30cm×30cmの折り紙で”四角箱・4枚組J:花”の作成。


布施知子さんの本「おりがみ工房 おりがみ はこ」のP68~P69で紹介されている”四角箱・4枚組J:花”と、P73で紹介されている”本体”を作成しました。
b0035506_18321588.jpg

「四角箱・4枚組J:花」(蓋)と「本体」です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、”四角箱・4枚組J:花”が4個、”本体”が4個の合計8個です。
ユニットは、30cm×30cmの折り紙を使用して作成しています。
b0035506_18364296.jpg

「四角箱・4枚組J:花」(蓋)を「本体」と合わせたところです。
以前に15cm×15cmの折り紙で作成をした同立体よりも、蓋の飾りの”花”の部分が”ふわっ”と出来ている・・・ような気がしますが、やはり少し”ごわっ”とした感じになりました。
う~む、難しい。
b0035506_18384620.jpg

作成した「箱」と、以前に15cm×15cmの折り紙で作成した「箱」を並べました。
流石に30cm×30cmの折り紙で作成した”箱”は大きいです。
15cm×15cmの折り紙で作成した”箱”と比べると面積が4倍なので、当然といえば当然ですが・・・う~む、それにしても大きい。
従兄弟の兄から”CDケースが何枚も入る箱を作って~”という依頼を受けて、改めて”CDケース”の寸法を測ってみて”あれ?CDケースってこんなに大きかったか?”と少し驚きました。
そして、”CDケース”の大きさに合わせて”箱”を作成するのに必要な折り紙の大きさを割り出して更に驚きました。
まさか、30cm×30cmの紙が必要になるとは、完全に予想外でした。
”CDケース”って案外大きなものなのですね~・・・う~む。^^;

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって。
昨日の記事のコメント欄で、「あそびをせんとや」さんの”hhase”さんから、更にお教えを頂きました。
”hhase”さん、お教えありがとうございます。^^

”hhase”さんにお教えいただいた、「あそびをせんとや」さんの2008年9月4日の記事「4つの三角柱」を見て、4本の3角柱の組み方が完全に理解が出来ました。
この記事の3枚の写真(図1・図2・図3)を見ると、まさに一目瞭然です、これは凄いです。
そして、この形が”3角柱12本で作成する菱形12面体の星型”と同じ形だなんて、以前に「あそびをせんとや」さんで、その写真を見たときはそのようなことは全く思いませんでした。
う~む、立体は本当に面白いです。

となると、3角柱4本で組むタイプと3角柱12本で組むタイプのどちらを先に作成するか・・・さて、どちらから作成しようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-10-05 19:04 | 折り紙


<< 7.5cm×7.5cmの折り紙... ”りゅうご”模様の立方体4個を... >>