珈琲豆の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので、焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ クイーンナチュラル」 120g、「コロンビア スプレモ メリノ」 120gの合計 240gを、120g ずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_195126.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が「モカ クイーンナチュラル」で、下側が「コロンビア スプレモ メリノ」です。
焙煎具合は、”モカ クイーンナチュラル”が2ハゼ終了後から約1分(約15分)で、”コロンビア スプレモ メリノ”が、1ハゼ終了から約1分(約13分)です。
本当は、”モカ クイーンナチュラル”も浅煎りにしようと思っていたのですが、1ハゼ直前に焙煎鍋の蓋が不意に開き、鍋の中の豆の三分の一が飛び散り、その状態で鍋の中の豆はハゼだし、飛び散った豆も床やコンロの上でパチパチと音を立てはじめ・・・と最悪の事態になってしまったので、1ハゼで止めることが出来ませんでした。^^;
とりあえず、コンロの火を止めて飛び散った豆を一粒ずつ拾い集めて”深煎り”まで煎りました。
上手く焙煎できていれば良いのですが・・・。
b0035506_19114515.jpg

焙煎豆の拡大写真です。
写真左が”モカ クイーンナチュラル”で、写真右が”コロンビア スプレモ メリノ”です。
毎回毎回思いますが、本当に”コロンビア スプレモ メリノ”は綺麗です・・・”モカ クイーンナチュラル”と並ぶと余計に綺麗に見えます。^^;
”モカ クイーンナチュラル”の焙煎が上手くいっているかどうか・・・明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-12-23 19:21 | 珈琲


<< 更に小さい”がくぶち三角箱”と... 更に小さい”がくぶち四角箱-1... >>