不可能物体の作成。 koneta


一昨日の日記「杉原厚吉さんの本「脳が鍛えられる「立体だまし絵」づくり へんな立体」。」のコメント蘭で、fukushimakazuoさんに素晴らしいWebページ「「高校数学教材-ikemath」をお教えいただきました。
fukushimakazuoさん、情報ありがとうございます。^^

早速、そのWebページ「高校数学教材-ikemath」の「3D Gallery」のページで公開してくださっている「錯視3」の不可能物体を作成しました。
b0035506_1875826.jpg

「錯視3」の不可能物体です、思ったよりも簡単に作成できました。
作成時間はA4用紙から展開図を切り取る工程も含めて約10分です。
”ペンローズの三角形”を拡張したような不可能物体となっています。
やはり不可能物体は、作成過程も見た目も非常に面白くて良いですね~。^^
このような面白い不可能物体の展開図を公開してくださっている「高校数学教材-ikemath」さんに感謝します。

高校数学教材-ikemath」さんのところで公開してくださっている他の不可能物体も是非作成したいです。
錯視1」と「錯視2(ペンローズの三角形)」は、以前に作成したことがあるので、その他の2つの不可能物体を・・・明日作成できるかなぁ・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-11-27 18:23 | パズル


<< 不可能物体の作成。 その2 ”60°-60°のユニット”を... >>