”やぐら -ちょうむすび-”の210枚組(変形12面体(に近い形))の作成。 その2


その1”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の210枚組の”変形12面体(の正5角形の面が5角錐の形)”を作成しました。
b0035506_18262491.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットを210個使用して組み立てた「変形12面体(の5角形の面が5角錐の形)」です。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
作成当初の期待通り、色々な形が見える面白い立体になりました。^^
b0035506_18275431.jpg

立体を別の角度から見たところです。
b0035506_18292852.jpg

更に別の角度から見たところです。
”正6角形”に”細長い6角形”に”少し形が歪んだ6角形”に”正5角形”に”10角形”、そして”正3角形が4個集まった形”・・・色々な方向から色々な形が見えて非常に面白いです。
しかし、この立体を構成している面は全て”正3角形”です。
b0035506_18362641.jpg

作成した「斜方20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)」と「変形12面体(の5角形の面が5角錐の形)」を並べました。
ユニット数は、”変形12面体(の5角形の面が5角錐の形)”の方が多いのですが、大きさは180枚組の”斜方20・12面体(の5角形の面が5角錐の形)”の方が大きいです。
う~む・・・立体は本当に面白い!
後、この”やぐら -ちょうむすび-”のユニットで作成していない立体は”切頂20面体”だけですが、”切頂20面体”を作成するためにはユニットが270個必要・・・う~む、まあ、ボチボチと作成していこうかな・・・。

さて、次は何を作成しようかな・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
正12面体の星型
正20面体(正20面体の1面が4個の正3角形の集まりで構成されている)

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能
斜方20・12面体」(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)
「変形12面体」(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「切頂6面体」
「切頂20面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-04-02 18:40 | 折り紙


<< "Magic Ros... ショックを受けた出来事。 >>