珈琲豆の焙煎。生豆を混合して焙煎しました。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので、珈琲豆の焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は「モカ クイーンナチュラル」 80gと、「ブラジル アプカラーナ」 80gの合計160gを一度に焙煎しました。
生豆は、焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
これで、「モカ クイーンナチュラル」の生豆2kgを全て消費しました。
他の2種類の生豆、「ブラジル アプカラーナ」と「コロンビア スプレモ メリノ」も、残り200gあるかないかというところまで来ました。
次の生豆を何にしようかなぁ・・・。
b0035506_19165669.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
今回も前回同様「プシプシーナ珈琲」さんからお教えいただいた通り、1ハゼ前の生豆の色が黄色く変化したところで、一旦焙煎鍋から生豆を取り出し、死豆を取り除きました。
焙煎時間は、約14分(2ハゼが完全に終了後に焙煎終了)で、途中の死豆を取り除く作業を含めると約17分です。
焙煎途中のハンドピックで取り除かれた死豆は、11粒でした。
焙煎終了後のハンドピックで取り除かれた死豆は、2粒でした。
今度こそ、焙煎途中の死豆探しで取り逃しのないようにとかなり気合を入れてハンドピックを行ったのですが・・・やはり難しいですね・・・う~む。
b0035506_19242635.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
今回も1ハゼ、2ハゼはともに綺麗に音が聞こえてきました。
豆の膨らみ・香り等も問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-23 19:26 | 珈琲


<< 15cm×15cmの折り紙で”... ”八坂産イチゴとカキ”の”カキ... >>