”りゅうご”模様の立方体4個を”ジョイント材D”で繋げた形を作成して積み上げる。 その3


その2”に引き続き、布施知子さんの本「折り紙新世界 立体万華鏡」のP19で紹介されている笠原邦彦さんの作品”簡易そのべ式”と”ジョイント材D”のユニットを作成し、立方体4個を繋げた形を作成しました。
b0035506_18353166.jpg

写真左、「りゅうご模様の立方体」4個分のユニットと、「ジョイント材D」のユニットです。
写真右、写真左のユニットを組み立てて作成した「りゅうご模様の立方体4個を繋げた形」です。
糊付け等は一切していません。
この形を積み上げる計画の3ピース目です。
ユニット数は、”簡易そのべ式”が24個で”ジョイント材D”が6個の合計30個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙(簡易そのべ式)と2.5cm×2.5cm(ジョイント材D)の折り紙で作成しています。
b0035506_18371870.jpg

そして、早速これまでに作成した2ピースと共に積み上げました。
b0035506_18384649.jpg

更に積み上げました。
紙の摩擦力のおかげで、なかなか面白い形に積み上げられます。
これは楽しいです。
b0035506_18394291.jpg

更に。
b0035506_18395596.jpg

更に。
後1ピース作成して完成する予定でしたが、この積み上がり方を見ると8ピース作成しても良いかもしれません。
さて、どうしようかな。
b0035506_18401269.jpg

作成した3ピースを並べました。
単純に並べるだけでも、なかなか良い感じです。
う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって。
本日の日付を見ていて、ふと「10月10日。これを”月”と”日”をなくして並べると、1010・・・これを2進数として、10進数に直すと”10”になる」ということに気が付きました。
更に”1010”の”1”が立っている箇所は”2”と”8”で、これは”2008年”の”0”以外の数字です。
う~む、これは面白い。
・・・となると、この”2008年10月10日”以外に、これと同じ性質を持つ日付は、どのぐらいあるのでしょうか?
プログラムを作成して調べてみようかな。
[PR]
by naru8090 | 2008-10-10 18:53 | 折り紙


<< 作成した”六角箱・2枚組E”(... 珈琲豆の焙煎。 >>