使用して”スピーカー”の作成。」で作成した”スピーカー”の改良を行いました。
改良といっても主に磁石を交換しただけですが・・・。^^;
b0035506_1858336.jpg

以前の状態から「磁石」を全て取り外し、新たに別の「磁石」を取り付けたところです。
写真左、箱を表側から見たところです。
写真右、箱を裏側から見たところです。
磁石の数は、箱の表側に2個と裏側に1個の合計3個です。
使用した磁石は、”マグエックス”さんの”強力 カラーマグネット”です。
パッケージの説明書きによると、この磁石はA4サイズのコピー紙を12枚止めることができるそうです。
かなり強力な磁石です。
ちなみに、以前に使用していた磁石は某100円ショップで購入した「クラフト磁石(中)」です。

早速、写真の状態で2.1chのスピーカーのウーハーに接続しました。
そして・・・驚きました、以前の状態では磁石10個の状態でも通常の4倍の音量で”耳を近づけなければ”聞こえなかった音が、なんと通常の4倍の音量で”耳を近づけなくても(体は近づけなければなりませんが)”聞こえるようになりました。

磁力の違いで、まさかここまで変わるとは・・・と思い、更に1つ磁石を追加しました。
b0035506_1995969.jpg

箱の裏側に「磁石」を1つ追加したところです。
磁石の数は、箱の表側に2個と裏側に2個の合計4個です。
そして、ウーハーに接続して音を流すと、更に音が大きくなりました。
通常の4倍の音量で箱から体が1メートルぐらい離れていても音が聞こえてきます。
これは凄いです。
以前の状態から考えると物凄い進歩です。

更に音量を上げることが出来ないかと思い、
b0035506_19142820.jpg

「磁石」を1つ追加して、更に折り紙で作成した「簡易型コーン」を追加しました。
写真左、作成した”簡易型コーン”と追加をする”磁石”です。
写真右、”簡易型コーン”と”磁石”を箱の表側に追加したところです。
”簡易型コーン”は、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
この状態でウーハーに接続して音を流したところ、なんと通常の3.5倍~4倍の音量で部屋の端から端まで音が届くようになりました。
驚くべき進歩です。
適当(”いい加減に”、いや”雑に”というのが正しい表現かな)に作成した”簡易型コーン”でも、これだけの効果があるとは・・・驚きました。

ここから更に音量を上げるには、”簡易”ではなく”計算された”コーンを用意して、更に強力な”磁石”に取り替えて、”エナメル線”をもっと綺麗に巻いて・・・後は、振動版(今は箱の底面です)を変えることでしょうか。
さて、まずは何処から取り組んでいこうかな。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって。
昨日に、ふと気が付いた「”10月10日”を”1010”と並べて、これを2進数として10進数にすると”10”になる、更に”1”が立っている”2”と”8”は”2008年”の”0”以外の数字である、となると、この性質を持つ日付は、他にどのぐらいあるのか?」この疑問ですが、これは”年”の桁数を”4”に限定すれば、プログラムを作成して調べるほどの数は無い・・・ということに昨日寝る直前に気が付きました。

気が付いたことは、2進数表記にするということは”0”と”1”で構成されている”月・日”以外は考慮に入れる必要が無いということです。
”0”と”1”で構成されている”月”は、1月・10月・11月の3つで、”日”は、1日・10日・11日の3つです。
各”月”に”日”が3つということは、考えるべき日付は全部で9つということになります。
後は、年の桁数の問題だけです。
こんな簡単な事に何故直ぐに気が付かなかったのか・・・う~む、情けない。
[PR]
by naru8090 | 2008-10-11 19:55 | 折り紙


<< 7.5cm×7.5cmの折り紙... ”りゅうご”模様の立方体4個を... >>