”りゅうご”模様の立方体10個を”ジョイント材D”で繋げた形の作成。


”りゅうご”模様の立方体を”3個繋げた立体”と”6個繋げた立体”と”8個繋げた立体”に引き続き、布施知子さんの本「折り紙新世界 立体万華鏡」のP19で紹介されている笠原邦彦さんの作品”簡易そのべ式”と”ジョイント材D”のユニットを作成し、立方体10個を繋げた形を作成しました。
b0035506_1892353.jpg

「”りゅうご”模様の立方体10個を輪の形に繋げた形」です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、”簡易そのべ式”が60個で”ジョイント材D”が24個の合計84個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙(簡易そのべ式)と2.5cm×2.5cm(ジョイント材D)の折り紙で作成しています。
b0035506_1810736.jpg

立体を別の角度から見たところです。
8個繋げた立体”の形から立方体を2個追加した形になっています。
なかなか格好良い形をしています。
b0035506_18123144.jpg

更に別の角度から見たところです。
b0035506_1813924.jpg

更に。
う~む、面白い。
次は、どのように繋げようか・・・これは楽しいです。^^

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-07-25 18:26 | 折り紙


<< ”兎”の作成。 ”ミドリガメ”の作成。 >>