”正三角形の部品”と”正三角形の板”を使用して”正4面体”の作成。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP18で紹介されている”正三角形の部品”とP10で紹介されている”正三角形の板”、そしてP11で紹介されている”ジョイント材B”を使用して”正4面体”を作成しました。
b0035506_1884611.jpg

「正4面体」です。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
ユニット数は、”正三角形の部品”が1個で”正三角形の板”が12個、”ジョイント材B”が12個の合計25個です。
ユニットは、5cm×5cm(正三角形の部品及び正三角形の板)と2.5cm×2.5cm(ジョイント材B)の折り紙で作成しています。

一昨日に”変形立方体の花形”を作成していた際に、従兄弟の兄が家に訪れ「ゼルダのトライフォースの形は作れない?どの方向から見ても形がみえるような感じで・・・3角錐4個で出来ないかなぁ、出来れば糊付け無しで」という相談(依頼?)を受けました。
それならば、この立体でどうだ!と思って作成したのですが、Nintendoのゲーム「ゼルダの伝説」に登場するアイテム「トライフォース」は、立体中央の逆3角形の部分(黒い3角形の部分)が空洞になっているので、この形ではどうも違和感があります。
この立体の背景を黒色にしてしまえば黒の逆3角形の部分は空洞に見える・・・のですが、それでは従兄弟の兄は納得いかないだろうなぁ・・・う~む。^^;
b0035506_1824351.jpg

立体を別の角度から見たところです。
”正4面体”を4個作成して”立方体を繋げた形”よりも目立たない”ジョイント材”を作成して繋ぐしかないか・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-07-21 18:33 | 折り紙


<< ”正三角形の板”と”ジョイント... ”りゅうご”模様の立方体8個を... >>