珈琲の焙煎。


焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は、「モカ イルガチョフG1」 100g、「モカ ジェマドロ」 20g、「ブラジル フォルハドス」 45g の合計 165gを、「モカ イルガチョフG1」 100gと、「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」を合わせた 65gの2回に分けて焙煎しました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い、汚れと皮を取り除きました。
b0035506_19132282.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が「モカ イルガチョフG1」、下側が「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」です。
「モカ イルガチョフG1」は、2ハゼが始まると同時に焙煎を終了(約15分)し、「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」は、2ハゼが完全に終了後で焙煎を終了(約16分)しています。
b0035506_19161929.jpg

焙煎済みの珈琲豆の拡大写真です。
写真左が「モカ イルガチョフG1」、写真右が「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」です。
「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」を合わせた豆の焙煎は、焼きムラが出ることを覚悟で行ったのですが、1ハゼ・2ハゼ共に、ハッキリと音が聞こえてきて、焙煎終了後の豆の状態もほぼ問題がなさそうでホッとしました。^^;

これで、「モカ ジェマドロ」と「ブラジル フォルハドス」の生豆は尽きました。
「モカ イルガチョフG1」も、残り100g足らずとなりました。
これらの生豆を購入してから約11ヶ月経ちました・・・やはり生豆6kgで約一年は持ちますね~。
さて・・・もうそろそろ次に購入する生豆を決めないと・・・次はどの生豆を購入しようかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-07-30 19:29 | 珈琲


<< ”カプセル”とカプセルを繋ぐジ... ”ロンドン発! ゆかいなからく... >>