”正6面体に正3角形の凹みがある立体”を繋げて”無限に開く立方体”を作成する。


これまでに作成した”正6面体に正3角形の凹みがある立体”を8個繋げて、”無限に開く立方体”を作成しました。
”正6面体に正3角形の凹みがある立体”は”Magic Rose Cube”のユニットをアレンジしたユニットを使用し、”正6面体に正3角形の凹みがある立体”同士を繋げるためのジョイント材は、布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP11で紹介されているジョイント材Bをアレンジしたユニットを使用しました。
b0035506_18583680.jpg

「正6面体に正3角形の凹みがある立体」を8個繋げて作成した「無限に開く立方体」です。
ユニット数は、”Magic Rose Cube”をアレンジしたユニットが48個で、”ジョイント材B”をアレンジしたユニットが8個の合計56個です。
立体同士を繋ぐ”ジョイント材B”のみ糊付けをしています。
面白い形になりました。
この形ならば、”無限に開く立方体”というよりも”無限に開く立方8面体”と表記した方が正確でしょうか・・・まあ、”3角形の凹み”があるので”立方8面体”というのも正確とはいえないですが・・・う~む。
b0035506_193276.jpg

作成した「無限に開く立方体」の変化過程写真です。
左上の状態から、右上、右下、左下、と変化をして、
b0035506_1941431.jpg

左上、右上、右下、そして左下の状態(最初の状態)に戻ります。
以前に作成した”正6面体”を8個繋げた”無限に開く立方体”と比べると、”3角形の凹み”があるだけでかなり印象が違います。
これは非常に面白いです。
立体は本当に面白いですね~。^^

更に、写真2枚目の左上の状態から、
b0035506_197254.jpg

左、右、と変化をさせて、最初の状態(写真2枚目の左下の状態)に戻すことも出来ます。
”3角形の凹み”の方向を色々と変えて、この”無限に開く立方体”を作成すると、更に色々な形が見えて楽しそうです。
う~む、思いつく限りのパターンで試してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-08-05 19:13 | 折り紙


<< ”正6面体に正3角形の凹みがあ... ”HANA”を6個積み上げる。 >>