ブルーノ・エルンストさんの本”Impossible Worlds 不可能な世界”。


数日前に、Yahooオークションにて既に絶版になっているという”Impossible Worlds 不可能な世界”という本の存在を知り、”こ、これは非常に面白そうだ・・・!”と思い、何とか本屋さんで手に入らないかとインターネット上の多数の本屋さんで検索をかけた結果、
b0035506_1945211.jpg

見事に新品で手に入れることが出来ました。
ブルーノ・エルンストさんの本「Impossible Worlds 不可能な世界」です。
この本は、ブルーノ・エルンストさんの本「視覚の冒険 - ありえない図形」と、同じくブルーノ・エルンストさんの本「グラフィックの魔術」という2つの本を1つに纏めた本です。
ブルーノ・エルンストさんの本を一冊も持っていない私にとっては、この本の構成は嬉しいです。

本の内容は、色々な”不可能物体”の紹介と、その”不可能物体”が何故不可能なのかという説明と解説です。
とても分かりやすい図に分かりやすい解説で、非常に素晴らしい本です。
今、少し不思議に思いましたが、そういえば、翻訳者さんの名前がどこにも見当たりません・・・翻訳者さんは何方なのでしょうか・・・う~む・・・。

このような素晴らしい本は、是非復刊して欲しいです。
折り紙の本もそうですが、パズル関係やこういう不可能物体(錯視や錯覚)関連の本は直ぐに絶版になってしまうのが悲しいです。
この本、私が購入した本屋さんに今現在(2008年3月2日 19時15分)、まだ在庫が数冊あるようです。
手に入れたいというお方はお早めに・・・。
う~ん・・・復刊して欲しいなぁ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-03-02 19:19 | パズル


<< ”やぐら -ちょうむすび-”の... ”蕎麦打ち体験”に参加しました。 >>