珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
焙煎した生豆は「ブラジル アプカラーナ」 110gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1828648.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの「ブラジル アプカラーナ」です。
焙煎時間は、約15分(2ハゼ終了後、約30秒で焙煎を終了しています)途中の死豆を取り除く作業時間は、約3分です。
焙煎途中に出た死豆は3粒で、焙煎後に出た死豆は1粒でした。
1ハゼの音、2ハゼの音共に綺麗に聞こえてきました。
b0035506_1830491.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
豆の膨らみ・香り等、問題がなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
これで”ブラジル アプラカーナ”も生豆が尽きて、手元にある生豆が全部無くなりました。
次の生豆を何にするか・・・一度、いつも生豆を購入している”ワイルド珈琲”さん以外のお店から購入してみようかな。
[PR]
by naru8090 | 2008-06-20 18:34 | 珈琲


<< ”菱形30面体”を作成するため... 更に、クリップのパズルの3個組... >>