”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを使用してnaef社の積木”Vivo”を作る。 その11


その10”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”を使用してnaef社の積木”Vivo”の11ピース目を作成しました。
b0035506_17485870.jpg

「Vivo」の11ピース目です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、38個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
b0035506_17492610.jpg

今まで作成した11ピースを積み上げました。
b0035506_1751250.jpg

更に積み上げました。
写真右は、写真左のものを別の角度から見たところです。
b0035506_1752387.jpg

更に。
う~ん、楽しい。
”Vivo”は本当に凄い積み木ですね~、作者の相沢康夫さんは凄いです。
相沢康夫さんの新作の積木”Cuby”(naef社から発売されています)も非常に面白そうです。
う~む、”Vivo”と”Cuby”纏めて購入しようかな・・・。

これで”Vivo”の全12ピースのうち、11ピースを作成しました。
後1ピースで一応完成というところまできました。
作成当初は、6ピースぐらい作成すれば遊ぶには十分だろうと思いましたが、ここまで作成してみると更にもう1セット(12ピース)欲しいな・・・という気分になってきました。^^;
しかし、もう1セット作成するのならユニットを少し小さくして、小さいバージョンの”Vivo”を作成するのも楽しいかも・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-19 18:04 | 折り紙


<< ”桜玉”の作成。 ”羊”の作成。 >>