7.5cm×4.5cmの折り紙で”桜玉”の作成。


川崎和敏さんの本「折り紙夢World」のP87~P89で紹介されている”桜玉”の30枚組を作成しました。
b0035506_18305344.jpg

「桜玉」のユニットです。
ユニット数は、30個です。
ユニットは、7.5cm×4.5cmの柄無しの千代紙で作成しています。
以前、5cm×3cmの折り紙を使用して”桜玉”を作成した際に、折り紙が小さくて折り難かったので、本日は折り紙の大きさを少し大きくしました。
その結果、かなり楽にユニットを折ることが出来ました。
7.5cm×4.5cmで、これだけ楽に折れるのなら、更に大きくした10cm×6cmならばもっと楽に折ることができるでしょうね・・・う~む、10cm×6cmでも作成してみようかな。
b0035506_1837156.jpg

「桜玉」です。
30個のユニットを組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
”正12面体”の各面の”桜の花びら”の形が非常に綺麗です。
b0035506_18401880.jpg

立体を別の角度から見たところです。
5:3の比率の折り紙を作成する作業が少し面倒ですが、この形は何度も作成したくなります。
この形は、真白のバターの包み紙で作成しても綺麗かも・・・う~む。
b0035506_18425564.jpg

作成した「桜玉」と以前に5cm×3cmの折り紙を使用して作成した「桜玉」を並べました。
隣同士に並べた両立体を見ていて、ふと積み上げたくなり、
b0035506_18454358.jpg

積み上げました。
積み上げた結果、下の立体の”桜の花びら”の凹の部分にピタリと上の”桜の花びら”の凸の部分が乗りました。
写真では少し見難いですが、これは見事です。
・・・今、気が付きましたが、小さい方の”桜玉”を大きい方の”桜玉”の内部に収めることが出来ますね・・・試してみようか・・・いや、千代紙でもう一つ作成してそれを内部に入れるか・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-26 18:52 | 折り紙


<< ”やぐら -ちょうむすび-”の... 10cm×10cmと5cm×5... >>