”両面かめのこ凹型立体”のユニットを使用して”変形12面体”を作成する。


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP68で紹介されている”両面かめのこ凹型”のユニットを使用して、”変形12面体”を作成しました。
b0035506_18105115.jpg

「変形12面体」を作成するためのユニットです。
ユニット数は、150個です。
ユニットは7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
b0035506_18112613.jpg

「変形12面体」です。
150個のユニットを全て使用して組み立てています。
糊付け等は一切しておりません、かなり頑丈に出来ています。
最初、5角形の周りの3角形の部分が組み難いかな・・・と警戒していましたが、案外簡単に組むことが出来ました。
組み易さは、120枚組の”斜方20・12面体”と同じぐらいです。
b0035506_18184574.jpg

立体を別の角度から見たところです。
流石に92面体ですね・・・かなり球に近い形をしています。
この立体は”両面かめのこ凸型”のユニットで作成した立体もなかなか良いですが、この”両面かめのこ凹型”のユニットで作成した立体も格好良いです。
5cm×2.5cmの折り紙を使用して、もう少し小さく作成しても良いかも・・・う~む、作成してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-01-30 18:25 | 折り紙


<< ”立方体 -三角はらまき・角ひ... ”十字星”の作成。 >>