”立方8面体”を積み上げる。


Natale Fietta(ナターレ・フィエッタ)さんのユニットを使用して作成した”立方8面体”を積み上げました。(ユニット名と作品名が紹介されている本を所持していないので正確なユニット名と作品名は分かりません、分かり次第追記します)
b0035506_18485036.jpg

作成した「立方8面体」6個です。
ユニット数は、”立方8面体”1つにつき6個で合計36個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙で作成しています。
糊付け等は一切していません。

これらの”立方8面体”を繋げて積み上げます。
”立方8面体”を繋げる方法は、
b0035506_18512068.jpg

写真左の他のユニットを支えるために立体の外部に出ているユニットの”手”の部分に、他の立体の外部に出ているユニットの”手”を差し込んで繋げます。
写真右、”立方8面体”を2個繋げた形です、紙の摩擦だけでシッカリと繋がっています。
糊付け等は一切していません。
b0035506_18542095.jpg

「立方8面体」を3個繋げたところです。
バランス良く繋がって(積み上がって)います。
b0035506_18554647.jpg

「立方8面体」を5個繋げたところです。
V字型になっています。
b0035506_18575277.jpg

「立方8面体」を6個繋げたところです。
”立方8面体”が9個あれば(後、3個追加すれば)、X型になりますね・・・後3個作成して追加しようかな。
b0035506_190168.jpg

更に「立方8面体」を6個繋げたところです。
こうして繋げていくと、”立方8面体”が空間を充填する立体だということが良く分かります。
う~ん、立体は面白い。
b0035506_1913066.jpg

更に・・・。
積み上げた5個の”立方8面体”が今にも崩れそうになっていますが、一番下の段に2個”立方8面体”を繋げて重りにすることで、かろうじて積み上げた5個の”立方8面体”のバランスが取れています。
一番下の段の重りになる”立方8面体”を増やせば、それだけ上方向に繋げていける・・・これは楽しいです。
後3個と言わずに、6個でも9個でも追加して繋げてみようかな・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-08-19 19:08 | 折り紙


<< ”Natale Fietta(... ”Magic Rose Cub... >>