”桜玉”の作成に失敗をしたので、色々試しました。 その2


昨日、川崎和敏さんの作品”桜玉”(”折り紙夢World”のP87~P89で紹介されているユニット折り紙作品です)のユニットを2:1の比率の折り紙から30個ユニットを作成し、その30個のユニットで”球”の形が出来ないかと色々試しました。

本日は、その続き・・・作成した2:1の折り紙で作成したユニット30個を使用して”立方8面体”と”斜方立方8面体”が作成できるか試しました。
まずは”立方8面体”から試そうと思い、
b0035506_1982766.jpg

「立方8面体」の形を目指して、半分組み立てました。
これはどうやら組み立てることが出来そうだ・・・と思い、一気に組み立てました。
b0035506_1910414.jpg

「斜方立方8面体」の形です。
ユニット数は、24個です。
糊付け等は一切していません。
”立方8面体”を組み立てたはずだったのですが、組み立て終わると”斜方立方8面体”の形になっていました。^^;
b0035506_19141045.jpg

組んだ立体を別の角度から見たところです。
”う~む、おかしいな、”立方8面体”を作成したはずなのに・・・”と思いつつ、何度も形を確認しましたが、これは間違いなく”斜方立方8面体”の形になっています。

そして、今度こそと思い立体を崩して”立方8面体”の形を作成しようとして、ようやくこのユニットでは”立方8面体”の形が作成できないことが分かりました。
”立方8面体”の4角形の辺に隣り合う3角形の部分を作成しようとすると、ユニットの手が邪魔をして作成できないのです。
そして、その3角形の部分のユニットの手を上手く繋げようとすると、上の写真の通りの”斜方立方8面体”の形になってしまいます。
ということは、この2:1の比率で作成した”桜玉”のユニットを使用してユニットの歪みが無い状態で”球”の形を作成しようとすると”20・12面体”の形にするのが良い・・・ということになります。
他に見逃していなければですが・・・。^^;

さて、次は・・・5:3の比率の紙でユニットを作成して本物の”桜玉”を作成しようか・・・2:1の、このユニットでもう少し組んでみようか・・・う~む。
[PR]
by naru8090 | 2008-05-16 19:29 | 折り紙


<< ”桜玉”の作成に失敗をしたので... ”カラーグラシン紙”を購入しました。 >>