”八角星形”の作成。


布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP56~P59で紹介されている”八角星形”と、”ジョイント材・a”と”ジョイント材・b”を作成し、それらを組み合わせて”八角星形”(切頂6面体の形)を作成しました。
b0035506_18362396.jpg

「八角星形」(切頂6面体の形)を作成するためのユニットです。
ユニットの内訳は、”八角星形”が6個、”ジョイント材・a”(写真右から2列目の青色系のユニット)が12個、”ジョイント材・b”が(写真一番右の紫色のユニット)8個の合計26個です。
ユニットは、”八角星形”は7.5cm×7.5cmの折り紙で、”ジョイント材・a”と”ジョイント材・b”は3.75cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
それにしても、この”八角星形”のユニットは凄いです・・・以前、布施知子さんの六角形のユニットで感動しましたが、このユニットもその造形に感動しました。
b0035506_18431227.jpg

「八角星形」のユニットです。
写真左が、”八角星形”のユニットの表面です。
写真右が、”八角星形”のユニットの裏面です。
一枚の紙を折るだけで、紙の表に立体的な八角形の星が出来て、裏はスッキリと何も無し・・・これは見事なユニットです。
折り手順も簡単で、紙に無理な力をかけるところもありません。
やはり布施知子さんは凄いです・・・。
b0035506_1912235.jpg

「八角星形」(切頂6面体の形)です。
”ジョイント材・b”を使用していないバージョンです。
”ジョイント材・b”を使用していないので、各角(8個の角)に穴が空いています。
各面に”八角星”が出ているのですが、各角に穴が空いていると各面の”八角星”が十字の形に見えます。
色の効果でそう見えるのですが、何か不思議な感じがします。
b0035506_1851739.jpg

「八角星形」(切頂6面体の形)です。
”ジョイント材・b”を使用して各角の穴を埋めました。
立体の組み立てには、糊付け等一切しておりません。
こちらは、角を埋めると、各面の”八角星”が見事に浮き出て見えます。
なかなか綺麗です。
b0035506_1853153.jpg

立体を別の角度から見たところです。
う~む・・・面白い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-01-25 19:04 | 折り紙


<< ”六角星形”(切頂4面体の形)... ”だるまおとしのお重”の作成。 >>