”チューリップカップ”と”ダブルチューリップ”と”パッケージ”の作成。


布施知子さんの本「折り紙雑貨店2 暮らしに折り紙」のP106~P08で紹介されている”チューリップカップ”とP109で紹介されている”ダブルチューリップ”と”パッケージ”を作成しました。
b0035506_1913598.jpg

「チューリップカップ」です。
15cm×15cmの和紙1枚で作成しています。
1枚の紙に折り線をどんどん付けていき、最後に折り線通りに纏めて形にする方法で出来上がっています。
綺麗に折り線が”チューリップ”の形に纏まる・・・これは見事です。
b0035506_19191837.jpg

「ダブルチューリップ」です。
もう1つ”チューリップカップ”を作成して、最初に作成した”チューリップカップ”(写真1枚目のものです)の中に入れています。
入れているだけなので、糊付け等は一切していません。
2つ目の”チューリップカップ”も、1つ目と同じく15cm×15cmの和紙1枚で作成しています。
”チューリップカップ”を2つ重ねると、なかなか豪華で良い感じです。
う~む、面白い。
b0035506_19234427.jpg

写真左、「チューリップカップ」と「ストッパー1」(P99で紹介されています)です。
写真右、「チューリップカップ」と「ストッパー1」を組み合わせて作成した「パッケージ」です。
糊付け等は一切していません。
”チューリップカップ”に”ストッパー1”を組み合わせることで、”チューリップカップ”が蓋付きの箱になります。
これも、また面白い形をしています。
・・・今、思いつきましたが、この”パッケージ”を”チューリップカップ”の中に入れた状態の立体を2個作成して、その2個を組み合わせると・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな。

話題は変わって。
本日、デジタルカメラの世界を久々に調べました。
調べた結果、携帯MP3プレイヤーを調べた時と同様に、あまりの技術の進歩に驚きました。
今は、コンパクトな携帯デジタルカメラでも1000万画素で、付属するSDカードの容量は2GBが標準なのですね・・・今まで300万画素のデジタルカメラをずっと使用してきた私にとっては、1000万画素というのは信じられない数字です。^^;
しかも、機能から考えると値段も高くはないです・・・う~む、凄い。

しかし、私のカメラの使い方を考えると1000万画素も画素数は必要がないので、500万画素~800万画素の安くなっている携帯デジタルカメラで良さそうなものはないかと探しました。
探した結果、PENTAX社の「Optio E50」と「Optio M50」に目が止まりました。
どちらも800万画素で値段も高くなく、使い勝手も良さそうです。
このどちらかにしようか・・・いやもう少し調べてみようかな・・・う~む。
[PR]
by naru8090 | 2008-07-30 19:53 | 折り紙


<< ”チューリップカップ”と”パッ... ”正6面体に正3角形の凹みがあ... >>