”正6面体に正3角形の凹みがある立体”を繋げて”無限に開く立方体”を作成する。 その2


昨日に引き続き、”正6面体に正3角形の凹みがある立体”を8個繋げて”無限に開く立方体”を作成しました。
b0035506_19171593.jpg

「正6面体に正3角形の凹みがある立体」を8個と各立体を繋げるために使用する「ジョイント材Bをアレンジしたユニット」です。
ユニット数は、”Magic Rose Cube”をアレンジしたユニットが48個で、”ジョイント材B”をアレンジしたユニットが8個の合計56個です。
ユニットは、”正6面体に正3角形の凹みがある立体”は”Magic Rose Cube”のユニットをアレンジしたユニットを使用し、ジョイント材は、布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP11で紹介されている”ジョイント材B”をアレンジしたユニットを使用しています。
b0035506_19201446.jpg

早速、この形に繋げようとしたのですが・・・立体同士を繋げようとジョイント材を手に取った瞬間に、この”ジョイント材Bをアレンジしたユニット”では、この形(写真の形)には繋ぐことが出来ないことが分かりました。
更に、昨日”無限に開く立方体(立方8面体)”を作成した後に、”こういう形に繋げると面白いかも”と想像していた形が全て、このジョイント材では繋げられないことが分かりました。

思い描いていた形が作成できない・・・ならば、どのような形ならば作成できるのか・・・と思い、8個の立体をあーでもない(これも駄目か!)、こーでもない(これも駄目なのか!?)と積み上げた結果、
b0035506_19262820.jpg

この形が出来ました。
”ジョイント材B”をアレンジしたユニットだけ糊付けをしています。
積み上げ途中で、新たな形を求めるのは諦めて昨日作成したものと同じ形にしようかとも思いましたが、やはりどうしても違う形したい!と粘り、粘った結果、この形になりました。
b0035506_19321372.jpg

作成した「無限に開く立方体」の変化過程写真です。
左上の状態から、右上、左下、右下と変化をして左上の状態に(正確には色の配置が換わります)戻ります。
この形も面白いのですが、やはり写真2枚目の形が作成したいですね・・・”ジョイント材”が外に見えて不恰好になってもよいから作ろうかな。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-08-06 19:37 | 折り紙


<< ”無限に開く立方体(立方8面体... ”正6面体に正3角形の凹みがあ... >>