”正三角形”と”正方形”のユニットとそのアレンジでnaef社の積木"プリモ"を作る。 その2


その1”で、作成をしたnaef社の積木”プリモ”が思っていたよりも大きく出来てしまったので、今度は、5cm×5cmの折り紙を使用してユニットを作成しました。
b0035506_1903936.jpg

”プリモ”に使用するユニットです。
ユニット数は、74個です。
ユニットの内訳は、”正方形の板”が6個、”正三角形の板”が8個、”長方形の板”が12個、”ジョイント材B”の2.5cm版が24個、1.25cm版が24個です。
b0035506_1913386.jpg

”プリモ”です。
上の74個のユニット全て組み合わせて出来ています。
糊付け等は一切しておりません。
b0035506_1942593.jpg

”プリモ”を別の角度から見たところです。
5cm×5cmの折り紙で作成して正解でした、丁度良い大きさになりました。
これで大きさに関しては問題がなくなりました・・・しかし、また新たな問題が出てきました。
昨日作成した大きい”プリモ”よりも、本日作成した小さい”プリモ”の方が強度が弱いのです。
”プリモ”を手に持って、少し力をかけると立体全体が崩壊しそうになります。
飾っておくだけならば問題はないのですが、積木として遊ぶとなると明らかに強度が足りません・・・う~む、これはもう糊付けしないと駄目かなぁ・・・何とかならないかなぁ・・・う~む。
b0035506_19112411.jpg

昨日作成した大きな”プリモ”と本日作成した小さな”プリモ”を並べました。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
[PR]
by naru8090 | 2007-06-07 19:15 | 折り紙


<< 珈琲の焙煎。 ”正三角形”と”正方形”のユニ... >>