”×masStar”(ペケマススター)の48枚組「斜方立方8面体の星型」の作成。


mnzさんのブログ「PaperBox」の2007年12月25日の記事「メリークリスマスです。」で、公開してくださっているmnzさんのオリジナルユニット「×masStar」の48枚組の「斜方立方8面体の星型」を作成しました。
b0035506_1840568.jpg

「×masStar」のユニットです。
ユニット数は、48個です。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙で作成しています。
b0035506_18412934.jpg

「斜方立方8面体の星型」です。
48個のユニットを全て使用して組み立てています。
糊付け等は一切しておりません。
立方8面体の星型”を作成したときにユニットが4個集まる頂点がズレてしまったので、今回もズレてしまうかと思っていたのですが、意外や意外、ほとんど頂点のズレ無しで綺麗に作成できました。
正20面体の星型”並にズレが少ないです・・・驚きました。^^;
一体、”立方8面体の星型”とどこが違うのか・・・ユニットが3個集まる頂点が多いと安定するのかなぁ・・・う~む。
b0035506_18475584.jpg

立体を別の角度から見たところです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって。
マウスを使用したランチャーは、ほぼ完成しました。
次は、キーボードのランチャーを作成しなければ・・・。
[PR]
by naru8090 | 2008-01-03 18:53 | 折り紙


<< 珈琲豆の焙煎。 ”仕切り箱”の作成。 >>