”×masStar”(ペケマススター)の90枚組「切頂20面体の星型」の作成。


mnzさんのブログ「PaperBox」の2007年12月25日の記事「メリークリスマスです。」で、公開してくださっているmnzさんのオリジナルユニット「×masStar」の90枚組の「切頂20面体の星型」を作成しました。
b0035506_1819618.jpg

「×masStar」のユニットです。
ユニット数は、90個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙で作成しています。
b0035506_18193698.jpg

「切頂20面体の星型」です。
90個のユニットを全て組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切しておりません。
この立体はユニットが3個集まる頂点が1つもないので、ユニットの結合力が弱くなるのではないかと思っていたのですが、各頂点に少しズレは出たもののかなり頑丈に出来ました。
各ユニットの結合力が強いので、もっと丁寧にユニットを作成すれば各頂点のズレももっと少なくなるはずです。
もう一度作り直そうかな・・・う~む・・・。
b0035506_18265748.jpg

立体を別の角度から見たところです。
この”切頂20面体の星型”の方が、以前作成した”正12面体の星型”よりも形が安定しています。
ユニット数が増えてユニット同士の結合力(摩擦力)が弱くなるというのは、今まで何度も経験をしましたが、ユニット数が増えて結合力が強くなる・・・というのは恐らく初めてです。^^;
立体は本当に面白いですね~。^^

さて、次は何を作ろうかな・・・。

これまでに「×masStar(ペケマススター)」で作成した立体を纏めておきます。
正4面体の星型
正6面体の星型
正8面体の星型
正12面体の星型
正20面体の星型
立方8面体の星型
斜方立方8面体の星型
20・12面体の星型
変形立方体の星型
「切頂20面体の星型」
[PR]
by naru8090 | 2008-01-10 18:39 | 折り紙


<< 少し小さい”Compass R... 2.5cm×2.5cmの折り紙... >>