”Magic Rose Cube”のユニットをアレンジしたユニットを使用し作成した”6面体”を繋げる。 その2


”Magic Rose Cube”のユニットをアレンジしたユニットを使用し作成した”6面体”を繋げる。」で一番最後に試した、”6面体”を一直線に4個繋げた形から、更に”6面体”を追加するとどのような形になるのか?と疑問に思い、1つずつ”6面体”追加して形を見ていきました。

使用をした”6面体”は、”Magic Rose Cube”のユニットをアレンジしたユニットで作成し、ジョイント材は、布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP11で紹介されている”ジョイント材B”をアレンジしたユニットを使用しています。
糊付けは、”ジョイント材B”をアレンジしたユニットのみ糊付けをしています。
b0035506_19101536.jpg

「6面体」を一直線に4個繋げた形です。
写真左、”6面体”を一直線に繋げた形です。
写真右、一直線に繋げた形から”ジョイント材”に従ってパタパタと折り畳んで作成した形です。
”4面体の星型に似た形”をしています。
ユニット数は、”6面体”が12個で、”ジョイント材Bをアレンジしたユニット”が3個の合計15個です。
この状態から”6面体”を1つずつ8個まで追加して、どのような形になるのか試します。
b0035506_19154525.jpg

「6面体」を一直線に5個繋げた形です。
写真左、”6面体”を一直線に繋げた形です。
写真右、一直線に繋げた形から”ジョイント材”に従ってパタパタと折り畳んで作成した形です。
ユニット数は、”6面体”が15個で、”ジョイント材Bをアレンジしたユニット”が4個の合計19個です。
この形は予想が出来ますね・・・4個で出来る立体に1つだけ”6面体”が追加された状態です。
b0035506_1917369.jpg

「6面体」を一直線に6個繋げた形です。
写真左、”6面体”を一直線に繋げた形です。
写真右、一直線に繋げた形から”ジョイント材”に従ってパタパタと折り畳んで作成した形です。
ユニット数は、”6面体”が18個で、”ジョイント材Bをアレンジしたユニット”が5個の合計23個です。
”6面体”が6個で、なかなか面白い形になってきました。
b0035506_19201070.jpg

「6面体」を一直線に7個繋げた形です。
写真左、”6面体”を一直線に繋げた形です。
写真右、一直線に繋げた形から”ジョイント材”に従ってパタパタと折り畳んで作成した形です。
ユニット数は、”6面体”が21個で、”ジョイント材Bをアレンジしたユニット”が6個の合計27個です。
b0035506_192159100.jpg

「6面体」を一直線に7個繋げた形を折り畳んだ形を別の角度から見たところです。
形がどんどん複雑になってきました。

そして、更に1つ追加して、
b0035506_19233295.jpg

「6面体」を一直線に8個繋げた形です。
写真左、”6面体”を一直線に繋げた形です。
写真右、一直線に繋げた形から”ジョイント材”に従ってパタパタと折り畳んで作成した形です。
ユニット数は、”6面体”が24個で、”ジョイント材Bをアレンジしたユニット”が7個の合計31個です。
”6面体”を4個繋げた”4面体の星型に似た立体”を2個繋げて、更に1つ余っている状態の立体が出来ました。
”6面体”を繋げながら”4個繋げると”4面体の星型もどき”になるから8個なら”8面体の星型もどき”になるかな~”と思っていたのですが、その予想は見事に外れました。^^;
b0035506_19284294.jpg

「6面体」を一直線に8個繋げた形を折り畳んだ形を裏側から見たところです。
裏側から見ると、少し歪んだ(?いや歪んでないのかな?)”5角形の星型”が見えています。
う~む、面白い。

この調子で9個~12個、更に13個~16個と追加していくと形がどのように変化していくか・・・う~む、楽しそうです。
さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-08-18 19:33 | 折り紙


<< ”立方8面体”を積み上げる。 オリジナルユニット(オリジナル... >>