naef社の積木”プリモ”に似た形の作成。


昨日、”斜方立方8面体”を作成するためのユニットの3角形の部分を大きくしたユニットを使用して”正8面体”の形を作成しました。

そして本日、”斜方立方8面体”を作成するためのユニットの3角形の部分を大きくすると”正8面体”の形が出来るのならば、3角形の部分を小さくするとどのような形になるのか・・・と疑問に思い、早速作成しました。
b0035506_19285378.jpg

「斜方立方8面体」を作成するためのユニットの3角形部分を小さくしたユニットです。
このユニットを6個使用して立体を作成します。
3角形部分がかなり小さく、斜めになっている4角形の部分があるので組むのが難しそうだ・・・と思いつつ、組んだ結果、
b0035506_19323716.jpg

naef社の積木「プリモ」に似た形の立体が出来ました。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙を使用して作成しています。
この立体も”フラストレーションキューブ”と同様の組み方で組んでいます。
予想通り、組むのに非常に苦労をしました。
今まで組んできた”フラストレーションキューブ”系の中では、最も組み立てに苦労をしました。
この形に組むまでに約20分ほどかかりました。
b0035506_19382197.jpg

立体を別の角度から見たところです。
b0035506_19391466.jpg

更に立体を別の角度から見たところです。
”斜方立方8面体”の3角形の面が大きくなると”正8面体”に近づき、小さくなると”正6面体”に近づくということが、昨日からの立体の作成でよく分かりました。
う~む、面白い。^^

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-08-31 19:44 | 折り紙


<< 1本の釘の上に11本の釘を乗せる。 ”正8面体”の形の作成。 >>