珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ クイーンナチュラル」 240gを、120g ずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_1875378.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が一回目に焙煎をした豆で、盆の下側が二回目に焙煎をした豆です。
一回目の焙煎は2ハゼが開始すると同時に焙煎を終了(約15分)し、二回目の焙煎は、2ハゼ開始直前に焙煎を終了(約13分)しています。
しかし、”モカ クイーンナチュラル”は、やはり豆の見栄えが悪いです。
そして、見栄えが悪いだけでなく死豆もかなりあります。
今回も一回目の焙煎で11粒、二回目の焙煎で10粒の合計21粒も死豆が出ました。
今まで焙煎してきた中では明らかに、この豆が一番状態が悪いです。^^;
私の購入した”時”が悪かったのか、それとも元々こういう豆なのか・・・次ももう一度購入して確かめてみようかな・・・。
b0035506_18134870.jpg

珈琲豆の拡大写真です。
写真左が一回目に焙煎した珈琲豆で、写真右が二回目に焙煎した珈琲豆です。
香り、豆の膨らみ共に問題は無さそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-10-31 18:25 | 珈琲


<< ”立方8面体”の骨組みの立体の... 讃岐うどんを食べる旅行。 その2 >>