”×masStar”(ペケマススター)の12枚組「正6面体の星型」と24枚組「立方8面体の星型」の作成。


mnzさんのブログ「PaperBox」の2007年12月25日の記事「メリークリスマスです。」で、公開してくださっているmnzさんのオリジナルユニット「×masStar」の12枚組の「正6面体の星型」と24枚組の「立方8面体の星型」を作成しました。
b0035506_1858321.jpg

「×masStar」のユニットです。
左側が”正6面体の星型”に使用する12個のユニットで、右側が”立方8面体の星型”に使用する24個のユニットです。
ユニットは、5cm×5cmの折り紙で作成しています。
b0035506_18591824.jpg

「正6面体の星型」です。
糊付け等一切しておりません。
この形は”正8面体の星型”とユニット数は同じですが、頂点に使用するユニットが1個増えるだけで”8面体”から”6面体”になる・・・当たり前の話なのですが、毎回毎回この立体を作成するたびに不思議な感じがします。^^;
b0035506_1931453.jpg

「立方8面体の星型」です。
糊付け等一切しておりません。
この立体は組むのが少し難しかったです。
組んでいる途中で、どうしてもユニットが4個集まる頂点にズレが出てきてしまい、かなり気合を入れて修正しながら組んだのですが修正しきれずズレが残ってしまいました。
他の立体はズレ無しで組めているので、これは明らかに私のユニットの折り技術が足りないせいせいです。
この調子だと、各頂点にユニットが5個集まる形の”正12面体の星型”では、もっとズレが酷くなりそうです。
う~む、もっと技術を上げなければ・・・。
b0035506_19153824.jpg

作成した立体を並べました。
やはり頂点のズレが気になるなぁ・・・作成し直そうかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-12-30 19:19 | 折り紙


<< 若山美樹さんの本”包み紙でつく... ”×masStar”(ペケマス... >>