”両面かめのこ凸型立体”のユニットを使用して”斜方20・12面体”の色分け版を作成する。 その1


布施知子さんの本「折ってなるほど! ゆかいな多面体」のP54で紹介されている、”両面かめのこ凸型立体”のユニットを使用して、P65で紹介されている”斜方20・12面体”の色分け版5種類の内、1種類作成しました。

作成する5種類の”斜方20・12面体”は、以下の通りです。

1.”両面かめのこ凸型立体”のユニットを3色、40個ずつ合計120個で、ユニットが3個集まって出来る頂点に常に3色集まるように作成した”斜方20・12面体”。
2.”両面かめのこ凸型立体”のユニットを4色、30個ずつ合計120個で、ユニットが4個集まって出来る頂点に常に4色集まるように作成した”斜方20・12面体”。
3.”両面かめのこ凸型立体”のユニットを5色、24個ずつ合計120個で、ユニットが5個集まって出来る頂点に常に5色集まるように作成した”斜方20・12面体”。
4.”両面かめのこ凸型立体”のユニットを4色、30個ずつ合計120個で、4つの頂点が交差する箇所に常に4色集まるように作成した”斜方20・12面体”。
5.”2.”と”4.”の条件を同時に満たすように作成した”斜方20・12面体”。

本日は、”1.”の条件を満たす”斜方20・12面体”を作成しました。
b0035506_18355028.jpg

条件”1.”を満たす「斜方20・12面体」を作成するためのユニットです。
ユニット数は120個です。
使用した色は、薄青・青・濃青の3色です。
ユニットは、5cm×2.5cmの折り紙で作成しています。
b0035506_18394888.jpg

条件”1.”の「ユニットが3個集まって出来る頂点に常に3色集まるように作成した”斜方20・12面体”」です。
糊付け等は一切しておりません。
b0035506_18402921.jpg

立体を別の角度から見たところです。
う~む・・・やはり同系色でまとめると綺麗です。
次の”2.”の条件の4色も同系色で作成しようかな・・・う~む・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-08-04 18:47 | 折り紙


<< ”両面かめのこ凸型立体”のユニ... 珈琲の生豆のハンドピック。 >>