”ハタ -十字-”の24枚組み(正8面体と正6面体を合わせた形)の作成。


布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP88~P91で紹介されている”ハタ -十字-”の24枚組み(正8面体と正6面体を合わせた形)を作成しました。
b0035506_18142448.jpg

「ハタ -十字-」のユニットを24個使用して組み立てた「正8面体の星型の星のトゲの部分を小さくした立体(正8面体と正6面体を合わせた形)」です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、24個です。
ユニットは7.5cm×7.5cmで作成しています・・・ユニットの写真を撮り忘れました。
昨日、このユニットを24個使用して”凧形24面体”が作成できないかと思い、早速本日試してみたのですが、このユニットの形では”凧形24面体”は作成できないことが分かりました。
”凧形立体”の面の形と似ていたので作成できると思ったのですが・・残念です。
b0035506_18153064.jpg

作成した立体を別の角度から見たところです。
b0035506_18251156.jpg

更に別の角度から見たところです。
う~む、面白い・・・。
このユニットは、少し組み難い(立体の各頂点にズレがでています)ですが、組みあがりの形と模様が面白いです。
30枚組の”正20面体の星型の星のトゲの部分を小さくした立体”も面白そうです。
・・・この各立体の正式名称は一体なんというのでしょうか・・・う~む・・・調べてみよう・・・。^^;

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-02-15 18:29 | 折り紙


<< 珈琲豆の焙煎。 ”ハタ -十字-”の12枚組み... >>