珈琲豆の焙煎。


焙煎した珈琲豆が尽きたので、焙煎を行いました。
焙煎した生豆は、「ブラジル アプカラーナ」 220gで、110gずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_182328.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が1回目に焙煎をした豆で、盆の下側が2回目に焙煎をした豆です。
焙煎時間は、焙煎1回目が約12分(2ハゼ開始直後に焙煎を終了)で、焙煎2回目が約13分(2ハゼ終了後10秒で焙煎を終了)です。
今回は、1回目・2回目共に1ハゼまでの時間が短かった(約10分ほどで1ハゼ)ので豆の中までキッチリと煎れているか少し心配です。
1ハゼの音はかなり大きく、極端に焦げたような匂いもなく、豆の膨らみ具合も問題は無さそうなのですが・・・う~む。
b0035506_18756.jpg

珈琲豆の拡大写真です。
写真左が1回目に焙煎をした豆で、写真右が2回目に焙煎をした豆です。
どちらも見た目は問題がなさそうなのですが・・・明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2008-03-11 18:16 | 珈琲


<< ”60°-60°のユニット”を... ”やぐら -ちょうむすび-”の... >>