”やぐら -ちょうむすび-”を使用して不完全な繋ぎ方で立体の作成を試みる。


布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”ユニットの不完全な繋ぎ方で”正12面体”と”20・12面体”の作成を試みました。

このユニットを使用して「反5角柱」や「正5角柱」を作成する際、”不完全なユニットの繋ぎ方”ならば”5角形の輪”の状態に組むことが出来て、不完全ながらも「反5角柱」や「正5角柱」が作成できました。
それらと同じようにして”5角形の輪”の状態を12個(12面)作成可能ならば、ユニットの繋ぎ方が不完全ながらも”正12面体”が作成できるのではないか・・・と考え、早速ユニットを用意して試しました。
b0035506_1964596.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニット3個を”不完全な繋ぎ方”で繋いだ状態です。
この時点で、この”不完全な繋ぎ方”の状態でも”正12面体”の形が出来ないことがわかりました。
”不完全な繋ぎ方”で1面目の”5角形の面”は作成できるのですが、2面目の”5角形の面”を作成しようとすると、ユニットの手をもう一つ外さなければなりません。
そうなると、ユニット同士がどこにも繋がっていない状態(バラバラの状態)になってしまい、形を保つことが出来なくなります。

”う~む・・・正12面体は出来ないか・・・”と諦めた後、”では、20・12面体はどうだろう?”と思い、早速試しました。
b0035506_19134418.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニット15個を”不完全な繋ぎ方”で繋いだ状態です。
この時点で、こちらも”正12面体”同様に作成できないことが分かりました。
作成できない理由も”正12面体”同様、2面目以降の”5角形の面”を作成しようとすると、どうしてもユニットの繋がりが無くなりバラバラになります。
このことを試す前までは”多分、出来るのではないかなぁ・・・”とかなり期待していたので、作成できなかったのは(予想が外れたのは)非常に残念です。
b0035506_19173795.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニット15個を”不完全な繋ぎ方”で繋いだ状態を別の角度から見たところです。
この形が少し面白かったので、別の角度からの写真も撮りました。
う~む・・・それにしても作成できなかったのは残念だ・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
「正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
「20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「斜方20・12面体」
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-20 19:22 | 折り紙


<< ”やぐら -ちょうむすび-”の... ”やぐら -ちょうむすび-”の... >>