オリジナルユニット(オリジナルである可能性は0に近いですが^^;)で”立方8面体”の作成。


---
2008年08月18日 追記

しゆみさんからお教えいただいた情報により、この”机”のような形をしたユニットは私のオリジナルとはいえないことが判明しました。

この”机”のような形をしたユニットは、Natale Fietta(ナターレ・フィエッタ)さんが既に作成し発表されていました。
布施知子さんの本「世界のユニット」で紹介されているということです。
このユニットの正式名称は本を持っていないので(本は既に絶版になっていました)分かりませんが、本を手に入れ次第(いつになるかは分かりませんが)ユニット名も追記します。

しゆみさん、貴重な情報、ありがとうござます。^^
---

何か面白い形は出来ないかと思い、大量に余っている白色の折り紙を使用し、色々と折り線を付け、折り線通りにまたは折り線を無視して折り進むということを繰り返した結果、机のような形が出来ました。
b0035506_1851308.jpg

作成をした「机」のような形です。
この形を裏返すと”小物入れ”にも使えそうな形をしています。
5cm×5cmの折り紙を使用して作成しています。

なかなか面白い形になったなぁ・・・と思いつつ、この形を色々な角度から眺めていて、ふと”この形が6個あれば”立方8面体”の形にならないか?”と疑問に思い、早速この形を6個用意して”立方8面体”の形に組めるか試しました。
b0035506_1856340.jpg

そして見事完成しました「立方8面体」の形です。
写真1枚目の”机”のような形をしたユニットを6個組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
このユニットは一般的なユニットとは違い”手”を入れる”袋”がありません。
フラストレーションキューブ”のように、1つのユニットが他のユニットを支えるという構造になっています。
従って、ユニットを組む際に少々イライラしますが、完成すると物凄く頑丈な立体になります。
b0035506_1914310.jpg

作成した「立方8面体」を別の角度から見たところです。
この立体が見事に完成した当初は、”やった!完成した!!ということは、このユニットは私のオリジナルということで良いのか!?初めてオリジナルユニットが出来た、素晴らしい!”と、かなり浮かれましたが、その約30秒後には”こんなに単純な折り方で出来るユニットならば、既に何方かが発表しているに違いない・・・こんなに簡単にオリジナルユニットが出来るのなら世界の折り紙愛好家の皆さんや先生方が苦労をするわけが無い・・・”と少し冷静になり、”まあ、オリジナルかどうかは置いておいて、立体が出来たことを喜ぼう”と思いなおしました。^^;

しかし、簡単な折り方で、更に少ないユニット数で、この立体が出来たのは本当に嬉しいです。
しかも、このユニットの組み方ならば糊付けなしで同立体を繋げていけそうです。
どんどん繋げていくと、どのような形になるのか・・・これは非常に楽しそうです。
さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-08-16 19:18 | 折り紙


<< オリジナルユニット(オリジナル... ”6面体”を8個繋げて、裏返せ... >>