珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「ブラジル アプカラーナ」 100g、「コロンビア スプレモ メリノ」 100g の合計 200gを、100g ずつ2回に分けて焙煎を行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_17445145.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が”ブラジル アプカラーナ”で、盆の下側が”コロンビア スプレモ メリノ”です。
”ブラジル アプカラーナ”は、2ハゼが始まると同時に焙煎を終了(約15分)し、”コロンビア スプレモ メリノ”は、2ハゼが完全に終了してから焙煎を終了(約16分)しています。
両豆とも、1ハゼの音が大きく聞こえてきて焙煎がし易かったです。
b0035506_17471787.jpg

焙煎した珈琲豆の拡大写真です。
写真左が”ブラジル アプカラーナ”で、写真右が”コロンビア スプレモ メリノ”です。
やはり、この2つの豆は見た目が綺麗です・・・特に”コロンビア スプレモ メリノ”は物凄く綺麗です。
両豆とも豆の香り、膨らみ等問題は無さそうです。
明日飲むのが楽しみです。
[PR]
by naru8090 | 2007-09-30 17:51 | 珈琲


<< ”大人の科学マガジン Vol.... ”60°-90°のユニット”を... >>