”やぐら -ちょうむすび-”の25枚組(15面体)と不完全な”正5角柱”の作成。


布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”の25枚組の”15面体(正3角形10個、正4角形5個の立体)”を作成しました。
b0035506_18544938.jpg

「やぐら -ちょうむすび-」のユニットを36個使用して組み立てた「15面体(正3角形10個、正4角形5個の立体)」です。
ユニット数は、25個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
糊付け等は一切しておりません。
b0035506_18555974.jpg

立体を別の角度から見たところです。
この立体を作成した理由は、一昨日に作成をした”ユニットの繋がりが不完全な形の「反5角柱」”と同様に、”ユニットの繋がりが不完全な形の「正5角柱」”を作成するためです。

というわけで、この立体の天地(5個の3角形で5角形の輪の形を作成している合計10個のユニット)の10個のユニットを取り外して、”正5角柱”の形を作成しました。
b0035506_18592623.jpg

ユニットの繋がりが不完全な形の「正5角柱」です。
見事に”正5角柱”の形になっています。
b0035506_1932831.jpg

一昨日に作成した「反5角柱」と「正5角柱」を並べました。
立体から飛び出している”ユニットの手”が、立体の形を見難くしているのが少し残念ですが、”模様の一部”と割り切れば、これはこれで面白い形です。
しかし、こういう”不完全なユニットの繋がり”の方法を使用すれば、今までこのユニットでは作成不可能だと思っていた立体も作成できますね・・・。
う~む・・・不完全な形になるけど、それらの立体も作成してみようかなぁ・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
「15面体(正3角形10個、正4角形5個)」

□作成できなかった立体
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
「正12面体」

□試してないけど作成できないと分かった立体
「5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
「20・12面体」
「斜方20・12面体」
「切頂6面体」
「切頂20面体」
「変形12面体」

□作成できる可能性がある立体(まだ作成していない立体)
「切頂8面体」
[PR]
by naru8090 | 2008-03-18 19:12 | 折り紙


<< ”やぐら -ちょうむすび-”の... FELLISSIMOさんに注文... >>