”菱形30面体”を作成するためのユニットで”正8面体”の作成。


”菱形30面体”を作成するためのユニットで”切頂20面体”の作成。 その2」で、川村みゆきさんの本「多面体の折り紙」のP113~P114で紹介されている”菱形30面体”を作成するためのユニットをアレンジしたユニットで”切頂20面体”の形を作成しました。
その際に、同ユニットの組み方について気が付かなかった(見逃していた)組み方があることに気が付きました。

”切頂20面体”を作成する前は、このユニットで作成できる”花形立体”は、交差する辺の数が”3”の立体(正12面体や正6面体等)しか作成できない・・・と思い込んでいました。
しかし、”切頂20面体”の作成途中に”あっ!「辺の交わる数=ユニットの数」か!”と気が付きました。^^;
何故、今までこのことを見逃していたのか・・・う~ん、情けない・・・。

というわけで、早速ユニットを24個用意して、”正8面体”の形を作成しました。
b0035506_19432034.jpg

「正8面体」の形です。
ユニット数は、24個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは5cm×5cmの折り紙で作成しています。
”辺の交わる数(4)=ユニットの数(4)”で、見事に”正8面体”の”花形”の形が出来ました。
しかし、この形は”花形”というよりも”正8面体の各面に正3角形の凹みがある立体”と言った方がよい立体ですね・・・とても”花形”には見えません。^^;
b0035506_19483360.jpg

立体を別の角度から見たところです。
凸の頂点のユニット数を3から4にしただけで、見事に”花形”には見えない立体になってしまいました。
よく見ると、この立体は小さい”正8面体”が6個集まって、1つの大きな”正8面体”の形になっているという風にも見えます。
う~む・・・立体は面白いです。

ユニットが4個集まった凸の頂点を見ていて、この頂点は以前に作成した”正6面体”の形の凹の面にピタリと嵌るのではないかと思い、早速積んでみました。
b0035506_19513281.jpg

「正6面体」の形の凹の面に「正8面体」の形の凸の頂点を嵌めたところです。
ピタリと嵌っています。
となると、”正8面体”の形の凹の面に、”正6面体”の形の凸の頂点が嵌る・・・、
b0035506_19535125.jpg

見事にピタリと嵌りました。
う~ん、面白い。
この形を少し変えて積木を作ると面白いかも・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

このユニットで作成した”花形”の立体を纏めておきます。
□ 作成出来た立体
花形12面体
切頂8面体の形」(花形切頂8面体?)
切頂20面体」(花形切頂20面体?)
正6面体の形」(花形6面体?)
「正8面体」(花形には見えないですが、同じ組み方で完成)

□ 作成出来なかった立体
全面”ユニットが6個集まる頂点の形”で閉じた立体」(平面になります)
[PR]
by naru8090 | 2008-06-30 19:56 | 折り紙


<< 珈琲の生豆”ブラジル ハニーシ... ”Book”の作成。 >>